涙が止まらない衝撃作品『ルーム』の基になった信じられないような凶悪監禁事件とは?

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

第88回アカデミー賞で見事ブリー・ラーソンが主演女優賞に輝いた超話題作の『ルーム』。今年の春公開の映画で一番の注目作品であることは間違いありません!

ルーム

そのあまりの衝撃的な内容に”これって実話ではないよね?むしろ、実話ではあって欲しくない!” と誰もが思うでしょう。

しかし、原作であるベストセラー小説『部屋』の筆者であり、映画の脚本も担当したエマ・ドナヒューは残念ながらオーストリアで実際に起きた凶悪監禁事件を基にこの本を書いたとインタビューで語っています。

そこで、今回は4月8日に公開の『ルーム』のあらすじと、基となった凶悪事件についてご紹介していきます。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

7年間もの監禁生活

room1

最低限の設備だけが用意された小さな部屋で暮らすジョイと息子ジャック。彼女は7年前の17歳のときに監禁され、それから一度もこの部屋から出たことがないのです。ジョイを誘拐した男は夜になると食料を持って部屋にやってきますが、もちろん目的はそれだけではありません。そんな絶望的な状況の中でもジョイは生きる気力を失わずに耐えてきました。

その唯一の理由は、5歳になる息子ジャックの存在です。母親だけがこの世界の住人であり、外の世界は存在しないと教えられ育ったジャック。大きくなったからと、自分はどこから来たのか、TVに出てくる人たちは外の世界で生きていることなど、今までジャックに隠してきたことを話し、息子だけでも外の世界で自由に生きさせるために大きな決心をすることになります。

外の世界で待ち受けていた現実

room2

映画の前半はとにかく息が詰まるほどの苦しい状況がこれでもかとスクリーンに映し出されます。こんなに見ていて苦しい映画があっただろうかと思えるほど。

一転、後半は外の世界が描かれるのですがジャックが初めて見る空の美しい色がとても印象的。どんよりした灰色一色だった彼の世界は、大きく変わることとなるのです。

しかし、あの部屋しか知らず生きてきたジャックとは違い、7年もの失われた時間を痛感することとなるジョイにとって、その現実はあまりにも過酷でした。日に日に新しい生活に慣れている息子を目の前にし、一人その辛さに耐えることになります。

ジャックが大きくなった時、彼の父親についてどう話せばいいのか?心を病んでいる母親のもとにジャックは残しておいていいのか?これからこの親子が立ち向かうであろう数々の問題を想像するだけで苦しくなります。

オーストリアで起きた信じられないような監禁事件とは

『ルーム』そのものは、フィクションではありますが、原作と映画の脚本を担当したエマ・ドナヒューによると、オーストリアで起きた「フリッツル事件」のショッキングなニュースがこの作品の執筆に影響を与えたと答えています。

その恐ろしい事件とは、実の父親に24年もの間、自宅の地下室に閉じ込められていたと42歳のエリーザベト・フリッツルがオーストリアの警察に訴えたことで2008年に発覚したもの。

その間、7人もの子供を出産し、そのうちの3人は失踪したエリーザベトが置いていった子供として、ヨーゼフと妻に育てられていました。カルト宗教に入ったと信じ込んでいた妻は、まさか娘が地下室に監禁されており、養子として迎えた子たちが娘と夫の子供であるとは知らなかったそうです。

エリーザベトの長女が腎不全のため病院を訪れた際に、病院のスタッフが不審に思い通報したことで警察が捜査に動き出し、24年もの監禁生活から開放されることとなったのです。

この時に、地下室で保護されたエリーザベトの息子フェリックスの年が5歳だったことも『ルーム』に影響を与えています。

息子を演じたジェイコブ・トレンブレイが天才すぎる!

小さな部屋で母親とTVしか知らずに育った息子ジャックを完璧に演じたジェイコブ・トレンブレイ君の演技には誰もが涙を流すことでしょう!アカデミー賞にノミネートされなかったのが不思議でたまりません。

ブリー・ラーソンとは大好きなスター・ウォーズの話題で打ち解けたそうです。親友だと言い合う仲良しの二人。とってもかわいいです!

過酷な運命にも負けず、ひたすら前を見続けた力強い親子の感動作品『ルーム』は4月8日公開です。劇場に足を運ぶ際にはハンカチを忘れないで下さいね!

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

※2020年5月13日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • バーリー
    3.7
    子役のおかげで映画成り立ってる
  • 猫を愛すルンバ
    3
    デカイ犬散歩のお兄さんと、聞き取りしてくれた警察のおねえさんが有能で助かった🐕‍🦺ジャックの演技がすごい。サスペンスというよりは、社会派だった。
  • おたしん
    4.5
    衝撃的だった。 いつの間にか終わってると感じたほど時間が早く経ってた。 完全に引き込まれてしまいました。 冒頭の生活シーン。 一見どこにでもいる仲の良さそうな親子。 でも息子の髪の長さや風呂とトイレが剥き出しの暗い部屋に違和感を覚える。 この空間で生きているのかと。 勝手に母親が狂気的な愛で監禁しているのかと思ってました。 ジャックに真実を話した時は驚いた。 母親も監禁されているのか。 実際の事件を元にしているのも衝撃。 17歳で監禁され子供もそこで産ませられたなんて。 序盤で楽しそうな親子だと思ったことを忘れるぐらいどんどん窮屈に感じていく。 自由と時間を奪うのは大罪でしかない。 サイコパス男をどうにか出し抜いて脱出しないといけないんだからどんな手も使うよな。 ジャックが可哀想に見えるのと同時にやっと外に出られるんだよという希望。 彼にとって全てが初体験でどれほど不安と恐怖があったのかは想像できない。 それでも視界に入りきらない空を見た時の表情はすごく印象的だった。 キャッチコピーにもある「はじめまして、世界」を体現しているのかようだった。 ちゃんと助けを求められるか心配でずっと手を握り締めてました。 ジョイも脱出することができ無事2人とも自由な生活を取り戻すことができる。 でもここまでの息を飲むような監禁サスペンスがメインではないと思った。 前半部分でも映画1つ見たような気持ちだったけどそこからがまた考えさせられた。 2人の新しい生活。 家族との再会やジャックにとっての多すぎる"初めて"にも感動した。 それなのに何だかスッキリしきれない。 ジョイが「幸せなはずなのに」と言ってたように。 どんな幸せが訪れても喜びは一瞬なのか。 壮絶な経験をした親子をあれほど騒ぎ立てる近隣住民やマスコミも一瞬なのか。 人間の慣れも欲深さも怖い。 ジョイは落ち着いた暮らしに戻ったように見えたけど7年間監禁されていたらすぐに元通りになれなくても無理はない。 それでも大事に愛情を注いでたジャックに怒ったり側にいて欲しくないような言動は悲しかった。 監禁事件が無かったとして本当に大切に育てられていたのかとすら疑ってしまった。 心の傷は周りが思うより深いか。 全てが初めてで状況を飲み込むことに必死なジャックより時間が必要なのはジョイだったかもしれない。 一方でコミュニケーションを取ることが出来てきたり友達も作れたりと難なく成長していくジャック。 お婆ちゃんとの間に家族愛が生まれたときは泣けた。 まだまだ子供なのに大人みたいに頼もしく見えちゃったりする。 そんなジャックにとってあの部屋は何だったんだろう。 恋しがっていたし戻りたいとすら思っていた。 大好きな母親がずっと一緒にいてくれて愛情を感じれる居場所だったのかな。 見ている側からは監禁場所にすぎない部屋も彼にとっては思い出の詰まった空間だったのかな。 これはジャックにしか分からない思いがあるだろう。 それを踏まえたラスト。 一緒に過ごした家具たちに別れを告げるシーンは何故か寂しかった。 改めて狭すぎるところに閉じ込められてたんだなと感じた。 ジョイが"bye room"と呟いたときに彼女が前に進めた気がした。 トラウマを乗り越えたような。 初めて外に出て飛び出す勇気。 魔法の力がある髪を切る決断。 そしてラストシーンは3回目のジャックがジョイを助けた瞬間だと思いました。 監禁されているストーリーってのは知ってたけど思ってるのと違ってビックリ。 『ブリグズリーベア』と似てるけどあれほどポップな感じはしない。 実際の事件がベースだからかな。 愛のある監禁とそうでない監禁の差だろうか。 とにかく忘れられない映画になりました。 もうジェイコブ君の演技がエグい。 他の出演作品もいくつか見てるからすごいとは思ってたけどこの年齢のときから名演技ができちゃってたのね。 不安や恐怖の表情や目つきとか別世界に来たかのような感じ。 特に長い髪を触る仕草が自然すぎて。 こりゃ確かに天才子役って言われるわ。 お見事でした。 てかめちゃくちゃ幼い子供だったのに最近見た『グッドボーイズ』では下ネタ言いまくるほどに成長してたんですけど。 5年であんなに大きくなるもんですか。 これからも期待ですね。 あとジェイコブ君に目が行きがちだけどブリーラーソンの演技もすごかった。 監禁されてるときの怯え具合から解放された後のメンタルがやられてる若い女性。 愛情はあるものの母親としてまだ経験が浅い感じもあってよかった。
  • ギョメ
    4.6
    前半も後半も抜かりなくてすごいし、どんな劣悪なところでも故郷は故郷だから捨てるのに勇気いるのもわかるし、親戚同士がめっちゃ喧嘩してる時子供目線からしたら最悪なのもめっちゃわかる
  • なーる
    5
    これは名作。 家族っていいなって再認識させられる作品だと思う。 監禁生活ももちろん辛いけど、解放された後もつらい。周りからの視線とか、以前普通の生活をしてた時にはいなかった子供がいるっていうこと。 おばあちゃんと再婚相手の全部受け止めてくれる優しさはホントに温かい。男の子が[ばぁば大好き]って言った時が凄く泣けた。ちゃんと家族になっていってるんだなって。 でもホントのじぃじが孫と目を合わせられない気持ちもわかる。受け止められないのも無理ない。 最後はちゃんと男の子がお母さんをリードして普通の生活に戻っていこうとしてて良かった!
ルーム
のレビュー(96484件)