多数の映画やTVドラマ、舞台に出演し、唯一無二の存在感を放つ柄本佑。俳優一家に生まれながらも、自らの演技力で活躍の場を切り開き、若手実力派俳優としての地位を確立している。そんな彼が出演したおすすめ映画をまとめてご紹介。

柄本佑 プロフィール

柄本佑は、1986年12月16日生まれ、東京都出身。俳優・柄本明と女優・角替和枝を両親にもち、弟の柄本時生も俳優として活躍。

高校生の時にオーディションを経て『美しい夏キリシマ』(02)の主演を勝ち取り、映画デビュー作にして初主演という華々しいスタートを飾る。本作で第77回キネマ旬報ベスト・テン 新人男優賞などを受賞。

『17歳の風景 少年は何を見たのか』(05)、『ボーイ・ミーツ・プサン』(06)で主演を務めたのち、『犯人に告ぐ』(07)、『ラッシュライフ』(09)、『横道世之介』(13)、『追憶』(17)など話題作への出演を重ねていく。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』(17)、『ポルトの恋人たち〜時の記憶』(17)、『きみの鳥はうたえる』(18)と主演作を重ね、以降も『居眠り磐音』(19)、『アルキメデスの大戦』(19)など『火口のふたり』など話題作に続々出演。

2020年1月より放送中のTVドラマ『知らなくていいコト』では大人の色気漂うカメラマン役を好演し、話題を呼んでいる。

父・柄本明との共演作『一度も撃ってません』、主演を務める『痛くない死に方』が2020年に公開を控える。

プライベートでは2012年に女優の安藤サクラと結婚、『僕らは歩く、ただそれだけ』(09)、『今日子と修一の場合』(13)など共演作も多い。

僕らは歩く、ただそれだけ』(2009)

僕らは歩く、ただそれだけ

ロックバンド・SPANK PAGEの楽曲「ame 〜rain song〜」をモチーフに、『ストロボ・エッジ』などの廣木隆一が監督・脚本を手掛けた青春ストーリー。上映は映画祭のみであり、劇場未公開作品ながら、安藤サクラ、柄本佑、高良健吾ら今をときめく若手俳優、名バイプレーヤーの安藤玉恵といった豪華顔ぶれがそろう。

恋人の男性(柄本佑)と別れた少女・みゆき(安藤サクラ)は、喪失感を抱えながらカメラを手に故郷の街へと向かう。写真を撮りながらさまざまな人と出会う中で、みゆきの心が徐々に変化していく……。

柄本佑が演じたのは、恋人を置いて海外へ行ってしまう男性。のちに妻となる安藤サクラと共演を果たしている。

今日子と修一の場合』(2013)

今日子と修一の場合

奥田瑛二による5作目の監督作品。東日本大震災を題材としたオリジナル作品で、奥田が脚本も手掛けた。娘の安藤サクラと夫の柄本佑を主演に迎え、心に傷を負った若者の故郷が震災に遭い、苦しみながらも人生を再生させていく姿を描く。

保険外交員の今日子(安藤サクラ)は、家族を養うため上司と関係を持つが、家族から非難されて故郷を追われてしまう。一方、暴力をふるう父から母を守るために事件を起こした修一(柄本佑)は、少年刑務所に服役後、東京で働き始める。それぞれの理由で故郷の宮城県南三陸町を離れて暮らす2人だったが、3月11日、大地震が東北地方を襲う。

柄本佑が演じたのは、心に闇を抱え、故郷を離れて東京で働く青年・修一。母が暮らす故郷が震災に見舞われるという難役を演じ切り、高い評価を得ている。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

追憶』(2017)

追憶
『鉄道員(ぽっぽや)』『あなたへ』などの降旗康男が監督を務めたヒューマンサスペンス。本作は降旗監督の遺作となった。かつて親友であった3人の少年が、殺人事件を捜査する刑事、被害者、容疑者として再会。隠された過去と事件の真相が明らかになっていく。

親に捨てられ幼少期を共に過ごした四方篤、田所啓太、川端悟の3人は、とある事件がきっかけで離ればなれになる。そして25年後、刑事の四方(岡田准一)は、刺殺死体となって発見された悟(柄本佑)と対面。捜査を進める中で、啓太(小栗旬)が容疑者として浮上する……。

柄本佑が演じたのは、経営が危うい工場を経営する男性、川端悟。家族のため、会社のために奔走するが、何者かによって殺害されてしまうという役どころを、持ち前の存在感を発揮して好演。本作は安藤サクラも出演している。

素敵なダイナマイトスキャンダル』(2017)

素敵なダイナマイトスキャンダル

雑誌編集者・末井昭の自叙伝を、『南瓜とマヨネーズ』『パンドラの匣』などの冨永昌敬が監督・脚本を手掛け、実写映画化。幼少期から壮絶な体験に見舞われた末井昭が、紆余曲折を経て伝説的な雑誌編集長になるまでの波乱万丈の人生を描く。

幼い頃に、実の母が若い不倫相手とダイナマイトで自殺するという驚愕の体験をした末井昭(柄本佑)。高校卒業後に家を飛び出し、様々な職を転々とする中で雑誌業界の世界に入り、成人男性向けの雑誌を創刊する。

主演を務めた柄本佑は、伝説のカリスマ編集長・末井昭を熱演。その佇まいや仕草が本人によく似ていると驚きの声も聞かれ、柄本佑の演技力、表現力の高さを知らしめる一作となっている。

Rakuten TVで観る【登録無料】

ポルトの恋人たち〜時の記憶』(2017)

ポルトの恋人たち〜時の記憶

日本、ポルトガル、アメリカ合作の恋愛ミステリー。監督・脚本は『ビッグ・リバー』などの舩橋淳が務めた。18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、柄本佑ら3人のキャストが1人2役に挑み、時を超えた愛憎劇を描き出す。

18世紀、インドからポルトガルにやって来た日本人召使の宗次(柄本佑)と四郎(中野裕太)。屋敷の女中マリアナ(アナ・モレイラ)と恋仲になった宗次は、主人に逆らい銃殺されてしまう。21世紀の東京、加勢柊次(柄本佑)からリストラされた日系ブラジル人の幸四郎(中野裕太)は、ポルトガル人の妻マリナ(アナ・モレイラ)を残して自殺する。

主演を務めた柄本佑は、ポルトガルパートでは日本人奴隷を、日本パートでは冷酷なエリート会社員を演じた。異色の難役である1人2役を見事にこなし、英語の台詞も初披露している。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

きみの鳥はうたえる』(2018)

きみの鳥はうたえる

『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』などで知られる佐藤泰志の同名小説を、『THE COCKPIT』などの新鋭、三宅唱が監督・脚本を手掛け、実写映画化。函館を舞台に、2人の男性と1人の女性の人間模様を描いた青春ラブストーリー。

失業中の静雄(染谷将太)と共同生活を送る“僕”(柄本佑)は、ふとしたことから勤務先の書店の同僚、佐知子(石橋静河)と関係を持つ。それ以降、佐知子は2人が暮らすアパートを頻繁に訪れ、3人は酒を飲み交わしながら、かけがえのない時間を共に過ごしていくのだが……。

主演を務めた柄本佑は、どこか投げやりな若者の“僕”を熱演。刹那的に生きながらも「終わる」ことを恐れる、若者ならではの複雑な心境を見事に表現し、高い評価を得ている。本作と『素敵なダイナマイトスキャンダル』、『ポルトの恋人たち〜時の記憶』の3作品で第92回キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞に輝いた。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

柄本家のゴドー』(2018)

柄本家のゴドー

柄本家の父子が、サミュエル・ベケットの不条理劇『ゴドーを待ちながら』の稽古にあたる様子をおさめたドキュメンタリー。『ワンダフルライフ』『誰も知らない』など多数の是枝裕和作品の撮影を手掛けてきた山崎裕が監督を務め、父から子へと芸が継承されるさまを、温かく記録する。

映画やTVドラマで活躍しながら、演劇ユニット「ET×2」を組む柄本佑と柄本時生兄弟。2013年に上演した『ゴドーを待ちながら』を、2017年には父・柄本明を演出に迎えて再演を決意。難解とも傑作とも称される“ゴドー”に挑む。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

居眠り磐音』(2019)

居眠り磐音

佐伯泰英による大人気時代劇小説「居眠り磐音」シリーズを、「超高速!参勤交代」シリーズ、『空飛ぶタイヤ』などの本木克英監督が実写映画化。心優しい剣の達人が、大切なものを守るために悪に立ち向かうさまを描く。

2人の幼なじみを一度に失うという悲劇に見舞われた坂崎磐音(松坂桃李)は、許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩し、浪人となる。江戸で昼はうなぎ屋、夜は用心棒として働き始めた磐音は周囲から信頼されるようになり、穏やかな暮らしを手に入れたかに思えたが……。

柄本佑が演じたのは、松坂桃李演じる磐音の幼なじみ、小林琴平。とある噂が引き金となって幼なじみの河井慎之輔(杉野遥亮)を斬り、磐音と一騎打ちの末に斬られてしまう。磐音と繰り広げる殺陣に注目したい。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

アルキメデスの大戦』(2019)

アルキメデスの大戦

三田紀房による同名人気コミックを、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、『永遠の0』などの山崎貴監督が実写映画化。戦艦大和の建造をめぐる陰謀、それを阻止するため奔走する天才数学者の姿を描いた歴史エンターテインメント。

昭和8年、第二次世界大戦直前の日本。巨大戦艦大和の建造を目論む日本帝国海軍の上層部に対し、海軍少将の山本五十六(舘ひろし)は航空母艦の必要性を主張するが、上層部は進言に耳を貸さない。山本は戦艦大和の建造費用を算出して建造に隠された陰謀を暴こうと考え、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に呼び寄せる。

柄本佑が演じたのは、海軍少尉の田中正二郎。菅田将暉演じる櫂直の付き人を命じられ、当初は不満をあらわにするが、やがて櫂の信念に賛同し、良きバディとなっていく。本作で第43回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞の受賞を果たした。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

火口のふたり』(2019)

火口のふたり

直木賞作家・白石一文の同名小説を、『さよなら歌舞伎町』『海を感じる時』など多数の脚本を手掛けた荒井晴彦が監督・脚本を務め、実写映画化。数年ぶりに再会した男女が、快楽に溺れていくさまを描いた衝撃作。

離婚と会社の倒産で全てを失った永原賢治(柄本佑)は、かつての恋人・佐藤直子(瀧内公美)の結婚式に出席するために秋田に帰省する。数年ぶりに再会した2人は、直子の婚約者が戻るまでの5日間、体を重ね合い、抑えられない欲望に飲み込まれていく……。

本作は瀧内公美と柄本佑のダブル主演で、出演者は2人のみ。欲望のままに生きていた日々を思い出し、快楽の深みにはまっていく姿を体当たりで演じ、大きな話題を呼んだ。

ビデオマーケットで観る【初月無料】

(C)ZERO PICTURES(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会(C)2017「ポルトの恋人たち」製作委員会(C)HAKODATE CINEMA IRIS(C)2019 映画「居眠り磐音」製作委員会(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会(C)2019「火口のふたり」製作委員会

※2020年4月27日時点の情報です。