映画『インフェルノ』公開記念スペシャルツアー!映画を感じる旅に出よう

映画の中には、日常生活では決して経験できない、世界が広がっていますよね。 上映終了の瞬間、楽しかった気分がイッキに現実に引き戻されて…なんて寂しい経験、誰もが一度はしているはず!

実際に映画の世界へ旅行に行けちゃうスペシャルツアー「Filmarks × T-TRAVEL コラボ企画 第4弾」としてお贈りするのは、2006年の『ダ・ヴィンチ・コード』、09年『天使と悪魔』に続き、ベストセラー作家ダン・ブラウンの同名小説を映画化した『インフェルノ』。

61510

詳細・お申し込みはこちらから

映画『インフェルノ』ってどんな作品?

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』。そして2016年、全世界を熱狂させ続けているシリーズ第3弾『インフェルノ』がついに10月28日(金)に日米同時公開されます。

61510_1

数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)に突き付けられた挑戦状。それは、アメリカの大富豪ゾブリストが、人口増加問題の過激な解決策として生み出したウィルスだった。 伝染病を利用した人口淘汰を目論むゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇インフェルノ>に隠した暗号コードとは? 人類を滅亡に導く陰謀を阻むため、ロバート・ラングドン教授が全世界を揺るがす巨大な陰謀を解き明かす!

61510_2

主人公のハーバード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授にトム・ハンクス。ラングドンとともに謎を追う美貌の女医シエナに『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、スター・ウォーズのスピンオフ作品で今年公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で主演をつとめるフェリシティ・ジョーンズ。監督はシリーズ全作品を手掛けるアカデミー賞監督ロン・ハワードといった豪華なスタッフとキャストで壮大な世界観を描き出します。

映画のメイン舞台、イタリア・フィレンツェを特別プランでご案内!

ツアーで巡るのは”花の都”とも言われるほど美しく、映画のメイン舞台となるイタリア・フィレンツェ! 映画を鑑賞しなくても十分楽しめるフィレンツェですが、今回のツアーは映画を観ていればより楽しめるツアー内容になっています!

インフェルノ2

詳細・お申し込みはこちらから

フィレンツェツアーのここがポイント!

Point1:歴史にあふれ、世界遺産にも登録された街並み

「屋根のない美術館」とも称される歴史都市・フィレンツェ。中世の雰囲気が今もなお残るフィレンツェは、街全体がユネスコの世界遺産に登録されている非常に美しい街です。街自体が芸術的なフィレンツェをラングドン教授やシエナが駆け巡る様子を思い浮かべながら、散策してみてはいかがでしょう。
インフェルノ3

Point2:映画ゆかりの地を訪れる特別観光プラン!

ヴェッキオ宮殿にドゥオモといったフィレンツェの観光地を舞台にした『インフェルノ』。 特別観光プランでは映画を観た後には絶対行きたくなる各名所や、他のツアーではなかなか行けない映画に登場した場所を案内する本ツアーはファンにはたまらないプランになっています。

インフェルノ4

Point3:映画のシーンに合わせたガイド解説付き

映画『インフェルノ』特別観光プランでは、本作を鑑賞した日本語ガイドが映画ゆかりの地や歴史の解説を織り交ぜ、皆さまをご案内します。観光を通じて、映画の世界をぜひご堪能ください。

インフェルノ5

詳細・お申し込みはこちらから

(C)アーク・スリー・インターナショナル

映画『インフェルノ』information

インフェルノ1

数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人口増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。

そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

《10月28日(金)日米同時公開》

上映時間:121分
■公式サイト:http://www.inferno-movie.jp/site/#!/
■配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C) 2016 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.

■関連記事
155人の命を救った《トム・ハンクス》が今度は70億人の命を救う!?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • そーき
    3.5
    フィレンツェ行くならこれ見てから行けばよかったな〜笑 もうあの頃みたいに好きな時に行ける時代じゃなくなったて思うと凄い時代に生まれたもんや。 しかもテーマが疫病て。笑
  • メイプルわっふる
    4
    鑑賞 2020.08.08 ひかりTV 人口爆発から地球を救う殺人ウィルス。拉致され記憶が曖昧なラングドン、大量殺戮を阻止すべく走り回る。 映画ラングドンシリーズ第3作。原作ダン・ブラウン小説第4作目。 有名な陰謀論の一つ「世界統一政府」を個人活動にしたカンジ。世界人口10億人(or5億人)計画を殺人ウィルスで一気にやってしまおうというもの。 時期的に、ウィルスに対する描写が昨今の新型コロナを連想してしまうのは否めない。むしろ無関心の方が問題だし。感染の疑いがあるラングドンが街なかを逃げ回り、追い掛けてた人物が具合悪くなって目が充血したりと、最近のモラルからすれば逸脱した危うい行動。まぁ世界を救うためなんだけど。 薬物で記憶曖昧、朦朧としたラングドンの視覚映像。体験した過去とも予知夢とも。ただ、シャイニングばりの赤い洪水はお気に入り。 今回の観光地はフィレンツェ、ヴェネツィア、イスタンブール。ロケ地巡りするにはちょっと飛び地&単発気味。イタリアは何回か行ったけどトルコは未踏破。地下オーケストラには是非行ってみたいな。
  • Morohashi
    3.7
    ストーリーは面白いし、わかりやすい。 主人公の、記憶があいまいな感じを映像とか、だんだんとモヤが晴れていく感じとかで表現していて、このあたりの見せ方がうまい。 正直、水の中の格闘シーンはちょっと長すぎたと思う。所詮、格闘のプロでない(しかもそういう風貌でもない)トムハンクスに格闘やらせても、揉み合っているようにしか見えず、迫力に欠ける。 それにしてもフェリシティ・ジョーンズ最高。 いつもより表情が乏しく、笑顔が少なくて最初はなんかもどかしかったけれど、その理由がわかり納得。無表情のフェリシティ・ジョーンズもいい。
  • ro
    3.4
    狂気的な目が忘れられない...。 人ってわからないなあ.. いろんな考え方の人がいて それに同調する人もいて、 全く反対の考え方の人もいて。 正義の価値観が狂気的な人は怖いなあ。
  • Gutti
    3.3
    ダヴィンチコード、天使と悪魔に続く三作目になります。 監督、主演は過去作に続きロンハワードにトムハンクスです。 個人的には過去作が好きなので期待です。 過去作ではイルミナティなどや謎解き要素などあり建築物や美術品なども見どころの一つでした。 今作では詩人ダンテをテーマに事件が巻き起こります。 今作は、過去作に比べCGやVFXなどの視覚効果が多く少し残念に思えます。 ミステリー要素も少なく過去作と比べると物足りなさがありました。 シリーズの続編を希望します。、
インフェルノ
のレビュー(41667件)