国民的アイドルグループが体制側へ下った理由と『殺されたミンジュ』

Why So Serious ?

侍功夫

某国民的アイドルグループをめぐる騒動は、事務所による制裁を恐れたメンバーらが詫びを入れることで契約の続行が決まった形で終結しました。

5人いるメンバーの内、4人が独立を決めたのにも関わらず、制裁措置を恐れた一人が残留したことで、最終的に4人が折れたという様子から、メンバー間には何故か民主主義的な考え方は無く、苦しくても、冷遇されても、世話になったスタッフを裏切ってでも独裁的な事務所への「隷属」「現状維持」「体制支持」を選択しているようにも見えます。

彼らは何故、そのような決断を下したのでしょうか?

『殺されたミンジュ』

映画を作れば必ず問題作になる鬼才キム・ギドク監督の最新作殺されたミンジュが1月16日より公開されています。

殺されたミンジュ

(c) 2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

まだ幼さが残る女子高校生“ミンジュ”が数人の男たちにより殺されます。その1年後、謎の集団「シャドウズ」により、ミンジュ殺害に関わった者たちが一人づつ拉致され、拷問にかけられ、事件の供述書を書かされていくのです。

映画は「シャドウズ」メンバー達の生活と、徐々に綻んでいく彼らの計画を描いていきます。

7人の「シャドウズ」

Mnjsub2

(c) 2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

「シャドウズ」7人のメンバーは、それぞれ社会的に“底辺”とされる生活をしています。アメリカの大学を卒業したものの就職先も無くくすぶっている青年、家族の病気のためにサラ金からお金を借りてしまった男、暴力的で独占欲の強い男に支配されている女、などなどです。

しかし、彼らはそうなってしまった一方で、その境遇を受け入れてもいます。高学歴の男はそのプライドから就職活動へ踏み出せません。借金男はマトモに働いていたらキリが無いと思ったのか、よりにもよって宝くじに有り金をはたいてしまいます。ヒモ女は暴力に耐えてさえいれば甘い言葉をかけてくれ、その上お金もジャブジャブくれるのでDV男に依存しています。

しかし、不満は抱えています。その不満をミンジュ殺害犯へ向けているのです。

「シャドウズ」を苛む者

mnjsub3

(c) 2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

ミンジュ殺害の実行犯で最初に拷問にかけられ供述書を書いた男と、シャドウズのメンバーたちを苦しめる、それぞれの人物は同じ俳優が演じています。通常の映画であれば「実は同一人物だった」といった物語的な理由がつけられますが、キム・ギドク監督作品だという前提で考えれば「それぞれ、彼らを苦しめる同じ理由」を記号的に象徴していると捉えるべきでしょう。

最初に供述書を書いた男は拉致される直前のデート中、恋人に仕事のことを聞かれ「上司に言われたことをただただ実行するのみだ」と嘯きます。変化を恐れ、上司に目を付けられることを避け、唯々諾々と言われるがママに行動していく男は不満があっても受け入れる、つまりは「シャドウズ」メンバーと同様に「弱さ」故、少女殺害に及んだのです。

殺された少女“ミンジュ”とは?

mnjmain1

(c) 2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

「シャドウズ」リーダーは、自らの境遇に不満を持つ者たちを集め、ミンジュを殺した奴らを一人づつ拷問にかけます。その手口は回を重ねるごとに残酷になり、他のメンバーたちは次第に恐れをなしていき、遂に謀反まで起こします。

映画冒頭で殺される少女の名前「ミンジュ」は「民主」をハングル読みしたものです。つまり本作の冒頭では「民主主義の死」が象徴的に描かれています。

映画文脈でこの記号を読み解くとすれば、「民主主義を踏みにじり圧政を強いた政治上層部にたてついて犯行を認めさせようとしたら、その圧政に苦しんでいるハズの国民が弱さ故にそれを止める」という物語になるでしょう。

現状維持を望んでも自体は悪化する

『殺されたミンジュ』は賄賂が横行する韓国の政治/社会に着想を得たそうですが、普遍的な社会構造としても捉えることが出来る様に作られています。

実際、今の日本の政治状況を見ても、年金をガンガン溶かし、派遣法を改悪し、富める者をより繁栄させ、今まで確固として守っていた不戦の誓いをかなぐり捨てている政権与党が選挙で勝利を収めてしまっています。

本項冒頭で例に挙げた某国民的アイドルグループにしても同じです。体制が悪いと解っていても変革する勇気を持たず、現状維持にすがり、結果として現状すら改悪させていくのです。

それらを踏まえれば、『殺されたミンジュ』ラスト近く「シャドウズ」リーダーの独白は、さらに重く、深く、辛く、私たちにも迫ってきます。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 映画狂人
    -
    やはり2010年代のギドクは『悲夢(2008)』での撮影事故のトラウマや私生活の不安定さが作風に如実に表れてしまっている。 彼のフィルモグラフィーを回顧すると『STOP』ほど酷くはないにしても、残念ながら本作も失敗作と言わざるを得ない。 先ずキム・ヨンミンが1人8役を演じているのだが一体なぜ? そんな奇を衒う必然性をまるで感じない。 「人は皆、役割を演じているだけ」という隠喩のつもりかも知れないが髪型や服装を少し変えただけで根幹となる演技部分は殆ど同じ、これでは無意味に観客の混乱を招くだけ。 斯様に登場人物は多いがどのキャラクターも深掘りせず中途半端に投げっ放し、どうにもとっ散らかった印象しか残らない。 そしてもう一つ大きな問題がギドク×ドンソクの食い合わせの悪さ、癖の強いギドクの世界観にドンソクの巨体は似つかわしくない。 ギドク組常連のチョ・ジェヒョンだったらもう少し違和感なく馴染んでいたはず。 余談だが『パラサイト』の娘役パク・ソダムが端役で出演していたのは嬉しい発見だった。 何にせよギドクファンは勿論ファン以外の人にも薦め難い、ギドクには他にも素晴らしい作品が沢山あるので素直にそちらを観ましょう。
  • hi1oaki
    3.5
    なにげに『パラサイト 半地下の家族』でソン・ガンホの娘役やってるパク・ソダムが出てた! 先日ラトビアでコロナウイルス感染症で死去したキム・ギドク監督作。作風も私生活…というか仕事の仕方も暴力的な人。 キム・ヨンミンが8役演じる(なぜ?)ことによる、観る側の混乱。さらにはマ・ドンソクのコスプレ七変化…等、ヘンな映画だ。 そもそも主役は誰で、誰が何に怒っているのかを明確にしない作りで、マ・ドンソク演じる名もなき男が聖人なのか狂人なのかの境界も危うい。 同じことの繰り返しのようで、徐々に歪んでいく様にクラクラさせられる。 ただやはり群像劇としては、ほとんどのキャラクターを途中で投げ出してしまっているのが残念。
  • かわいいコックさん
    -
    笑われるの覚悟で書くけど、途中まで「私は人の顔もわからなくなってしまった」と不安な気持ちで観ました😓 マ・ドンソク目当てという、邪な心で見始めたからいけなかったのかなあ… あらすじにある通り、一人の女子高生が殺される所から始まります。その殺人に関わった人たちが拉致され、詳細を書くように迫られます。 女子高生を殺した犯人は誰なのか、目的は?そういう話なのかなーと思ってたら、違いました~。 あらすじから犯人捜しはするとわかってたんですけど、理由を求める人はすっきりしないので、観ない方がいいと思います。 パク・ソダムがちょっとだけ出ていてうれしかった。 キム・ヨンミンが何役も演じているので、ちょっと混乱。 道理で似た顔の人ばかりと思いましたよ。 彼に何役もやらせた意図は、今はわからないけど、そのうち気がつくかもしれない。 問題を抱えたいろいろな人たちが出てくるのを見て、生きるのに難儀する人と楽勝な人との差は何だろうかと考えさせられた。 答えは見つからなかったけど。 楽勝に見えるだけで、楽勝じゃないかもしれないし。 半地下の家族の背景が好きな人は、受け入れやすい作品だと思いました。
  • masa
    3.2
    男たちに殺された女子高生ミンジュ 謎の集団が容疑者を一人ずつ捕まえ拷問していく 格差社会 キム・ヨンミンが8役を演じている
  • netfilms
    3.2
     夕闇の中、少女は怪しい男の付いて来る気配を感じ取り、足早に歩くがその気配は徐々に大きくなる。路地裏に入り込んだところで彼らの足音は更に大きくなり、少女は小走りに走り去るが男たちに囲まれ、生け捕られる。5月9日、女子高生ミンジュは男たちに無残に殺された。その事件は犯人が見つからないまま風化していくかに見えた。ある日、レストランで彼女と仲良く談笑し、帰路に着くかに見えた男(キム・ヨンミン)は怪しい集団に車内から突然拉致される。頭陀袋を頭に被らされながら、怪しい地下道に連れていかれた男は、そこで謎の集団のリーダー(マ・ドンソク)の尋問を受ける。今作のジャンルはサイコ・サスペンスだろうが、ここには名刑事や名探偵の類の人物は一人も登場しない。謎の集団がいったい何の目的で自分を拉致したのか男は訝るが、「5月9日にしたことを全て書き記せ」と言われ、拷問を受けたことでようやく腹を括ることになる。男は彼女から自分の仕事に信念を持てと常々言われていた。信念がなければ、一生誰かに使われて終わるのだと。  謎の集団は登場時のみ、ややファニーな感情を抱かせたが、徐々に彼らの背景が明らかになることで単なる烏合の衆だとわかる。集団はリーダーの命令で、女子高生ミンジュ殺害の犯人たちを一人一人拉致して行くのだが、彼らの答えは決まって上からの指示に従ったのだと嘯く。そこで責任の所在は明らかにされなければ、少女がなぜ殺されねばならなかったのもわからない。『アリラン』で映画界に華麗に復帰してからのキム・ギドク作品は「復讐」が大きなテーマとなるが、ここでの復讐は決して胸のすくものではない。集団は同じ制服を着た夜だけ規律を守るが、昼間の彼らは各々が様々な日常の抑圧に苛まれている。大学に行かせてくれた兄からの抑圧、同棲するDV男からの抑圧、彼女にセクハラする上司からの抑圧。リーダーだけが持つ実弾入り銃はおもちゃの銃の出番を待って、ようやく火を噴く。拷問された容疑者は欺瞞に満ちた怪しい集団の動きを途中から最後までじっと見ている。上からの命令を黙って聞くような軍人たちの恥さらしな感情を暴き立てながら、不安定なままの男は石の上に腰掛ける。キム・ギドクの不条理劇の最期はいつも呆気ないものとなる。
殺されたミンジュ
のレビュー(1409件)