私が好きなアモーレなカップルたち―往年のハリウッド・スター編―

代官山蔦屋書店 シネマ・コンシェルジュ

吉川明利

こんにちは!代官山蔦屋書店でシネマ・コンシェルジュをしております、映像パッケージ業界33年目の映画オヤジ・吉川明利です。

サッカー日本代表でインテル・ミラノに所属する長友佑都選手が交際宣言した際に「僕のアモーレです」(イタリア語で『愛する人)と称したことは記憶に新しいと思います。映画史の中でも、共演した相手と生まれたカップルがたくさんいます。

誰もが羨む美男美女のカップルから、不倫から生まれたカップルなど、様々な形がありました。今回、映画史の中で永遠に語り継がれる”アモーレ”カップル、特に私が好きなハリウッドスターやワールド・スター同士のカップルに焦点を当て、ご紹介させていただきます。

長くは続かなかった幸せな結婚生活「クラーク・ゲイブル&キャロル・ロンバード」

生きるべきか死ぬべきか

風と共に去りぬ』のレット・バトラー役で知られるクラーク・ゲイブルには、ちょうど同作が封切られた1939年に結婚したキャロル・ロンバードという愛妻がいました。キャロルはパラマウント映画のトップスターで、1934年のコメディ映画の傑作『特急二十世紀』が代表作、最もギャラの高いスターの1人でした。

実は大手映画製作会社のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)に所属していたゲーブルの方が、この時点ではキャロルよりも格下でした。コロンビア映画に貸し出されて(トップクラスの俳優は他社への貸し出しはほぼない!)出演した『或る夜の出来事』でオスカーを獲得し、なんとか釣り合いが取れていました。

しかし、幸せな結婚生活は長く続きませんでした。戦意高揚のための軍事慰問へ行く途中の飛行機事故でキャロルは亡くなりました。彼女の最後の作品は1942年のエルンスト・ルビッチの傑作コメディ『生きるべきか死ぬべきか』。封切られた時にはすでにキャロルは天国に行ってしまいました・・・。

25歳の年の差カップル!「ハンフリー・ボガート&ローレン・バコール」

29413_I

1944年の『脱出』での共演が二人の出会いでした。時にハンフリー・ボガート45歳、ローレン・バコール20歳という年齢差もお構いなしに1945年に結婚。ボガートにとっては4回目の結婚でようやく理想の妻とめぐり逢いました。

二人の共演作は『三つ数えろ』『潜行者』『キー・ラーゴ』と計4作品。ボガートの代表作といえば『カサブランカ』ですが、『脱出』や『キー・ラーゴ』は夫婦共演ということで配役がしっくりきている印象を受けます。20歳とは思えないバコールの色っぽさに見とれること間違いありません。

この夫婦は1950年代のハリウッドを襲った赤狩りの恐怖にも一貫してリベラルな立場をとった、と1984年に翻訳出版された自伝「私一人」で語られています。この自伝はハリウッドスターの数多い自伝本の中でトップクラスの読み応えです。

しかし、幸せな結婚生活も12年で終わりを告げます。ボガートを失ったバコールは32歳の若さで未亡人となりましたが、女優として活躍を続け、ブロードウェイで『イヴの総て』の舞台版「アプローズ」でトニー賞受賞、ミュージカル主演女優賞を受賞、と輝かしい経歴を築きました。

不倫関係のまま26年間!「スペンサー・トレイシー&キャサリン・ヘプバーン」

29413_I

女優のルイーズ・トレッドウェルと夫婦関係であったスペンサー・トレイシーは、オスカーを4回受賞した大女優キャサリン・ヘプバーンと26年の間、不倫関係を続けていました。敬虔なカトリックで障害を持つ子供とその子を育てる妻のため離婚はせず、スペンサーが亡くなるまで、公然の秘密として2人は関係を表に出すことはありませんでした。

最期を看取ったのはキャサリンでしたが、葬儀にも出席せず。今では考えられないことですが、そのことをスキャンダラスに取り上げられることはありませんでした。

こうして語るとキャサリン・ヘプバーンには一歩引いた大人しい女性のイメージを持つかもしれませんが、映画の中の彼女とはまったく違い、男勝りな自立した女性像でした。

9作もある二人の共演作。最後の共演は1967年の『招かれざる客』でした。今もアメリカが抱える黒人人種差別問題をホームドラマの形にして訴えた名作です。もし、自分の娘が突然結婚相手を連れてきて、その人が黒人だったら?そのとき彼女の両親はどうするのか?という映画で、スペンサーとキャサリンが父と母を演じています。

他にも、初共演作『女性No.1』も図抜けた面白さですのでこちらも是非ご鑑賞ください!

29413_I

美男美女カップル「ローレンス・オリヴィエ&ヴィヴィアン・リー」

風と共に去りぬ

二人ともイギリス人です。1939年『風と共に去りぬ』以前の二人の立場は簡単に言うと、シェイクスピア劇を演じられるイギリスが生んだ若き名優と、それと結婚した売れていない女優というものかもしれません。文芸映画『嵐が丘』に主演するため渡米してきたローレンス・オリヴィエは、ある日妻ヴィヴィアン・リーを連れ、まだ主演女優が決まっていなかった『風と共に去りぬ』の撮影現場を訪れます。

撮影は、先に女優のアップを撮らずにアトランタ炎上のスペクタクルシーンから進められていました。製作者デヴィッド・O・セルズニックはヒロイン・スカーレット・オハラ役を誰にするか決められないでいたのですが、オリヴィエが連れて来たヴィヴィアン・リーを見た瞬間に「スカーレットがいた!」と言ったという伝説があります。

これが仮に真実ではなかったとしても、もしオリヴィエと一緒にハリウッドに来なかったら、ヴィヴィアン・リーの『風と共に去りぬ』はなかったのですから、映画史が大きく変わっていたことになったのは事実だと思います。こうした伝説が残るほど、この二人は美男美女のカップルとしてのスケールがあったという証拠でしょう。

今回はPART1として往年のハリウッド・スターの”アモーレ”なカップルをご紹介しました。次回はフランスの大女優から、現在のハリウッドカップルまでピックアップしてご紹介します。お楽しみに!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あめりんご
    -
    正直なところそこまで響かなかったのだけど、スカーレットの強さは映画界一かもしれないなぁ。 欲望のままのスカーレットから強く生きてきたスカーレットに変わり、最後の最後になるまでバトラーを愛していたことに気づけられなかったけど、とても人生の縮図を見た気分だった。 こうやってすれ違って離婚する人って今でもたくさんいるだろうなって。 戦時中、スカーレット達がメラニーを連れてタロに向かう時の映像とか、え?この時代にCGは無いですよね?ってくらい爆発しててお金のかけようを感じたし、 何軒豪邸建てて何着ドレスを作られたのですか…と当時の映画制作の力の入りように圧巻されました。
  • だいすけ
    3.5
    過ぎ去っていく時代の中で、未来を確と見据える女性の物語。 4時間に迫る超大作で、大きく二つのパートに分かれている。前半は、いわばスカーレットの少女時代が中心で、苦労も知らず、意中の男性を追いかけていればいい気ままな時期だった。それが、南北戦争を契機に一転する。戦争のシークエンスは本作において極めて重要な位置を占めている。このシークエンスが、本作をリアリティに富んだ叙事詩的映画たらしめている。戦火で深紅に染まる空を背景にした影像は、残酷なことに息を呑むほど美しい。戦争で多くを失ったスカーレットが、「二度と家族にひもじい思いをさせない」と強い口調で述べるシーンは、直立する彼女を中心に据えた堂々たるシンメトリーの構図で、彼女の固い決意をうかがわせる。個人的には、ここまでの流れがこの映画のピーク。 後半においては、スカーレットはたくましさを身に付け、フェミニズムを強く印象づけるパートとなっている。彼女はほとほと苦手なタイプの女性像だ (ムカつくのにキスを待ち受ける顔は可愛いと思ってしまって悔しい)。女性の多くも意見を同じくすると踏んでいるが、もし女性にとって共感できる時点があるとすれば、後半レットと結婚するまでにおいてだろう。男性社会に屈せず自立を目指すキャリアウーマン、あるいは家族のために身を粉にする主婦は、いくらか共感できるかもしれない。それは、明らかにフェミニズムの視点が意識されているからだ。 高飛車でしたたかなスカーレット=ヴィヴィアン・リーと、気立てが良くしなやかなメラニー=オリヴィア・デ・ハヴィランドは、対比的に描かれている。メラニーはまるで聖母のような雰囲気を醸している。特に、失意のレットを慰める様はまさに聖母だ。しかし数奇にも、メラニーは不遇に見舞われる。対するスカーレットは、持ち前の強さで「明日という日がある」と言い切ってみせる。南北戦争によって、古き良き南部の文化は風と共に去った。同時に、従来の淑女的女性像に取って代わり、スカーレットのような強い女性の時代になったということだろうか。 何よりも、マックス・スタイナーによるテーマ曲が素晴らしい。
  • 秋津凡夫
    2.2
    人の情けを大地に帰して リアリティラインが効果的な面は前半に纏まっているから、後半はリズムを変えなければならない。 天と地のワルツ。
  • notdeadluna108
    5
    女神
  • Mao
    4
    名作ということは知っていたけど、手を出したことがなかった作品。 映像がとても綺麗で、光や影を使った奥行き感を想像させるカメラワークが好きです。 最初、スカーレットのわがまま、小悪魔ぶりにイライラしました。笑 でも戦況が悪化してくるにつれ、恐怖に苛まれる人たち。わがままばっかりだったスカーレットの強気な性格が、そんな人たちの不安を一掃してくれるようで観てて安心感を覚えました。 今までチヤホヤされて育ってきたスカーレットが成長していくさまは良かったです。 スカーレット視点で物語が進行していくので、スカーレットの気持ちがとても分かりますし共感出来ました。 自分だったら、スカーレットのように逞しく生きられないな、、と思います。 バトラーはユーモアのある大人な男性で、スカーレットの釣れない態度にも余裕な感じでとても素敵でした。 ここぞという時に頼りになる人で、本当にカッコ良かったです。 戦争で大事な人が帰って来ないのを知るのは辛くて、戦争なんてなくなればいいのに、と思いました。 でも戦争によって傷ついた分だけ成長するものもあるのかな、とも思いました。皮肉ですが。 戦時中の残酷なシーンなのにも関わらず、温かで優しい曲がとても印象的。 そして色々考えさせられました。これが80年前の作品だと思えない。素晴らしかったです。
風と共に去りぬ
のレビュー(17252件)