恋人から来るメールは1日何回?死んでも届き続ける愛のことば『ある天文学者の恋文』

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

―その<謎>を解き明かしたとき、極上のミステリーは切ない愛の物語に生まれ変わる―

『ニュー・シネマ・パラダイス』、『鑑定士と顔のない依頼人』のジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作『ある天文学者の恋文』が、2016年9月22日(木・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショーされる。

ある天文学者の恋文

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

本作で描かれるのは、ひとつの「永遠の愛」のかたち

たとえ直接会えなくても、今はE-mail、Skype、LINEと、想い人に気持ちを伝える方法はたくさんある。そこに「純粋な愛」があるならば、文字でも、映像でも、そのことばは永遠に相手を優しく包むのではないだろうか。

会いたい。会えない。でも、この気持ちをあなたに届けたい。

輝く星のきらめきのように、あなたの歩く道をそっと照らす、美しくも儚い愛の物語をぜひ劇場でご堪能いただきたい。

緻密なミステリーに誘われる、崇高な、純粋な、愛の物語

「世界に配信された、天文学者の訃報。だが、恋人のもとには彼からのメッセージが届き続ける」

著名な天文学者エドとその教え子エイミーは、皆には秘密の恋を謳歌していた。メールや手紙、ビデオメッセージと、遠く離れた地にいる彼から届くことばの数々にやすらぎを覚えるエイミー。

chat

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

しかし、そんな彼女の元に突然のエドの訃報が舞い込む。手紙やメールは依然として、その瞬間も、その後も、まるで彼がそばで見ているかのように、彼女の生活や気持ちに応えたことばが時を置かずに届くというのに……。

なぜエドの死後もメッセージは届くのか?それはいつまで続くのか?今この瞬間の、二人の関係は何なのか?

エドの遺した謎を解き明かそうと、エイミーは彼の軌跡を辿りはじめる―。

ed dead

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

喜び、哀しみ、瞳で語らう俳優たち

オルガ・キュリレンコ (エイミー・ライアン)

orga

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

1979年、ウクライナ生まれ。モデル。女優。映画デビュー作『薬指の標本』(04)に出演し、その後『007/慰めの報酬』(08)でボンドガールに大抜擢。さらに巨匠テレンス・マリック監督の『トゥ・ザ・ワンダー』(12)でメディアからも高く評価され、6ヶ国語+アクションをこなせる女優として今後がますます期待される。

本作では、PC画面に映る想い人を相手に、こぼれおちる感情を一人芝居で繊細に演じている

007

トlう

ジェレミー・アイアンズ (エドワード・フィーラム教授)

ed main

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

1948年、イギリス、ワイト島生まれ。英国を代表する演技派俳優。映画、舞台、TVと国際的に活躍。『運命の逆転』(90)アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞等の主演男優賞に輝く。2016年は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』他に出演。

逆転

ばっと

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

深い絆で結ばれたスタッフたち

ジュゼッペ・トルナトーレ (監督・脚本)

ニューシネマ

1956年、イタリア、シチリア州生まれ。短編ドキュメンタリー映画『荷馬車』(76)で監督デビュー。その後、監督・脚本を手掛けた『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ、アカデミー賞最優秀外国語映画賞を始め、数々の栄誉ある賞に輝き、全世界で大ヒットを記録する。

鑑定士

その後はイタリアの新鋭として、そして現在では世界的フィルムメーカーとしてその作品に注目がよせられている。その他の主な作品は、『海の上のピアニスト』(99)『マレーナ』(00)『シチリア!シチリア!』(09)『鑑定士と顔のない依頼人』(13)など。

エンニオ・モリコーネ (作曲)

1928年、イタリア、ローマ生まれ。映画音楽界の巨匠。セルジオ・レオーネ監督の『荒野の用心棒』(64)が大ヒットを記録し、本格的に映画音楽家として活躍し始める。その後、ハリウッドに進出し、数々のヒット作で作曲を担当する。

荒野の

ジュゼッペ・トルナトーレ監督とは『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)で初タッグを組み、叙情的な旋律と共に世界中にその名を知られる。これ以降、25年以上に渡ってトルナトーレ監督とのコラボレーションが続いている。

時の流れが生み出した、来訪者を優しく包み込むロケーション

「緑に包まれた小さな宝石」オルタ湖に浮かぶサン・ジュリオ島

ed sit

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

イタリア・ミラノの北、スイスとの国境地帯に広がる湖水地方のひとつ、オルタ湖に浮かぶサン・ジュリオ島。人口はおよそ1200人。オルタ湖は「イタリアの最も美しい村」の1つに認定されている。

街の中心にあるモッタ広場から丘を登ったところにあるサクロ・モンテの聖堂は、湖水地方に点在する他の8ヶ所のサクロ・モンテも含めて「ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ」として2003年にユネスコ世界遺産に登録された。

島

credit : Alessandro Vecchi via wikipedia

木々が生い茂る美しい自然と歴史ある建造物、礼拝堂や街並み、小道などが、エドとエイミーの「永遠の愛」を、幻想的であっても確かに存在するものとして豊かに演出している。

長年温めていた企画の実現。どんな障害も乗り越える力強い想いを描いた物語

天文学、死者からのメッセージ、登場人物達の隠された過去…。

ジュゼッペ・トルナトーレ監督はこれまでの過去作と同じく、細やかな心の揺れ動きをみせる人間たちのすがたを見守るように捉えることで、観客たちを感情溢れる、あっと言わせるラストシーンへと導く。

sub

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

オープニングの、エドとエイミーによる、体と体を求めて激しく口付けする音がしばらく耳に残るものの、その後の、お互いの瞳をPCの画面ごしに見つ合う姿にも、大切な人に向けた強い気持ちが伝わってくる。

「数十億年前に死してなお、地球に光を届ける星々のように、命尽きても、我々の愛は大切な人たちの行く先を照らし続けることができるのか?」

通信手段の発達により、空想でも、架空でもなく、ひとつの「永遠の愛」のかたちをトルナトーレ監督は現代に紡ぎだす。

大切な人と一緒に、ぜひ劇場まで足をお運びくださいませ。

(C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • eop421
    1
    ジェレミー・アイアンズが好きで手を出したが、気色悪い話しで観るのイヤになり途中でやめた…。
  • あや
    2.5
    不倫な時点で気持ち悪い 2人自分に酔ってるだけ 予告面白そうやからみたのになー
  • hachi
    3
    不倫、マナーのなってない行動、たしかに気になるところはいくつかあったけど、エドの送る言葉はどれも素敵だった。
  • 久七郎
    3
    ゾロ目444作目は、大好きなジェレミー・アイアンズ。 これは、ジェレミー・アイアンズの朗読を聴きたい人に最適な作品。 ジェレミー・アイアンズも大好きなんだよなぁ。 基本、ブリティッシュイングリッシュに弱い上に、ちょい狂気の片鱗を感じさせるところが堪らない。 しかし、この作品は……微妙。 自分の実の娘とほぼ同い年の女性と不倫して、その先にあるストーリーなわけなんだけれども、オトコのロマン全開すぎやしないだろうか。 しかも、娘(しかもジェレミー・アイアンズにどこか似てる女優さん)も、父の彼女という存在を最終的に受け入れる流れは、いくらなんでも無理筋すぎやしないだろうか。 ジェレミー・アイアンズだからありっちゃありなんだけど。 昔、「P.S.I love you」を観て号泣したんだよな。 あれは夫婦の話。 大切な人を失って、その後も動画を観れるものなのかな。 私は、去年亡くなった父の「若い頃の写真」は見れるけど、直近の写真はまだ、見ることを想像しただけで涙、涙でダメなんだよな。 しかも、スマホに連絡が来たり、いろいろな場所にタイムリーに手紙が届くって、見方を変えれば、ある種、現代ホラー。 スマホ恐怖症になっちゃいそうな設定。 ま、ストーリーはさて置き(さて置いていいの??)ジェレミー・アイアンズの端正な佇まいと、オルガ・キュリレンコの美しさも堪能。 ジェレミー・アイアンズのブリティッシュイングリッシュを聞いているだけで幸せ。 オルガ・キュリレンコは、今回、ヨーロッパあるあるのナチュラルな女性を演じていて、やっぱり美しい。 モデル出身だからかは分からないけれど、毎度毎度、潔く脱いでくれる女優さんよね。 潔すぎて本作も、ここでそのボーナスショットは要らないだろうよ、と2度ほど思ってしまった。 この作品は、ものすごくナチュラルに存在しそうに見せかけて、いやいや、それはないし!という破滅的な部分があるんだよな。 そのツッコミすらも飲み込ませるほどの風景美、そしてジェレミー・アイアンズ&オルガ・キュリレンコ。 ストーリーにのめり込めない割には、随所で泣く、不思議な魅力の作品だったなぁ。 ツギハギのパッチワークみたいなんだけれど、1つ1つのパーツのスペックが恐ろしく高い。 スペックというより、パンチ力かな。 コンテンポラリーダンスとか、スタントとか、彫刻とか、なんかいちいちパンチが効いてたんだよな。 これ、いるか?みたいなツッコミがどうやっても湧き出てくる。 パンチ力、強すぎ。 ジェレミー・アイアンズが出てるしな! 仕方がない。
  • Yoshi
    3.9
    鑑賞
ある天文学者の恋文
のレビュー(7014件)