映画「ジュラシック・パーク」歴代シリーズ全5作品のあらすじ紹介!『ジュラシック・パーク』から『ジュラシック・ワールド 炎の王国』まで

マイケル・クライトンの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督らが最新の映像技術を駆使して映画化したパニック・アクション「ジュラシック・パーク」シリーズ。今回は『ジュラシック・パーク』(93)から『ジュラシック・ワールド 炎の王国』(18)までシリーズ全5作のあらすじをご紹介

「ジュラシック・パーク」と、それに伴うシリーズは、マイケル・クライトンの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督らが最新の映像技術を駆使して映画化したパニック・アクション。

「現代に恐竜が現れたら……」という誰もが考える想像を見事映像化し、恐竜映画の金字塔となりました。今回は、映画「ジュラシック・パーク」シリーズ全5作品をまとめて紹介します。

ジュラシック・パーク』(1993)

ジュラシック・パーク

スティーヴン・スピルバーグ監督作品。「ジュラシック・パーク」シリーズの1作品目。

コスタリカ沖の孤島につくられたテーマパーク「ジュラシック・パーク」。そこでは太古の琥珀に閉じ込められたDNAを使い、恐竜たちを蘇らせていた。前代未聞の夢の大テーマパークになる予定だったが、ある夜、安全装置が解除され、恐竜たちが柵の外へ脱走、次々と人間たちを襲っていく。島に残された人間は、島からの脱出を目指すのだが……。

当時の最先端のCGで作られた恐竜たちは、誰もが夢見る恐竜の世界を見事に再現させ、映画の力をも見せつけた渾身の一作。もしどの作品から観るか迷ったら、この作品を観れば間違いなし。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

大ヒットした前作『ジュラシック・パーク』の続編。スティーヴン・スピルバーグが監督を務める。

前作のジュラシック・パークの事件から4年。パーク以外にも「サイトB」と呼ばれる恐竜のクローンを生産させるための孤島があり、そこでは恐竜たちが放置され繁殖していた。サイトBを運営するハモンドの会社は倒産寸前で、危機を脱するため恐竜を生け捕り、商業利用しようとする。そうして再び恐竜たちは人間へ牙を剥く……。

前作から更に最新のVFXも使われ、恐竜たちの種類や動き、人間の襲い方も多彩になり、より恐怖の演出がパワーアップした。

ジュラシック・パーク III』(2001)

ジュラシック・パーク III

シリーズ第3弾は、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』などのジョー・ジョンストンが監督を務め、スティーブン・スピルバーグは製作総指揮を務めた。 

古代生物学者のグラントは、旧ジュラシック・パークの遊覧飛行のガイドを引き受ける。しかしその旅は島に漂流した少年を捜索するためのものだった。少年を救出するため、島に上陸するが、またもや人間は恐竜たちに襲われるのだった……。

前作はティラノサウルスの登場が多かったが、今作は新たにスピノサウルスが登場。恐竜VS人間だけでなく、恐竜VS恐竜の戦いも見どころ。

ジュラシック・ワールド』(2015)

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・パークの事件から22年。パークは新たな所有者により、恐竜と至近距離で触れ合うことができる高級リゾート地「ジュラシック・ワールド」として再建されていた。パークでは目玉として新種の恐竜“インドミナス・レックス”が遺伝子操作により生み出されていたが、飼育地から逃走。パークは混乱に陥る。

監督はスピルバーグも才能を認めるコリン・トレヴォロウ。作品と同じく、1作目の『ジュラシック・パーク』から22年後に公開された。知能も備わる最強のインドミナス・レックスとシリーズおなじみのT-REXの戦いも熱い。

22年経っても色あせないド迫力の映像とハラハラするストーリー展開に、1作目からのファンも、新しく観る人も感動極まる。

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド 炎の王国』(2018)

ジュラシック・ワールド 炎の王国

『永遠のこどもたち』などのフアン・アントニオ・バヨナ(J・A・バヨナ)が監督を務める。本作でもスティーブン・スピルバーグは製作総指揮として参加。

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有するイスラ・ヌブラル島で火山の大噴火の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェンは、テーマパークの運営責任者だったクレアと共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける。

火山の噴火の中の恐竜たちの映像は圧巻。人間VS人間の構図も見られ、人間のエゴ、生命倫理がより顕著に現れている。

ジュラシック・ワールド

【文・タナカリオ】

(C)ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment、(C)Universal Pictures、

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ICO
    4
    恐竜…怖い…笑
  • パンナコッタ
    4
    小2ぶり、、、。
  • みやたまこと
    3.5
    意外と今見ても迫力あるし、怖い。 子供が2人出てくるんだけどお姉ちゃんの怖がる演技は素晴らしいです。 ラストのTレックスが咆哮するシーンはすごいカタルシス感じれます。見たことない人は見てほしいな。
  • こーき
    3.6
  • SONIA
    4.7
    夢と冒険と怖さと面白さがミックスされて、これぞ娯楽大作という感じ。映画そのものがアトラクションのよう。 ユニバーサルスタジオのアトラクションを思い出しながら、ダブルで楽しめる。ついでにハワイのロケ地なんかも知ってると面白ささらにUP。 恐竜が迫ってくる様子は何回見ても怖い。
ジュラシック・パーク
のレビュー(88138件)