戦争は子どもの目にどう映るのか。『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』

世界が最後の日でも私は映画を観ている。

山下真冬

反戦映画に少年ありき

「死者のみが戦争の終わりを見てきた」

ブラックホークダウン』(01)では冒頭に、『戦場カメラマン』(09)では最後に引用されるプラトンの言葉です。

反戦映画は数えられないほど存在していますが、父親と少年と言えば、古くはヴィットリオ・デ・シーカ監督の名作 『自転車泥棒』(48)があります。子供の目を通して語られる戦争は、様々な不条理さを浮き彫りにし、あらためて戦争の不毛さ、残酷さを大人たちに突きつけるものです。

自転車泥棒

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

私自身、積極的に戦争映画を観ているとは言い難く、何故ゆえ腰が引けているのかといえば、心の痛みに加え、戦闘シーンに対する恐怖です。特にリアルさを追求した近年のVFX技術による戦闘シーンをスクリーンという大画面で観るのは、本当に怖い。

それでも今年6月にメル・ギブソン監督の『ハクソー・リッジ』が日本で公開され、続いて7月にはクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』が公開されましたので両作品観てきましたし、軍兵士40万人という『ダンケルク』とは対照的な、ほぼ一人芝居ともいえる『ザ・ウォール』も観てきました。結果、視覚と並んで大型スクリーンにつきものの大音響による迫力ある音の怖さも十分思い知らされました。

戦争映画の役割のひとつが過去を忘れるなということであるなら、戦闘シーンがない作品でも十分に価値ある映画になりうるわけで、結局のところ、心に刺さる反戦映画は戦闘シーンの有無に関わらず、覚悟がいるということを思い知ったわけですが、そんなわたしがここ10年以内のアメリカ製作の反戦映画にあって、特に女性にお勧めするならば、ポール・ハギス監督の『告発のとき』(07)と女性監督キンバリー・ピアースの『ストップ・ロス/戦火の逃亡者』(08)、そして今回ご紹介する『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』(14)です。

本作のストーリーと登場人物

この作品は戦地が舞台ではなく、戦地にいる、愛する人を待つ人々のお話しです。1977年にメキシコで誕生したアレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ監督による、上映時間106分のとある家族の物語。

時は第二次世界大戦下。カリフォルニア州にある小さな漁村。長男に代わって、戦地に赴くことになった父親とその父を相棒と慕う8歳の息子ペッパー。町の誰よりも背が低いことから、リトル・ボーイとからかわれていたペッパーは、「愛する者が戻る」ことを信じ、何とかして父親を戦場から呼び戻そうと、司祭から受け取った古くから伝わる願いが叶うというリストを手に必死で奔走するというストーリーです。

リトル・ボーイ

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

そのリストとは、「飢えた人に食べ物を」「家なき人に屋根を」「囚人を励ませ」「裸者に衣服を」「病人を見舞え」「死者の埋葬を」そして司祭が自ら書き加えた「ハシモトに親切を」の全部で7つ。ハシモトはある日、ペッパーが住む町に移り住んでくる日本人男性です。当然、周囲の影響もあってペッパーもハシモトを敵視しています。

その日本人ハシモト役を演じるのは、ケイリー=ヒロユキ・タガワ。東京生まれですが、5歳でアメリカに移住して、現在はハワイ在住。アメリカ国籍を取得している日系アメリカ人二世の俳優です。長いキャリア。控えめな演技の中に重厚感がありました。

この映画を通して、私たち日本人が当時アメリカからどう思われていたのか、それがシンプルにわかりやすく描かれているからこそ、複雑な気持ちになるのは避けられません。どちらにも正義があって、誤解があって、偏見がある。それは戦争の宿命ですが、敵意むき出しの米国を目の当たりにすれば、不愉快さがないと言えば嘘になります。

それでも敵国同志のはざまにあって、まだ難しいことは理解が出来ないペッパーだからこそ持ち得た感情と決断、見えないものを信じる気持ち。純粋でひたむきなペッパーが、自分を取り巻く白人社会の中で、父親不在以来、味方と確信し、勇気を与えてくれるのがハシモトであるということは、この映画の要と言えると思います。

主人公のリトル・ボーイことペッパーを演じる、可愛いとしか言いようがないジェイコブ・サルバーティは2003年生まれで撮影当時は10歳ぐらい。そして母親役が何と言ってもエミリー・ワトソンですからものすごい安定感。エミリー・ワトソンが映画の中で場違いなことなどありえないので、安心して鑑賞ができました。彼女は本当に眉間のしわが似合いますね。

その他、司祭役にトム・ウィルキンソン、近所の悪ガキの父親であり、医師役にはケヴィン・ジェームズ、奇術師役にベン・チャップリンと何気にキャストが豪華。そしてどうしても最後に伝えたいのが、父親ジェームズを演じたマイケル・ラパポートです。彼は映画好きの方なら、「あっ見たことがある」という俳優ですが、ただ何に出ていたのかすぐに思い出せない。そんな彼が出番は少ないながらも、最後まで鑑賞し終われば、主演の一人として、存在感を残せていたのが、個人的にはとても嬉しかったです。

日本人が鑑賞することを全く前提にしていない作品ゆえに、日本人として観て良かったと思えた映画。要所要所の台詞に味があって、現実とおとぎ話のバランスがシリアスな内容に魔法を効かせていました。そこは脚本に携わったアレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ監督がアメリカ人でなかったことが要因かも知れないですね。わたしはこのラストで良かったと思います。

歩み寄ることの大切さ、迷いがあってこそ人は価値ある選択が出来るということ、リトル・ボーイ、ペッパーは優しくそう教えてくれます。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

【あわせて読みたい】
 日本未公開はあまりにも惜しいケヴィン・ベーコン主演映画『レールズ&タイズ』
 “涙活”映画で泣けない人でも泣ける“号泣活”映画9本!
 あなたが『この世界の片隅に』を観なくてはいけない5つの理由
 【★4.0の青春映画】『キングス・オブ・サマー』をオンライン上で観れるのはココだけ
 原作ファンも高評価!今彼と元彼の間で揺れる 青春から一歩先、等身大の恋愛映画『南瓜とマヨネーズ』

 

※2022年5月26日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • odyss
    3
    【戦時期の少年の成長物語】 第二次世界大戦期、アメリカ西海岸の小さな町を舞台に、小柄で他の男の子たちから「リトル・ボーイ」と呼ばれてバカにされていた少年を中心にした映画。 日本との戦争が始まり、少年の兄が兵隊にとられるはずが、兵役不合格となり、代わりに父が出征。 大戦中の日系人は収容所に入れられていたが、たまたま町には収容所から出ることを許可された日系人の中年男が住んでいた。少年は最初は日系人を迫害する町の人々に加わっていたが、神父から諭されて、日系人と仲良くしようと努力する。 しかしやがて父が日本軍の捕虜になったとの知らせが。少年は父が無事に帰ってくることをひたすら願い、神父に相談するのだが・・・ 全体として、アメリカ西海岸の田舎町が第二次大戦期にどんな雰囲気だったかを、小さな少年の目を通して、ユーモアを籠めて描いている。日系人差別や、主人公へのイジメなども出てくるが、極度に深刻にはならず、収まるべき所に収まる。 タイトルのリトル・ボーイは、主人公の少年を指すだけでなく、広島に投下された原爆が当時そう呼ばれたことからも来ている。この映画でも、広島に原爆が投下されたことを新聞で知った町の人々は、戦争はすぐ終わるだろうと大喜びしている。しかし少年は捕虜になった父が広島で灰になっている夢を見る。つまり、原爆投下を当時のアメリカ人がどう受けとったかを描くだけでなく、少年の夢を通して多少批判的というか、距離をおいて見ているわけだ。 しかし本作はあくまで戦争批判映画ではなく、家族や周囲の人々との交流を通して少年が成長していく物語である。 主役の少年を演じるジェイコブ・サルヴァーティが可愛いので、そういう映画が好きな人にはお薦め。
  • バナバナ
    4
    第二次世界大戦中のアメリカの西海岸に、8歳になってもずっと身長が伸びず、いじめっ子たちから“リトルボーイ”とあだ名を付けられているペッパーという少年がいた。 孤独なペッパーと一緒に妄想の世界を楽しんでくれた最愛の父が、兄の代わりに徴兵されることになる。 地元には橋本という日系人が住んでいて、ペッパーも日本と戦っている父の為に、最初は橋本に敵意を抱いていたのだが、司教の差し金で橋本と付き合う内に、彼の優しい人柄が分かってくる。 小さな田舎町で、子供内のいじめだけではなく、善良で何もしていない橋本も、町の大人達から疎外されている。 司教はペッパーに「君の祈りの力で色々なものを動かし、希望が叶うんだよ」と励まし、それを心配した橋本は安易な希望は持たない方がよいと諫めたのだが、純真なペッパーは祈る事を止めない。 そしてある事件で自信を持ったペッパーは、町の広場がある太平洋の崖から、毎日日本に念を送るようになるのだが、そこに“リトルボーイ”が絡んできて…。 ペッパーが望んでいたのは、一つの街を破壊する事ではなかった。 ただ、父に帰ってきてほしかっただけなのに…。 街中の大人達の喧騒を他所に、小さな少年の希望がやがて絶望に変わる。 こうやって少年はだんだん世知辛い大人になっていくのか、と思っていたら…。 小規模な作品なんだけど、少年を中心に、小さな街にも起こる差別や憎しみや希望を重くならない様に見せていて、見やすい作品でした。
  • matsu
    3.9
    戦争、親子や家族の絆、第二次世界大戦中のアメリカと日本人の関係(アメリカ視点)などを描いた良作映画 細部に難ありだが全体的には結構面白かった カリフォルニアの小さな町に住むペッパーは同年代の少年たちよりも体が小さく皆に「リトルボーイ」と呼ばれていた… 太平洋戦争に自分の遊び相手でもある父親の出征が決まり、ペッパーは落ち込む ※ネタバレ含みます しばらくして父親がフィリピンで日本軍の捕虜になったと知らされる 司祭から「愛の教えのリスト」なる人助けリストを受け取る (例 貧しい人には食べ物を  家のない人には屋根を など) 「そのリストを全て実践すれば父親は帰ってくる、強く念じれば必ず願いは叶う」と告げられペッパーは実践していく リストに「ハシモトに親切にする」が追加された ハシモトとはアメリカの強制収容所から(アメリカに忠誠を誓った事により)解放された日本人 ペッパーは兄と共に数日前、ジャップであるハシモトの家に石を投げていた (日本人は戦争の相手なので「ジャップ」と呼ばれ差別・敵対視されていた) ペッパーは窓を壊したお詫びも含めてハシモトに親切にする ペッパーはハシモトからいじめっ子に仕返しするための手助けを受ける ペッパーは勇気を出してケンカし、いじめっ子をボコボコにする ハシモトとペッパーの間に、徐々に強い絆が生まれていく テレビに、広島に原子爆弾が投下された様子が流れる(この原子爆弾の名前が「リトルボーイ」だった) 戦争が終結する(アメリカが日本に勝つ)と知り、アメリカ人は大喜びする ペッパーはリスト内容を全て実践し、父親の帰還を強く願ったが思いは叶わなかった 父親が戦死したと聞きペッパーは泣き崩れる (遺体はないが葬式が行われ墓も作る) 葬式の数日後、戦死の情報は間違いであり父親が生きていると連絡が入る、ペッパーら家族は喜ぶ ペッパーが強く願った事により奇跡が起きたのだ 精神面で病んでいたが父親が戻ってきて家族と抱き合う いろいろ良い話であり基本的にはとても面白かったのだが… (テレビ画面)原子爆弾が投下された場面で大喜びしているアメリカ人を見て少し興ざめしてしまいました
  • mii
    3.9
    8歳のペッパーとあったかい父親との思い出が描かれており 「やれると思うか?」が 父親の口癖であった。 時は第二次世界大戦中 兄のロンドンの変わりに 父親が戦地に赴く事になる。 「ジャップ」と呼ばれている日本人ハシモトが町に住んでおり 彼は敵国の者とされ 孤立している。 父の帰還を事を願うペッパーは 神父からリストが渡され 「そのすべての項目の善行をやり遂げると 願いは叶うかもしれない」と 神父からリストを渡される。 1番目の項目は「ハシモトと仲良くする事」だった。 ジャイアン的存在の悪ガキも登場して 身体が小さいという事で「リトルボーイ」とあだ名をつけられ 「ジャップ」も同様に 偏見からくるあからさまな差別。 ハシモトと接して 偏見に負けない勇気を学びます。 山をも動かす奇跡を信じて ハンドパワー!と戦争終結の念力をかける姿が微笑ましくてw その結果が広島の原爆で終戦となったのは 日本人としては心が痛かった。 喜ぶ人もいる裏側には悲しむ人がいて 戦争は犠牲を伴うもの。 この作品は 少年の世界も戦争も 同じである事が分かります。 8歳のペッパーの姿に 学ぶ事は多くあり 戦争や諍いを仕掛けるのではなくて 1歩 相手に歩み寄り踏み込んでみる事。 父親の帰還をただひたすら願い あのリストの項目を全部やり遂げた事。 父のために 遠くから今自分がやれる最大限の事が 「信じる」という事。 彼のひたむきな行為が胸を打ちます。 「人間力」について問いかける作品でありました。
  • 中粒納豆
    3.7
    第2次世界大戦中のカリフォルニアの小さな町を舞台に描いた作品。ほぼ演技未経験というジェイコブ・サルヴァーティくんが演じる主人公がなんとも幼気。父と息子の絆や少年の眼を通して映し出される戦争、そして平和への願いが込められた作品。 描かれ方に複雑な思いはしたけども、戦争中の当時、日本や日本人が敵国からどう捉えられていたのかを知るのは大切なことかな。
リトル・ボーイ 小さなボクと戦争
のレビュー(1720件)