映画好きが「腹筋崩壊する」と高評価!おすすめの「笑える映画」16本

笑って泣ける名作から、ブラックコメディまで! 笑いたい時の一本が見つかる! Filmarksで「笑える」というレビューが多い人気作品16本をご紹介。

カメラを止めるな!』(2017)

カメラを止めるな

上田慎一郎監督作品。濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ出演。

ゾンビ映画の撮影で、廃墟にやってきた撮影メンバー。リアルな映像を撮りたい監督は、キャストの演技になかなかOKを出さずにいた。そこへ、本物のゾンビ(?)がやってきて、撮影メンバーが襲われ始める……。前半の恐ろしさが一転、後半では笑いに変わる、全く新しい物語。

グリーンブック』(2018)

グリーンブック

『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリー監督作品。『はじまりへの旅』などのヴィゴ・モーテンセン、『ムーンライト』などのマハーシャラ・アリ出演。第91回アカデミー賞 作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞。

インテリな天才黒人ピアニストと、粗野で無教養なイタリア系用心棒という、正反対の二人が、人種差別の根強い地域へ旅に出る。人種差別という重い題材にも関わらず、クスッと笑わせてくれる温かくて面白い物語。

きっと、うまくいく』(2009)

きっと、うまくいく

『PK』などのラージクマール・ヒラニ監督作品。同じく『PK』のアーミル・カーン主演。

インドのニューデリー、名門工科大学に入学した3人のヘンテコな男子生徒たち。10年後と交錯しながら、ミステリー仕立てで展開していく。次に次に引き起こしてしまう、主人公たちの珍騒動に笑いが止まらなくなる物語。

ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)

ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス

「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督作品。クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ出演。

宇宙のはみ出し者チーム、「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」の乗る宇宙船が敵から攻撃されてしまう。そこへ、ピーターの父親と名乗る男が現れ、その危機から救ってくれるのであった。その男をきっかけに、ピーターの出生の秘密が明らかになっていく。個性の強いはみ出し者たちが面白くて夢中になること間違いなしの一作。

デッドプール2』(2018)

デッドプール2

『アトミック・ブロンド』のデビッド・リーチ監督作品。ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン出演。

お調子者のデッドプールは、ふざけて悪さばかりしていたが、恋人の願いで良い人間になることを決意する。特殊能力を持つ少年が、命を狙われていると知ったデッドプールは、彼を助けるために立ち上がる。ブラックジョーク満載で無責任なデッドプールに、笑いまくる他にないヒーロー映画。

ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)

ショーン・オブ・ザ・デッド

『ベイビー・ドライバー』などのエドガー・ライト監督作品。サイモン・ペッグ、ケイト・アシュフィールド出演。

冴えない男ショーンは、ガールフレンドのリズから振られて意気消沈してしまう。しかし、街がゾンビだらけになってしまったため、リズを助けようと一念発起する。ゾンビ映画だが、コメディでもあり、ラブストーリーでもある要素が盛りだくさんな作品。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(2007)

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

『ベイビー・ドライバー』、『ショーン・オブ・デッド』などのエドガー・ライト監督作品。サイモン・ペッグ、ニック・フロイト出演。

超エリート警官のニコラスは、出来過ぎるがゆえに平穏な田舎町に左遷させられてしまう。しかし、その町には恐ろしい秘密が隠されていることに気が付いていく。ブラックジョーク満載な、アクションサスペンス映画。

翔んで埼玉』(2018)

翔んで埼玉

『テルマエ・ロマエ』などの武内英樹監督作品。二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介出演。魔夜峰央の同名漫画を実写化した作品。

東京でトップ校の生徒会長である壇ノ浦百美と、アメリカ帰りの転校生麻実麗。二人は互いに惹かれ合うが、互いに埼玉出身と東京出身ということを知り、そこから壮絶なバトルが引き起こされる。埼玉県民の意地とプライドをかけた勝負に笑いが止まらない、ぶっ飛び系コメディ。

記憶にございません!』(2019)

記憶

『ステキな金縛り』などの三谷幸喜監督作品。中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子出演。

記憶を全て失った日本の内閣総理大臣。何もかもを忘れてしまったが、やらなければいけない重要な職務がたくさんあるのだ。日本の未来のため、一刻も早く記憶を取り戻そうと動き出すが、その一挙手一投足に笑いが止まらないドタバタコメディ。

シャザム!』(2019)

シャザム!

『ライト/オフ』などのデイビッド・F・サンドバーグ監督作品。ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・エンジェル出演。

思春期の少年ビリーは、ひょんなことからヒーローの才能を開花させる。中身はそのままで、体だけ大人に変身し、6つのパワーを駆使するようになる。しかし、そのヒーローの姿とは裏腹に、思考回路は子供のままであるため、何をしても子供っぽいビリー。ちょっぴりダサくて可愛い、新しいヒーローの物語。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』(2010)

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

『リトルデビル』などのイーライ・クレイグ監督作品。タイラー・ラビーン、アラン・テュディック出演。

気の良いが、見た目が強面のタッカーとデイルは、別荘で念願の休暇を過ごす。しかし、その見た目から殺人鬼だと勘違いされ、次々に事件に巻き込まれるという、気の毒で面白いコメディ映画。

21ジャンプストリート』(2012)

21ジャンプストリート

『スパイダーマン:スパイダーバース』の脚本を担当したフィル・ロード、クリストファー・ミラー監督作品。ジョナ・ヒル、チャニング・テイタイム出演。

高校時代人気者だったジェンコと、同じ高校だがオタクで陰気だったシュミット。二人はともに警官となり、新人警官としてコンビを組むことになる。高校へ潜入捜査をする二人だが、互いに高校生活を目一杯楽しんでしまうという、おバカで愛くるしい物語。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

『バッド・ティーチャー』などのジェイク・カスダン監督作品。ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック出演。2019年12月13日より最新作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が公開する。

「ジュマンジ」というビデオゲームを始めた4人の学生は、そのゲームの世界に引き込まれてしまう。ゲームを攻略できなければ、一生そこから出られないというルールの上、4人は破茶滅茶な冒険に出る。女子高生が筋肉むきむきの大男に変身するなど、ゲームの中だからこそ成り立つ面白さが満載。

帰ってきたヒトラー』(2015)

帰ってきたヒトラー

デヴィット・ヴェント監督作品。オリヴァー・マスッチ、ファブアン・ブッシュ出演。

1945年から2011年にタイムスリップしてきたヒトラー。本物のヒトラーだとは思われず、コメディアンと勘違いされ、テレビ番組に出演する。現代社会にヒトラーがいたらどうなるか? 人を惹きつける彼に、笑いと恐怖を感じる作品。

テッド』(2012)

テッド

『テッド 2』などのセス・マクファーソン監督作品。マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス出演。

喋るテディベアと、子供から大人へ成長したジョンのドタバタコメディ。ギャグやジョークばかり言うテディベアのテッドは、大人になったジョンからなかなか離れない。彼女との時間さえ邪魔するテッドに怒るジョン。二人のやりとりや、引き起こす問題にお腹を抱えて笑える作品。

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009)

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

『ジョーカー』などのトッド・フィリップス監督作品。ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス出演。

結婚式を控えたダグの独身最後のパーティーを開くため、幼馴染み二人と義理の弟は、高級ホテルのスイートルームでお酒を楽しむ。しかし、翌朝目覚めると部屋は荒れ放題。ダグは部屋におらず、あとの三人は前日の記憶をなくして困り果てる。記憶とダグを探すため、三人の無謀な旅が始まる……。何も考えず、とにかく笑える大人気ハングオーバーシリーズの第1弾。

【文・くりすちな】

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS