『ラブ・アクチュアリー』幸せを運ぶミンスパイ【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー

総勢19人の男女が織りなす9つの恋物語。

アメリカ同時多発テロ事件の犠牲者が最後に残したのは、憎しみではなく愛のメッセージだったことが語られ、そこから恋物語が始まります。それぞれの愛の形、愛情の伝え方、皆さんも大切な人への想いをこの映画を通して再確認してみてはいかがですか??

クリスマスシーズンにぴったりの『ラブ・アクチュアリー』を観ながら食べていただきたいレシピはこちらです。

幸せを運ぶミンスパイ

ラブ・アクチュアリー

【材料】

ーフィリングー
りんご 1/2個
レーズン 100g
オレンジピール 30g
アーモンド 50g
シナモンパウダー 小さじ1
カルダモン 小さじ1
ナツメグ 小さじ1/2
きび砂糖 大さじ3
ラム酒 100ml

ーパイ生地ー
薄力粉 200g
無塩バター 100g
グラニュー糖 大さじ3
卵黄 1個分
冷水 大さじ4

【作り方】
1. フィリングを作ります。りんご、レーズン、オレンジピール、アーモンドはフードプロセッサーでみじん切りにします。すべての材料をボールに入れよく混ぜます。
2. 保存容器に入れ冷暗女で保存し半日以上馴染ませます。
3. パイ生地を作ります。ボウルに薄力粉、グラニュー糖を入れ、2cmの角切りにしたバターを加え、カードでバターが粒状になるまで刻みます。バターが細かく混ざりさらさらの粉状にします。
4. 3に卵黄と冷水を加え手で生地をまとめ、ひとまとめにしてラップで乾燥しないように包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。
5. 休ませたパイ生地を麺棒で0.5cmの厚さにのばします。底にする丸型と上に乗せる星型を抜きます。
6. ミンスミートを詰めて、上から星型に抜いた生地をかぶせ200℃で余熱しておいたオーブンで15分ほど焼きます。出来上がったらお好みで粉糖を振りかけても美味しいです。

レシピの経緯

イギリスの伝統的なクリスマス菓子でキリストの眠るゆりかごを表していると言われているミンスパイ。イエスの12使徒にちなみ、クリスマスから毎日1個ずつ食べると、新年に幸運がやってくると言われています。クリスマス後、新年ヒースロー空港で再会する登場人物たちの幸せな表情は、きっとミンスパイが運んできてくれた幸運です。

【あわせて読みたい】
 『海街diary』も!フードスタイリスト・飯島奈美さんが手がける癒しの映画メシ
 【冬に見たくなる映画 シーン別ガイド】素敵な冬のヒントが詰まった映画で冬支度!
 もうすぐクリスマス!寒い冬だからこそ、映画をお手本にこんなデートがしたい!!
 【松岡茉優が映画初主演】脳内片思い歴10年!最高に愛おしい絶滅危惧系ヒロインの暴走ラブコメディ!
 【12歳版『(500)日のサマー』!?】小悪魔女子と落ちこぼれ男子の小さな恋に心動かされる!フランスのハートフルコメディがついに公開

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • のらりくらり
    4.5
    "クリスマスは愛する人と過ごすべきだ" 外国のクリスマス素敵だなあ 1年の中でいちばんクリスマスが好き いろいろな愛の形があるね! 素敵な映画、クリスマスになると観たくなるね!
  • rrr
    -
    記録
  • eriiko
    3.5
    気軽に見れるけど、よく出来ていてハッピーになれる作品。
  • mai
    5
    いろんなカップルの恋模様が描かれているけど、登場人物みんな魅力的で応援したくなる。オープニングとエンディングの挿入歌が同じなのだけど、感じ方が全く変わる。いい曲。
  • 4.2
    クリスマス前にもう一度みたいです
ラブ・アクチュアリー
のレビュー(88170件)