最新作『ヘイトフル・エイト』も必見!どうしても語りたいタランティーノ映画の魅力

健康優良不良少年

コロ助

先日(2016年2月27日)遂にクエンティン・タランティーノ監督の最新作『ヘイトフル・エイト』が公開されました! タランティーノが密室ミステリーと聞き耳を疑った方も多いと思います。

最新作の紹介の前に、僭越ながらタランティーノ映画の魅力を簡単にまとめさせて頂きました。「タランティーノ映画はグロイから見たことがない」「一度見たことあるけど退屈だった」という人に少しでも彼の映画の魅力が伝われば幸いです。

ヘイトフル・エイト

(C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

グロが苦手な人にこそ見て欲しい!タランティーノ映画の魅力!

タランティーノ映画の特徴と言えば先ず挙げられるのが過激な暴力シーン! 串刺し! 切断! 大量の血しぶき! ヒャッハー!! 最高だぜタランティーノ! ……冒頭から取り乱してしまいました…申し訳ありません。

「私ちょっとグロいのは…」というそこのあなた。確かに彼の作品には殺人、犯罪が絡み頻繁に死闘が繰り広げられます。腕が吹っ飛んだり足が吹っ飛んだり首が吹っ飛んだりします。しかし、普段暴力的な映画が駄目でもタランティーノ作品は楽しめる! という人が多くいるのです!

その理由についてタランティーノ監督はこう述べています。

ただのグロテスクな作品は苦いコーヒー、自身の作品は1さじの砂糖が入ったコーヒー。苦くてとても飲めないコーヒーも砂糖が入ってると甘いから飲めてしまう。

ここで言う砂糖とはなんでしょうか?それは「ユーモア」です!

彼の作品には全て「ユーモア」が含まれています。唐突に起きる殺戮シーンは一見残酷ですがスタイリッシュで思わず口角が上がってしまいます。他にもふざけ過ぎだろと突っ込みたくなる過激なアクションや、ありえない量の血しぶき等、爽快で笑える演出満載です!!

無駄話が最高にクール!

ここで少し気になり始めたあなたに注意事項。もう1つのタランティーノ映画の特徴、それは登場人物は総じて口が悪い! という点です。劇場では差別用語から下品なワードが次々に飛び交います。最高ですね。

そんな彼等が椅子に腰かけ、真剣にバカ話をするシーンはタランティーノ映画の醍醐味と言っても過言ではありません! 2007年に公開された『デスプルーフ in グラインドハウス』ではそれが顕著に現れ、正直途中でコーヒーを煎れに行っても問題ないと思います。

個性的なキャラクター達が織り成す会話劇は最高にクール! どの作品でもストーリーとは概ね関係の無い無駄話が続くのです。会話というものは映画の本筋に関わることが多いため、それに慣れている人には彼等の無駄話は退屈に感じてしまうかもしれません。

しかし、家族や友人との会話のように肩の力を抜いて耳傾けてみましょう。「俺はチップを払いたくない」、「覆面の覗き穴が小さ過ぎて前が見えねぇ」…etc。そうすればきっと本筋と関係ないからこそ溢れるリアルと臨場感を味わうことが出来ると思います。タランティーノ映画の魅力は会話なのです。口が悪いからこそ生み出されるブラック&ユーモアを楽しみましょう!!

最新作『ヘイトフル・エイト』の魅力に迫る!

物語の舞台は雪山のロッジです。猛吹雪で足止めを喰らう賞金稼ぎ、お尋ね者、保安官、カウボーイ等ワケありの8人。個性豊かなキャラクターたちがお互い腹を探り合う奇妙な会話劇が始まります。閉ざされた密室でぶつかり合う嘘と嘘。全員曲者で全員嘘つき。突炸裂するタランティーノ節! 密室ミステリーの名を被ったユーモアとバイオレンスに溢れた作品です!

冒頭から流れる重低音のメロディーは不気味ながら心地良く耳に残ります。お洒落ですね。アカデミー賞作曲賞受賞も頷けます。

タランティーノ映画御用達のサミュエル・Lジャクソンからカート・ラッセル、ティム・ロス、ウォルトン・ゴギンズといった過去の作品にも参加した豪華俳優陣の顔ぶれとなっております。

2014年には本作『ヘイトフル・エイト』の脚本がネットに流出してしまい制作を白紙に戻すといった事件に見舞われ公開が危ぶまれるという事態に。しかし、監督は多くのファンの要望に応え脚本を書き直し映画の完成を実現させました。

騙されたと思って一度見てみよう!

この記事を読んで彼の作品に興味を持っていただける方がいれば幸いです。物は試し。このご時世レンタルDVDスーパー安いですからね。どんどん借りましょう。

今回の作品『ヘイトフル・エイト』も上記にて御紹介致しました爽快で笑える演出、ブラック&ユーモアな会話満載です。不思議と笑えてしまう痛々しいシーンやニ〇ガーを連発する罵り合い。相変わらずのやり過ぎ、ふざけ過ぎ演出は健在! 

タランティーノファンは勿論、彼の作品が初めてという方もぜひ劇場へ足をお運び下さい!

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年4月24日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 百年密室
    3.2
    人が死にすぎ!! ストーリー展開遅いしミステリーとしては浅いけどタランティーノ特有の無駄話を楽しめれば長く感じないかも。 後半のぶっぱなしをを見るために耐えた。
  • 東京マクラ
    3.8
    タランティーノ作品の最後で描かれる「こんな死に方は嫌だ」の大喜利が見たくて彼の映画を鑑賞している自分がいます。 ストーリーの序盤は登場人物がどんどん増えていくので、どういう展開になるんだろうというわくわく感と、キャラクターや関係性を覚えるので必死に食らいついていました。 中盤で登場人物たちが外部と遮断された1つの密室に集められ、ミステリー小説でよくある密室ものか!とテンションがあがりました。 しかし、そこはタランティーノ作品ということで、ただのミステリー映画ではありません。終盤では謎解き要素はほどほどに、血×血×血のオンパレード。監督の性癖全開の展開で最高でした。
  • 中粒納豆
    3.6
    タランティーノ監督、鑑賞6作目。西部劇に賞金稼ぎのジャンゴがミックスしたような、相変わらず血まみれ多しの作品。監督ならではのくだらない会話の連続、ってのはあまりなかったかな。お馴染みのキャスト陣が見れて嬉しかった。 雪の中全裸で…の衝撃!デイジー役のジェニファー・ジェイソン・リーの怪演がとにかく凄かった。アカデミー助演女優賞ノミネートも納得。
  • つかれぐま
    -
    【雪山小屋の八悪人】 70mmワイドでありながら、ほとんどは山小屋の室内劇という変なスケール感。なるほど狭い山小屋を広大な北米大陸に見立てる「小さいようで大きな」、同時に「大きいようで小さな」話かな。 人種間の無益な、プチ南北戦争。 その前には先住民族の大量虐殺。 正義を買収する拝金主義の横行。 そんなアメリカの負の歴史を、ほとんど舞台劇の装置設定に凝縮して見せてしまう(伏線回収が微妙に雑なところも含めて)タランティーノの力技。 ヘイトを越えて、なけなしの「正義」が絶対悪の前で団結する。でもそれだって(悪に対する)ヘイトという意味には変わらないんじゃないか?という後味の悪さ(そこが良いのだが)。それをほんの少しだけ救ってくれるのがフィクションの力。フィクションが人の御命すら左右するというタランティーノの一貫したテーマがここでも味わえる。 登場人物の誰を「一番許せない」かで、観た人それぞれの正義感が分かれそう。自分は劇中で最初に殺されるアイツ。
  • thot
    3.8
    難しくて長い すごい映画なんだろうけどね
ヘイトフル・エイト
のレビュー(44124件)