今、ださカワ男子が熱い!そのダメっぷりにやみつき!ジェシー・アイゼンバーグ編

○○男子は、世の中に数知れず。

そのカテゴリーは増えていく一方ですが、今、最も注目したいのは、映画界で確固たるポジションを手にしている、ギークでナードと呼ばれる”ダサ可愛い”男子たち。滲み出るそのダメっぷりやダサさが、女性の母性本能をくすぐりまくります。

今回は、その代表であるジェシー・アイゼンバーグ(1983年10月5日ニューヨーク生まれ)をオススメ作品と共にご紹介します!

JE_1

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Jesse_Eisenberg

既に彼のことをよく知ってる方も知らない方も、その魅力を再確認してみてください。

代表作『ソーシャル・ネットワーク』

ソーシャルネットワーク

Facebookの創立者であるマーク・ザッカーバーグが、大学時代にザ・フェイスブックを立ち上げ、現在のFacebookになっていくまでや、それを巡る人間関係を映画化した「ソーシャル・ネットワーク」。

ジェシー・アイゼンバーグは、今作品で主演を務めた天然パーマとスラッと高い鼻が特徴的な若手実力派俳優です。

本作品の、まくし立てるように早口で恋人と話すオープニングは非常に印象的でした。

まあ、これがちょー、性格が悪い!卑屈だし、揚げ足ばっかり取るし頭が良すぎる故に、溢れるように次々と出てくる言葉が恋人と全然噛み合わない。ボート部という自分とは別ジャンルの男子学生に、やたらと反応を示しているのも卑屈ポイントです。

自分を評価してくれる周りの人間や友人をことごとく裏切る彼の非情さは、目に余るものがありますが、めまぐるしく回転している頭の中を覗きたくなるのも事実。知的で独りよがりな役がとてもハマっています。

華奢でナイーブな”チキン”『イカとクジラ』

イカとクジラ

出演作はどれも高評価なものが多く、確かな演技力も彼の魅力のひとつです。「イカとクジラ」注目を浴びるきっかけとなりましたが、公開当時は、まだあどけなさが残る当時22歳。

共に小説家である両親が離婚し、二人の間に挟まれ振り回される長男ウォルト。ピンク・フロイドの『ヘイ・ユー』を、自分が作詞作曲した作品として発表会で披露したり、読んでいない小説の感想をそれっぽく語ったりと、器用なのか痛いのか、つかみ所のない少年を演じています。

肌着のTシャツに靴下姿で現れる華奢な脚には溜め息が漏れます。母親にチキン(弱虫君)と呼ばれているのが何とも愛しい。また女の子の扱いが下手くそなのは「ソーシャル・ネットワーク」の役に繋がるところも。

ガッチガチの勘違いキスをしたあとに、『そばかすが多すぎるね』と彼女に言うシーンは、呆れて言葉を失います。しっかりー!チキンくーん!

プライドが異常に高く一歩も譲ろうとしない父親に、こちらも頑固に歩み寄る気のない母親。感情を振り乱す弟に対し、平気な振りを決めこむウォルトですが、微妙な心の揺れ動きを現す瞳の動きや、声を静かに荒げて話す演技は流石です。ラストシーン、思わず涙を飲み込むように抑える表情、ピンクの褐色のいい唇にドキッとします。

グランド・イリュージョン』でイケメン・ジェシーに出会う!

グランドイリュージョン

唯一と言ってもいいほど(これは言い過ぎ)カッコイイ!!ジェシーが見れる作品。マジシャンを演じたヒット作「グランド・イリュージョン」ですが、こちらでも早口が止まらない!

ヘア・スタイルも天然パーマはストレートに、髭まで生やしモテ系イケメンに変身。とびっきりかっこいいはずなのに何処かヘタレ感が隠しきれていない。

警察で取り調べを受けるシーンや、見事マジックを成功させるところでは言うことなしにイケメンマジシャンですが、治らない猫背とのギャップが彼の本質を際立たせています。

あ、もしかしたら彼、オタク??”感”をちゃんと漂わせているところ、裏切らないなあ、と一安心。ジェシーファンならホッとする瞬間です。

片方の眉毛を上げ、刑事を挑発するジェシーが何ともセクシーなので、細かいアイコンタクトや、どや顔する彼にも注目してみて下さい。本作は第二弾も公開予定!今から本当に待ち遠しいです!

不器用、ビビリ度120%『ゾンビランド』

ゾンビランド

ゾンビばかりになってしまったアメリカ。ゾンビランド合衆国で、自己流ルールを作り、銃片手に故郷を目指すオタク青年、コロンブスをジェシーが演じています。

その用心深さと人間嫌いな役どころは、紹介する作品の中でもダントツ。内心ビビりまくりなのに、ポーカーフェイスを気取ろうとする様子が可笑しく、笑いどころ満載です。

後に仲間になるタラハシー(ウディ・ハレルソン)と出会う場面では、二連式散弾銃がガタガタ震えまくってるし、一目惚れしたウィチタ(エマ・ストーン)とは、彼女が引っ張ってくれるにも関わらずなかなか先に進まない。

無人の店に皆で潜り込み、香水をこっそり隠れて付けるシーンがありますが、香水を付けた事もすぐにタラハシーにバレる。そして、『パフューム?』と聞かれ『いや、コロンだ』と答えます。不器用…。

ウディ・ハレルソンとは、既出の「グランド・イリュージョン」でも共演していますが、この真反対な組み合わせ、何故か病み付きになる中毒性があります。2作品合わせて観てみるとジェシーの成長も確認出来るので、おススメです!

恋するジェシーがセクシー!『ローマでアモーレ』

ローマでアモーレ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • TAKAHIRO
    3.6
    世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げた主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていくさまを映し出す。
  • 梅乃
    3.5
    最後親近感わく
  • いずけん
    3.5
    天才マーク・ザッカーバーグ。頭は相当良いかもしれないけど、人間関係に不器用でどうしても印象が悪くなってしまう損な人。 プライドは高いけど、根は悪い人ではないと思う😅 冒頭彼女と話が噛み合わないところや、女性にビール瓶投げるところが印象的でした😳
  • 千尋
    3.5
    マーク・ザッカーバーグの無礼さが面白かった
  • YYamada
    3.8
    【戴冠!ゴールデン・グローブ賞】  ~オスカー前哨戦を制した作品たち ◆第68回(2010)G.グローブ作品賞受賞  (ドラマ部門) ◆同年のアカデミー作品賞 『英国王のスピーチ』 〈見処〉 ①若き伝説、マーク・ザッカーバーグ 「Facebook」創設の物語 ・『ソーシャル・ネットワーク』は、2010年のアメリカ映画。 ・本作の舞台は2003年のマサチューセッツ州ケンブリッジ。ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発。 ・そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが…。(eiga.comより抜粋) ・本作は、世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生が描かれたノンフィクション小説『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』執筆前の企画書をもとに、名脚本家アーロン・ソーキンが脚本化し、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化した作品である。 ②完璧主義者、フィンチャー ・本作は、製作時48歳であったデビット・フィンチャーの第8回監督作品。 ・18歳でルーカス率いるILMのアニメーターとして映画界に足を踏み入れたフィンチャーは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』や『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)などで 特撮・マット撮影を担当。 ・1986年にはビデオ製作会社「Propaganda Films」を設立。マドンナ、ジョージ・マイケルなどのMVや数多くのCMを手掛け認知度を広げ、1992年の『エイリアン3』で映画監督デビュー。しかしながらスタジオによる製作・編集の介入などもあり、批評家や鑑賞者から散々な評価で辛酸を味わう。 ・フィンチャーの評価が好転したのは1994年のローリング・ストーンズのMV「Love is strong」と翌1995年の『セブン』の成功から。以降はスター監督として第一線で活躍を続け、現在に至る。 ・フィンチャーの演出の特徴は、100回以上のリテイクを厭わないことであるが、同じ完璧主義者のキューブリック監督とは異なり、俳優の意見を取り入れ、互いに納得したうえでリテイクを行うこと。本作冒頭の5分間にも及ぶマーク・ザッカーバーグとルーニー・マーラの会話シーンも90回以上のリテイクもそのように進められたそうだ。 ・このような撮影経験を経た俳優は、フィンチャー作品出演のビフォア/アフターで、自身の演技幅に成長を感じ取れるそうで、本作の場合は、ジャスティン・ティンバーレイクとアーミー・ハマーがその実体験を語っている。 ・ILMの特殊工房を経て、CMの世界を生き抜いた「コンマ世界の覇者」フィンチャーの完璧主義者の由縁である。 ③結び…本作の見処は? キャスト、演出、脚色、音楽…欠点のない作品。 ○: アカデミー脚色賞に輝いアーロン・ソーキンによる脚本の力強さから、ダレるシーンなく映画の世界に没頭出来る。 ○: iPhone登場前。スマホではなく、PCで Facebookする時代が懐かしい。  ○: フィンチャー作品では控え目な演出に見えるが、アーミー・ハマーの顔面をCG張替えにより双子として描くなど、細部に拘った完璧主義者の編集に違和感なし。 ○: ジェシー・アイゼンバーグ、ジャスティン・ティンバーレイク、アンドリュー・ガーフィルド、アーミー・ハマー…今では実現不能な豪華キャスト。それぞれの出世作といえ、みな本作からキャリアアップに繋がった。 ▲: 「成功者の孤独」に『ゴッドファーザー』との類似性が指摘される本作であるが、ジェシー・アイゼンバーグ扮するマーク・ザッカーバーグにそこまでのカリスマ性を感じられず。
ソーシャル・ネットワーク
のレビュー(72584件)