こんな面白いのにナゼ!劇場未公開作品を掘り起こせ!今すぐ見たい未公開映画10選

劇場未公開作品を愛してやまない田舎人

フレスコの傘

常日頃、私たちにスクリーンの中から夢を与え続けてくれる映画ですが、その中には様々な理由によりスクリーン(=表舞台)に立つことなくひっそりと消えてしまう映画も存在します。それが劇場未公開作品と呼ばれる類のもので、その多くは人目につかずいつの間にかDVDがリリースされている・・・という幸薄の存在。

様々な理由により劇場での公開が見送られた作品ですから、この内容ならば劇場未公開なのは納得できるな~と思うものもあれば、こんなに面白い映画なのになんで未公開なの?もっと色んな人に観てもらいたい!と思う作品もたくさんあります。

そこで今回は劇場未公開作品を愛してやまない筆者がこの作品を埋もれさせておくのは勿体ない!と感じた未公開作品を紹介したいと思います。

ホーンテッド・ハウス(1999年/原題:KOLOBOS)

「求む映画出演者」という新聞広告で集められた5人の男女。彼らは実験映画の撮影のためとある別荘に集められたのだ。だが、この別荘はどこかおかしい…。

タイトルは実に安直ですが、蓋を開けてみれば90年代後半ホラーの隠れた名作がお目見え。至って普通の別荘が殺戮の場と化す様に訳も分からず引き込まれます。70、80年代のホラー、スプラッター映画を意識したような演出はホラー好きならば観て損はない内容でしょう。

ちなみに原題であるKOLOBOS(コロボス)とは古代ギリシャ語で切り刻まれたという意味で、その意味を知るとさらに恐怖が倍増しそうな趣があります。

グラバーズ(2011年/原題:GRABBERS)

グラバーズ

アイルランドの孤島で繰り広げられるエイリアンVS酔っ払いたちの戦い!

アイルランドの孤島に突如として現れたエイリアンという最初から最後まで貫き通したスケールの小ささが逆に目を引く作品です。エイリアンの襲撃は世界規模とかそういうレベルでないのです。孤島規模なのであります。

襲いかかるエイリアンは血中のアルコールが苦手なのでは…?と気付いた島民たちはこぞってそうだ、みんなで酔っ払っちまえばいいんだ!と酒をガンガン飲みだす始末・・・。ストーリーは終始そういうノリで展開していきます。

生首が飛んだり、死人も出ているのにみんなへべれけ寸前。全編に渡って醸し出されるどこかトボケた雰囲気がたまらない一本。

悪魔の恋人(1996年/原題:FEAR)

悪魔の恋人

16歳のニコールは優しいがどこか謎めいた青年デビッドと恋に落ちる。初めて本当の恋を知るニコール。だが、彼女は知らなかった。デビッドの仮面の下に隠された恐ろしい凶暴性を・・・。

ブレイク前のマーク・ウォルバーグとリース・ウィザースプーンが拝めるという点においてはある意味貴重な作品ではないでしょうか。当たり前ですが二人とも初々しい!

デビッドを演じたマーク・ウォルバーグが爽やかな青年の顔と凶暴な犯罪者の顔、この二面性を上手く演じ分けており非常に恐ろしい。好青年だった人間の化けの皮が剥がれ、凶暴性を剥きだしにして襲いかかってくる姿はホラー映画とはまた違った現実的な恐ろしさがあります。

またラストの家族を巻き込んでのマイホーム籠城戦は本作一番の見所と言えるでしょう。

クライム・チアーズ(2001年/原題:SUGAR & SPICE)

クライムチアーズ

チアガールたちが銀行強盗を強行する話で、尺も80分と短いのでサクっと観られる作品です。ベティ人形のマスク(ジャケット上部参照)をお揃いでかぶり、ハイ、今から銀行を襲っちゃいま~す!みたいなノリが実に軽快で楽しい。

『レザボア・ドッグス』、『ヒート』、『狼たちの午後』といった名作映画を教本にしながら銀行強盗をイメージトレーニングするシーンや、キュートなチアガールたちの日常なども盛り込まれており、シンプルな内容ながら飽きない作りになっています。チアガールの相手役にはジェームズ・マースデンの姿も。

ラッツ(1983年/原題:RATS: NIGHT OF TERROR)

ラッツ

舞台は核戦争の影響で荒廃しきった2015年の地球。食糧を求め知らずのうちにネズミの穴蔵に突っ込んでしまった人間たちは一人、また一人と殺人ネズミの毒牙にかかってゆく…。

イタリアB級映画の巨匠、ヴィンセント・ドーン(故人)による1984年製作のキラー・ラッツ・ムービー。

本物のドブネズミを使用し、保健所からクレームを受けながらも撮影を敢行したというある意味伝説的な作品。低予算映画なうえに製作年が80年代ということもあり、VFXでネズミをかさ増しすることが出来なかったのか、押し寄せるネズミの大群を涙ぐましいまでの努力で何とか表現しようとしたその姿勢がスゴい!というかあざとい!

またグロ要素もなかなか目立っており人間の口の中からネズミを出してみたり、人間の背中を突き破ってネズミを出してみたりとやりたい放題。スタッフも大変でしょうが、これは演じた役者たちも相当苦労したことだろうと思います。

そして全てをドン底にまで突き落とす後味の悪いラストにも注目。これはしてやられた!と思わず叫んでしまうかも?

デッドゲームシティ(2013年/原題:All Things to All Men)

デッドゲームシティ

ロンドンを舞台に、裏社会に通じる汚職刑事とその裏社会を仕切る元締めとの大掛かりな強盗計画を描く。

なんとなく『ユージュアル・サスペクツ』を彷彿とさせるような内容に既視感を覚えつつも、所々にスタイリッシュな映像が挟み込まれており、洗練されたお洒落な雰囲気が味わえる作品。

ガブリエル・バーンとジュリアン・サンズをはじめ、ルーファス・シーウェル、トビー・スティーヴンス(なんとマギー・スミスの息子であります!)、レオ・グレゴリー、デヴィッド・スコフィールドという非常に渋いキャスト陣たちが顔を揃えている点にも注目して頂きたい。

特にガブリエル・バーンとジュリアン・サンズはケン・ラッセルの『ゴシック』でバイロンとシェリーを演じた仲ですので二人の年月を経ての再共演は嬉しいことこのうえないのです。

デス・プラン 呪いの地図(1958年/原題:I BURY THE LIVING)

名前の上にピンを立てるだけで必ず死ぬ。

墓地の管理人をすることになったボブ。墓地を管理する地図にはピンを立てなくてはいけないのだが、予定地には白ピンを、埋葬済みの印には黒ピンを立てる決まりがあった。ところがある日、白ピンを立てなくてはいけない場所に間違って黒ピンを立ててしまった…。すると地図に黒ピンを立てた名前の人物が次々と亡くなっていき…という怪奇事件を扱った作品。

要するにデス・ノートならぬデス・マップといったところでしょうか。昔の作品だけに隠れに隠れた作品ですので知名度の低さが悔やまれます。

さて、終盤で主人公は「黒ピンで死をもたらす力が私にあるなら白ピンで生を与えることも出来るはずだ」と考え、地図に立てられた黒ピンを白ピンに立てかえます。果たして死んだ人間たちは自分の隠された能力によって生き返るのか?それともこの地図自体が呪われているのか?どうなるかは観てのお楽しみ。

ディフェンドー 闇の仕事人(2009年/原題:DEFENDOR)

ディフェンドー

アーサー・ポピントン(ウディ・ハレルソン)は、昼間は道路工事現場で働く素朴な人物。しかし、彼は夜になると、自らが作り出したスーパーヒーロー“ディフェンドー”に変身し、ビー玉や、パチンコといったお手製の武器で、市民を悪の手から守るためパトロールをするのだ!

よわっちいヒーローが主役です。ヒーローが使う道具は、おはじき(ビー玉)、瓶詰めの蜂、ライム果汁、パチンコ、おじいちゃんから譲り受けた棍棒などどれも子供だましのような道具ばかり。それでも敵が怯んだり、気絶している様子を見ると思わず興奮してしまいます。銃は弱いやつが使う道具だと言って、銃を使わないところもよかった。

ボロボロになっても独り戦い続けるディフェンドー。ああもう、どうしてこんなにショボいヒーローは愛しいのだろう。 どうしてこんなに頑張れるのだろう、この人は。 負けると分かっていても立ち向かえる強さと勇気、そして真っ直ぐで淀みのない心。それがあるから彼はかっこよく映るのでしょう。

ただ単にヒーローもののコメディかと思ったら大間違い。どんなに無敵なヒーローよりもかっこいいと思える弱いヒーローがこの映画には確かに存在しています。

ブラッド&ボーン 真拳闘魂(2009年/原題:BLOOD AND BONE)

ブラッド&ボーン

マーシャルアーツ界のニュースター、マイケル・ジェイ・ホワイト主演、ムショ帰りの男がストリートファイトに挑む姿を描いた格闘モノの傑作。

主人公ボーンの造形は60~70年代のイーストウッドのような寡黙なヒーローにしたかったということで、口数もほとんどないのに雰囲気で魅せる魅せる。西部劇を思わせ、勧善懲悪の分かりやすい話の運びも小気味良くて爽快。

そして一番の見所はやはりマイケル・ジェイ・ホワイトのキレッキレのアクション!終盤での対マット・マリンズ戦(マリンズはスーツ姿で対戦)、これがもう最高にカッコいい!スタッフ陣全員が何らかの形で格闘の世界に関わっているというだけあって、根本的な作りや作品にかける情熱が違うのです。

これが埋もれているのは本当に勿体ない。映画の中で誤魔化しのない本物の格闘技が観られる貴重な一本。

アリス・スウィート・アリス(1977年/原題:ALICE SWEET ALICE)

アリス

『アリス・スウィート・アリス』という可愛らしいタイトルとは裏腹に、その中身はアリスという名の12歳の少女が妹殺しの罪をかぶせられるという強烈なものとなっています。

監督のアルフレッド・ソールはヒッチコックの作品群に加え、ニコラス・ローグの『赤い影』とマーヴィン・ルロイの『悪い種子』に影響されこの作品を作り上げました。

黄色いレインコートを羽織り、プラスチックのお面で顔を隠し、手には研ぎ澄まされた包丁…これらの小道具が小さな殺人鬼の狂暴性を剥き出しにさせる。ブルック・シールズのデビュー作としても有名な本作ですが、70年代スラッシャー映画の傑作と呼ぶに相応しい戦慄を余すことなく味わえることでしょう。

アリス役のポーラ・シェパードは撮影当時19歳で、現場では煙草を吹かしていたというエピソードはファンにとってはお馴染み。

劇場未公開作品を掘り起こせ!

今回紹介した劇場未公開作品はほんの一握りにすぎません。この世にはまだまだ闇の中に埋もれた作品が数多く存在するのです。

この記事で少しでも多くの方々に劇場未公開作品への興味を持って頂けたならば幸いです。

劇場未公開作品よ光あれ!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 林檎
    3.5
    観始めてびっくり。悲しい結末を辿る妹役としてブルック・シールズが出てる!幼い( ; ; )♡姉役のアリスは、妹への嫉妬や親からの愛を上手く受け取れずに歪んでいく。 アリスのヒステリーは、この母親の性格の遺伝もあるだろうなと思う。 終盤まで、あの時代にこの内容は道徳的に大丈夫なの?笑、と思いながら観てましたが、後半大どんでん返しあり。 大胆に攻めた犯行シーン。血飛沫多い!真っ黄色のレインコートに、お面onお面がトラウマ!
  • YOK
    4
    【ほんのりネタバレあります】 つけた瞬間からスリラーみ溢れてた。 ちょっと不気味な映画って少し古くて映像が綺麗すぎない方が怖さが増す気がする。 ヒロインの子の風貌から、不思議の国のアリスをモチーフにしたサイコミステリーかな?と思ったんだけど、全く違った。不思議の国のアリスは一瞬も関係ない。 ヒロインのアリスには妹がいて、どうも母親が妹を可愛がり気味なことにアリスが腹を立てている感じ。妹ちゃんは序盤で殺されちゃってすぐ出てこなくなっちゃうんだけど、短い時間で甘ったれちゃんな性格がうかがえるので、子役ちゃんの演技力すげぇやってなる。 ヒロインのアリスは年齢的にも反抗期に入りかけたところで、妹ばっかり可愛がって見える母親にイラついてるし、おばさんも自分に冷たいし、離婚してて父親はおらんし、母親の恋人(?)の神父も妹にはロザリオあげるのに自分には何もなしと来たもんだ。そりゃグレる、 どういう経緯でグレたかは知らんけどアリスは元から問題行動が多かったみたいで、妹の件が起きた途端あっちからこっちから疑いの目を向けられてしまうし、明らかに怪しげな描写も多くて観ているこっちも疑ってかかるよう、うまく製作者側に誘導されてしまう。 なんたってアリスが大人に対して鋭い刃のごとく反抗的なもんだから、母親も参っちゃってるし、警察や神父も怪しい目で見ちゃってるのでまさに四面楚歌。母親に横柄な態度を取りながらも、いざとなると行かないで!って泣くところとか、不覚にも涙腺に来た。 事件が起きる度に黄色いレインコートに不気味なお面を被った犯人が出てくるわけだけど、これがなかなかに不気味。黄色いレインコートとと言ったら「IT」のジョージを思い出す私でしたが、これからはこの映画も思い出しそうな予感。 犯人わかった瞬間、「誰だっけこの人…」ってなってしまって衝撃が減ってしまった。まぁすぐに分かったんだけども、この人の言葉の中に「アリス・スウィート・アリス」になる前の元々の原題があったことに、ほぅ、ってなった。ただし専門用語度から意味は分からんかった。(IQ3) 結局のところハチャメチャ迷惑な愛憎劇というか、まあそんな感じだった。ラストカットのアリスの虚ろな表情にゾッとしたし、これで解決!お疲れ様!って感じの終わり方でなくあと引く感じも良かった。 個人的には好きなタイプの映画だった!
  • 悪魔の棲むYeah
    -
    猟奇風味で、不気味な犯人当て映画なら、他にもっと面白いのがある。サスペリア2とか。 だけどもこっちが少し独特なのは、殺人犯の正体を後半の早い段階で明かして、共感と言ったら違うかも知れないけど、観ているこちらに、犯人の心理を少しは分かってもらいたい、みたいな作り方にしてるところ。 それとも単に、ミステリを作ることに飽きただけかも知れないけど。
  • おりたろう
    3
    雰囲気は好みです 中身は微妙(笑)
  • y
    3.9
    ヤンシュヴァンクマイエル的な"アリス"かと勝手に思って観始めたら全く違うアリスです笑 1回目ビビり倒してて誰が誰かさえまともに追えず、余韻覚める暇もない内に全部を知ってから観た2回目それはそれは怖過ぎた。いやーうまく出来(過ぎ)てて面白い。2回観賞をおすすめします
アリス・スウィート・アリス
のレビュー(893件)