知れば知るほど解らなくなる映画の話(8)〜メタファーってなに?〜

Why So Serious ?

侍功夫

どうも、侍功夫です。

ズートピア観ましたか?

動物たちだけが暮らす街“ズートピア”に暗躍する陰謀に力の弱いウサギの警察官ジュディとキツネの詐欺師ニックが立ち向かっていく、全体的には愉快で可愛らしい映画だが、非常に解りやすい形で私たちの住む社会が投影されている。

ジュディが警察署内で受ける差別的な仕打ちは、そのまま私たちの社会で女性が受けるものだし、肉食動物が受けるのはステレオタイプな黒人偏見に基づく差別と同様のものだ。

このように、対象とする事象を「別の何か」に投影して見せる時の「別の何か」のことを“メタファー”という。たとえば『ズートピア』のジュディは「社会における女性のメタファー」である。

今回はこれら、映画のメタファーを取り上げる。

人種問題を投影する

上記した『ズートピア』がそうだが、人種差別や民族浄化の大虐殺など、正面から描けばシャレにならない描写になってしまう事柄もメタファーとして扱えば、加減の効いた描写でも本質を描くことが出来る。

「Xメン」シリーズ

mtp_01

特別な遺伝子を持つ“ミュータント”集団の活躍を描く「Xメン」シリーズ。原作コミックスが発表されたのは1963年。アメリカでは黒人たちによる公民権運動がピークを迎え、黒人を中心とした約20万人もの人々がワシントンで行進をした、いわゆる「ワシントン大行進」のあった年だ(ワシントン大行進が1963年の8月。「X-メン」コミックス第1号の発売が同年11月)。

人間との共存を目指すプロフェッサーXと優れた能力で人間を支配すべきだと主張するマグニートは、当時の黒人公民権運動の指導者キング牧師とマルコムXになぞらえている。

映画版1作目X-メンではミュータント隔離政策「ミュータント登録法案」をめぐる戦い。2作目X-MEN2ではミュータント根絶を目指すジェノサイドとの戦い。それぞれ、南アフリカのアパルトヘイトと第二次世界大戦当時、ドイツナチス党による民族浄化を想起させる。

社会問題を投影する

複雑な社会情勢から湧き上がる不安や、断片だけでは不条理にも思える出来事を、メタファーとして単純化・記号化することで、深い理解への糸口になる。

『SF/ボディ・スナッチャー』『未知空間の恐怖/光る眼』など侵略SF

mtp_02

人間をいつのまにか乗っ取ってしまう侵略系SFが描く「見た目は同じなのに中身は全く違う隣人」とは、冷戦時代の共産主義へのアレルギー的な嫌悪だ。

「形状や種類・種族としては「同じ人間」なのに、自分には全く理解のできない考え方をしている人は、理解の出来なさという点から見れば宇宙人と同じだし、しかも自分にその考え方を勧めてくるのは全く気持ちが悪い。」という無理解が産む恐怖が、謎の宇宙人に投影されている。

『ディヴァイド』『フェーズ6』など終末世界SF

mtp_03

少し前に流行った本「世界がもし100人の村だったら」は、複雑化した世界情勢を「100人」に単純化することで、富の独占や貧困の蔓延などを解りやすく解説していた。この手法をさらにソリッドにしたのが終末世界SFだ。

映画ディヴァイドではシェルターに閉じ込められた9人の男女が。フェーズ6では謎の死病によって人類がほとんど死に絶えた世界の中で7人の男女が。それぞれ暴力的なリーダーが生き延びるために少数の者が虐げられる。

つまり、私たちが生きているということが、すなわち第三国の貧困者や政治的に弱い他の誰かの死の上に成り立っていることを描いている。

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい事柄

そのものズバリを言い表すのは躊躇われる事柄を表現する時に便利なのがメタファーで、その代表格がセックスだろう。愛の行為であると同時に淫靡な快楽でもあり、人間の行為の中でも随一の面倒臭さを誇っている。また、そういった特別さから、セックスを他の何かに投影させることも多い。

『塔の上のラプンツェル』

塔の上のラプンツェル幼いころからずーっと高い塔の上に幽閉されていたラプンツェルの「一度も切られたことの無い髪の毛」は「性体験の無さ」のメタファーだ。

マザー・ゴーテルが不在の間に、こっそりと塔の外へ出たラプンツェルが喜んだり心配したりを繰り返す描写は、嬉しいんだけど同時に後ろめたさや不安もある、DREAMS COME TRUE(ドリカム)が「うれしはずかし朝帰り」で歌った心境そのものだ。

『LOVE【3D】』

mtp_04

(C)2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES .

LOVE【3D】主人公マーフィーはそれなりに好奇心を持って様々なセックスに向かっていくが、かつての恋人アレックスはさらに飛び越えるように上を行く。男女のセックスのみならず、同性とのセックスにSM的な倒錯したセックス、複数人でのセックスなど、あらゆるセックスに自然と入り込んで行く。

セックスは基本的には好きな相手と行うものだ。“金銭的契約上のセックス”の場合でも“買う側”は出来るだけ自分の好みに近い相手としたいと希望するだろう。しかし、稀に快楽追求のために相手の美醜や性別、スタイルや人数に囚われない人が存在する。この“差”は、極めて生理的なもので易々とは超えられない。何に対して“興奮”するか(セクシャリティ)は、自分で決められないからだ。

本作でセックスが表しているのはマーフィーの職業が映像作家であることを鑑みて“芸術的な才能”のことであろう。

“絵心”を例に考えれば解りやすいと思う。絵心がまったく無い人にとって、鳥山明や大友克洋の超絶技巧は、何をどうすれば書けるのか解らない、全く理解の範疇を超えた存在に映るのではないだろうか。

メタファーに託すことで生まれる意味

上記した例は、事象の意味をメタファー表現で伝えるものだが、逆にメタファー表現することで初めて生まれる意味というものもある。

『インサイド・ルーウィン・デイビス 名もなき男の歌』

mtp_05

(C)Photo by Alison Rosa ©2012 Long Strange Trip LLC

ひょんなことからネコを持ってあっちこっちへ移動せざるをえなくなった売れないフォーク歌手を描いた本作。インサイド・ルーウィン・デイビス 名もなき男の歌タイトルロール「ルーウィン・デイビス」の日々を振り返ってみると面白いことに気づくだろう。

フォーク・シンガー仲間のアパートに転がり込んで、リビングのソファーを定宿として使わせてもらっているが、あんまりタダで泊めてもらうのも気後れして、つい甘い言葉を囁いてベッドを共にしてみたり。だけど計画性は無いから妊娠させてしまう。行けばいつでも泊めてくれるしご飯を御馳走してくれる大学教授がいるけれど、なんだか可愛がりが過ぎて居心地が悪いので徹底的に他が無い時にしか行かない。

これは正しくネコの生態そのものだ。

心地の良い場所をめざとく見つけると周囲の視線など気にせずにゴロリと横になり、腹が減ったら誰かに頭をグリグリ押しつけてエサを獲得する。その一方で気高くもあり、過剰に触りたがる奴には爪をたてる。

ネコはなぜ存在しているのだろうか? ネコがいなくても人間は死なない。しかしネコは「かわいいから」存在している。フォーク歌手だっていなくたって死にはしない。しかし、いれば楽しい。

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』

mtp_06

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日引っ越し船旅の途中、嵐に会ったピシン:パイくん。からがら乗り込んだ救命艇にはシマウマ、ハイエナ、オランウータン、それにトラと、動物ばかりが乗っていた。動物たちは殺し合いを始め、最終的にはトラとパイくんのみが残り、奇妙な共同サバイバル漂流をするハメになる。

本編の大部分を割いて語られるパイくんのサバイバルだが、これはパイくんの内相的な風景であったことがラストで明かされる。シマウマ、ハイエナ、オランウータンはそれぞれ水夫、コック、そして母親であり、トラはパイくん自身のことであったのだ。

本作が描くのは「何かを何かに例えて表現することの有用性」。つまり「メタファーの有用性」とも言い換えられるだろう。

パイくんの“実際の”漂流の旅は凄惨を極めたものであった。それをそのまま記録するのは辛いし、パイくん自身が記憶するのはもっと辛い。しかし、それを知るのも体験したのも、今となってはパイくん一人だ。であるなら、わざわざ辛い思いをする記憶よりも、概要をふんわりと記憶するトラとの漂流の方が誰も傷つかない。ならば、それがたとえ実際には起こっていない内相的な風景であったとしても、そっちでイイじゃないか。というのが『ライフ・オブ・パイ』である。

ちなみに。パイくんの本名はフランス語で“きれいなプール”を意味する「ピシン・モリトー」だが英語で「ピシン」が「立ち小便」と同じ発音になるので替わりに「パイ」を名乗る。「パイ」は円周率を表す記号「π」で、未だに終わりまで計算されつくしていない「3.1415926……」の替わりとして使われている。

このように、本作には「何かを何かに変えて表現することの有用性」が多く登場する。

メタファーは、解らなくても大丈夫

私がまだ小学校低学年だったころ。ウルトラマンシリーズのリバイバルブームでシリーズ作のどれかがローテーションで早朝と午後に毎日再放送されていた。そんな中でも人気だったのはウルトラセブンだ。

今でこそウルトラセブンの先鋭性やメッセージ性は各界著名人に語り尽くされているが、当時はまだそこまで深い理解はしていなかった。しかし、それでも「これは、ほかのウルトラマンとはちがう……」と、子供ながら思っていたものだ。

もののけ姫千と千尋の神隠しの公開劇場でキツネにつままれた様子の小さな子供を見かけたが、あの子たちも「これはきかんしゃトーマスとはちがう!」と思ったに違いない。同様に『ズートピア』を観たメインターゲットである多くの子供たちも楽しく鑑賞しこそすれ、見た目だけでは無い不穏さの奥行きを感じとっていただろう。

作家が作品に込めたメタファーは、子供たちに限らず全ての視聴者の理解を得られるワケではない。しかし、それでも何某かの奥行きは観た人々の心に爪痕のようなものを残している。

今はまだ、解らない表現があったとしても、いつかフとした拍子に気づき、作品の奥行きを改めて理解し、ハッとするような体験をするのもメタファーの有用性の一つだと言えるだろう。

今回は解らなくても大丈夫なテーマだったが、次回は解ってもらえないとさみしい「オマージュ」について解説する予定。

あわせて読みたい

知れば知るほど解らなくなる映画の話(7)〜知ってるつもりで知らないインド映画〜
『ドント・ブリーズ』プロデューサーが放つ戦慄ホラーをオンライン映画館で
エル・ファニングの美しさの秘密とは?【魅惑の白い肌を堪能できる作品集】
感動の声続出!実写版『心が叫びたがってるんだ。』が満足度1位!
5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 進十九
    4
    とにかく暗い、の一言に尽きます。 舞台は冬のカナダ。 ほとんど太陽が出ない。 常にどんよりとした天気で、雪も降る。 人々は厚手のコートを着ている。 登場人物も、全員暗い。 精神科に入院しているかみさんがいる主人公や、秘密を知る精神科医が暗いのはわかるが、最後まで立ち位置の分からなかった助手の兄ちゃんまでなんだか暗い。 カナダってそういう国?(;´∀`) 本作は"医学による人体の変貌"がテーマの作品。離婚や虐待、新しい精神疾患の治療法など、社会問題が細かく散りばめられていました。 自分が期待していた、ザ・クローネンバーグな造形はほとんどなく、肩透かしをボリボリ食っていたんですが残り10分。やっと出ましたグチョグチョズルリのクリーチャー。控えめだったけど、ひさびさにみたグローネンバーグはやはりいいです。悪夢が見れそうです。
  • ショウキ
    4.4
    2020年287作目(再視聴) イチオシカルトホラー 身体の変容や破壊を執拗に描くボディーホラーが お得意の皆さん大好きクローネンバーグ監督の 最高に面白い映画です。 ザックリあらすじを言いますと、 主人公の元妻が病んでいて、 物議を醸す手法で知られる精神科医によって、 元妻に治療という名の実験が行われており、 それによりやがて妻の怒りが実体化し始め 人々を襲い始める・・・というホラーです。 なんとこの脚本の構想を練ったのは、 監督が妻との離婚で娘の親権争いに発展した後。 ミッドサマーもですが、監督は失恋すると 映画を作りたくなるんでしょうかね。 しかも監督はその離婚の最中に、 名作クレイマークレイマーを見たらしく、 夫婦別居後の家族崩壊を楽観的に描いた クレイマークレイマーに幻滅したらしいです。 その反動からか、本作には親になる恐怖や 親権争いなどのテーマが盛り込まれています。 映画内でも離婚した元夫婦+子供が、 メインキャラクターになっており、 妻の怒りが妻の体の腫瘍となって現れ、 そして腫瘍が子供たちに実体化し、 引き離された娘を夫から取り返しに来る という大胆な演出になっています。 製作キッカケも恐ろしいカルトホラーです。 2019年47作目 鬱な映画の表紙を飾る、鬱映画。 雑誌で読んで気になってて、やっと見れました。 オープニングの音楽でこれは面白いと確信。 その期待通りに面白かったです。 これは完全に設定勝ちですね。 タイトルが思い切りネタバレだけど。 人の怒りが可視化されるわけなんですが、 それがブルード(ひな)という、、、狂気です。 子役のキャンディちゃんがすごい可愛くて、 演じててトラウマになってないのか心配になる。(笑) 全員助からないストーリーと、 シーンが車と家の中だけで閉鎖的っていう、 心理的にも物理的にも鬱なのも良いですね。
  • ちゃんむ
    3.8
    奇形児やクリーチャーが出てくる辺りから一気に展開していく。ダラダラ進む前半戦さえ乗り越えれば超面白い。 70年代フィルムの古っぽさが逆に怖さを演出してるよね。CG技術に一切頼らないというか。 精神科医がイカれてるのかと思いきや、母親が奇形児創造マシンだったとは…笑
  • Marisa
    4.3
    ああ怒らせないで!!
  • あやの
    3.2
    2020 49本目
ザ・ブルード/怒りのメタファー
のレビュー(1400件)