映画ファンに人気の柄本佑出演のおすすめ映画まとめ!『素敵なダイナマイトスキャンダル』『火口のふたり』など10本

映画館に住みたい

ココネコ

柄本佑出演のおすすめ映画と主なプロフィールのまとめ。『追憶』『きみの鳥はうたえる』『アルキメデスの大戦』など10本。

多数の映画やTVドラマ、舞台に出演し、唯一無二の存在感を放つ柄本佑。俳優一家に生まれながらも、自らの演技力で活躍の場を切り開き、若手実力派俳優としての地位を確立している。そんな彼が出演したおすすめ映画をまとめてご紹介。

柄本佑 プロフィール

柄本佑は、1986年12月16日生まれ、東京都出身。俳優・柄本明と女優・角替和枝を両親にもち、弟の柄本時生も俳優として活躍。

高校生の時にオーディションを経て『美しい夏キリシマ』(02)の主演を勝ち取り、映画デビュー作にして初主演という華々しいスタートを飾る。本作で第77回キネマ旬報ベスト・テン 新人男優賞などを受賞。

『17歳の風景 少年は何を見たのか』(05)、『ボーイ・ミーツ・プサン』(06)で主演を務めたのち、『犯人に告ぐ』(07)、『ラッシュライフ』(09)、『横道世之介』(13)、『追憶』(17)など話題作への出演を重ねていく。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』(17)、『ポルトの恋人たち〜時の記憶』(17)、『きみの鳥はうたえる』(18)と主演作を重ね、以降も『居眠り磐音』(19)、『アルキメデスの大戦』(19)など『火口のふたり』など話題作に続々出演。

2020年1月より放送中のTVドラマ『知らなくていいコト』では大人の色気漂うカメラマン役を好演し、話題を呼んでいる。

父・柄本明との共演作『一度も撃ってません』、主演を務める『痛くない死に方』が2020年に公開を控える。

プライベートでは2012年に女優の安藤サクラと結婚、『僕らは歩く、ただそれだけ』(09)、『今日子と修一の場合』(13)など共演作も多い。

僕らは歩く、ただそれだけ』(2009)

僕らは歩く、ただそれだけ

ロックバンド・SPANK PAGEの楽曲「ame 〜rain song〜」をモチーフに、『ストロボ・エッジ』などの廣木隆一が監督・脚本を手掛けた青春ストーリー。上映は映画祭のみであり、劇場未公開作品ながら、安藤サクラ、柄本佑、高良健吾ら今をときめく若手俳優、名バイプレーヤーの安藤玉恵といった豪華顔ぶれがそろう。

恋人の男性(柄本佑)と別れた少女・みゆき(安藤サクラ)は、喪失感を抱えながらカメラを手に故郷の街へと向かう。写真を撮りながらさまざまな人と出会う中で、みゆきの心が徐々に変化していく……。

柄本佑が演じたのは、恋人を置いて海外へ行ってしまう男性。のちに妻となる安藤サクラと共演を果たしている。

今日子と修一の場合』(2013)

今日子と修一の場合

奥田瑛二による5作目の監督作品。東日本大震災を題材としたオリジナル作品で、奥田が脚本も手掛けた。娘の安藤サクラと夫の柄本佑を主演に迎え、心に傷を負った若者の故郷が震災に遭い、苦しみながらも人生を再生させていく姿を描く。

保険外交員の今日子(安藤サクラ)は、家族を養うため上司と関係を持つが、家族から非難されて故郷を追われてしまう。一方、暴力をふるう父から母を守るために事件を起こした修一(柄本佑)は、少年刑務所に服役後、東京で働き始める。それぞれの理由で故郷の宮城県南三陸町を離れて暮らす2人だったが、3月11日、大地震が東北地方を襲う。

柄本佑が演じたのは、心に闇を抱え、故郷を離れて東京で働く青年・修一。母が暮らす故郷が震災に見舞われるという難役を演じ切り、高い評価を得ている。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

追憶』(2017)

追憶
『鉄道員(ぽっぽや)』『あなたへ』などの降旗康男が監督を務めたヒューマンサスペンス。本作は降旗監督の遺作となった。かつて親友であった3人の少年が、殺人事件を捜査する刑事、被害者、容疑者として再会。隠された過去と事件の真相が明らかになっていく。

親に捨てられ幼少期を共に過ごした四方篤、田所啓太、川端悟の3人は、とある事件がきっかけで離ればなれになる。そして25年後、刑事の四方(岡田准一)は、刺殺死体となって発見された悟(柄本佑)と対面。捜査を進める中で、啓太(小栗旬)が容疑者として浮上する……。

柄本佑が演じたのは、経営が危うい工場を経営する男性、川端悟。家族のため、会社のために奔走するが、何者かによって殺害されてしまうという役どころを、持ち前の存在感を発揮して好演。本作は安藤サクラも出演している。

素敵なダイナマイトスキャンダル』(2017)

素敵なダイナマイトスキャンダル

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS