ボジョレーと一緒に味わって。『ぶどうのなみだ』の大人ゼリー【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ぶどうのなみだ

ぶどうのなみだ

食欲の秋に欠かせないもの、それはワインではないでしょうか?

今年のボジョレー・ヌーヴォー解禁日は11月16日(木)です。そんなワインを美味しく飲むためにご紹介する映画は、北海道が舞台となっているぶどうのなみだです。

喜んだ涙、苦しんだ涙、全てが味わいになる。人生っていろんな味がしますよね。ストーリーに出てくるたくさんの美味しそうなご飯にも注目です。

秋を味わうぶどうのゼリー

ぶどうのなみだ

【材料】パウンドケーキ型
白ワイン 320ml
グラニュー糖 80g
粉寒天 5g
巨峰 16粒
白ぶどう 24粒

【作り方】
1. 片手鍋に白ワイン、グラニュー糖、粉寒天を入れ火にかける。沸騰したら2分ほど加熱してグラニュー糖、粉寒天を溶かして火を止める。
2. 1にまず白ぶどうを入れ、寒天液を絡める。水をくぐらせたパウンドケーキ型に白ぶどうと寒天液半量を入れる。巨峰も同様に寒天液にくぐらせ白ぶどうの上に流し込む。

ぶどうのなみだ

ぶどうのなみだ

3. 冷蔵庫で1時間ほど冷やし、お好みの厚さにカットして出来上がり。
※カットする時はパン包丁を使うと綺麗に切れます。

レシピの経緯

「ぶどうとして死んでワインとして生まれ変わる」という劇中のセリフから、ぶどうとしての味そして、生まれ変わったぶどうの味を一緒に楽しめる大人のデザートが生まれました。

【あわせて読みたい】
 静かな秋の夜長に!日頃の疲れを癒す「何気ない日常」を描いたおすすめ映画8選
 まるで極上の絵画!美しさにうっとりする芸術の秋におすすめの映画7選
 【人肌恋しい秋の夜長におすすめの映画まとめ】センチメンタルにどっぷり浸れる6作品
 【★4.0の青春映画】『キングス・オブ・サマー』をオンラインで観るチャンス!
 原作ファンも高評価!今彼と元彼の間で揺れる 青春から一歩先、等身大の恋愛映画『南瓜とマヨネーズ』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kaorui
    4
    小説は処女作に作家自身のモチーフが凝縮されると言われるけれど、三島監督の処女作であるしあわせのパンにもぎっしり詰まっていた。 今作は監督のモチーフをさらに高い次元に昇華させていた。驚くべきは世界レベルといって良いんじゃないかな、あらゆるシーンにみられる絵の力だ。 染谷将太はいずれも素晴らしく、風車のたもとで風をはらむシーン、地下でシロフォンを奏でるシーン、雨の中扉の前で時を持てあましすシーン、絵の中にすーっとまるで土地に棲まう妖精のように溶け込む。 土地に、そして父親の血に連なるものとしてぶどうの木と一体になる。 しあわせのパンは音と光で編み上げられた物語だったけれど、今作は土が織り込まれ時が物語を熟成させている。 ポップな衣装の郵便屋さんや警察官、そして伝説のミュージシャン(リリィ!)が先導する楽隊は今作でも多幸感いっぱい。
  • くじらちゃん
    3
    もっこもこのバゲット(アオの飼い犬)がはちゃめちゃに可愛い。警官のアサヒさんと郵便屋の月折さんが自転車2ケツしてるのがめっちゃ可愛い。カントリーでどこかレトロな雰囲気が落ち着く作品。ハサミで葡萄の茎を断つ音、エリカの鼻歌、ロクの木琴がとても空気を作ってる気がする。アオが軟調になってしまったシーンは非常に胸が痛くなる。とにかく空が広い!
  • 3
    「その涙はすべて味わいになる」っていい言葉…たぶん人生もそうだ。 景色綺麗、料理美味しそう、スタイリングも素敵。ハーモニカのカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲も味があって良かったです。 安藤裕子さん大好きなのですが始まりのキャラちょっとダメ…ってなりました。でもやっぱり、付き合っていって彼女を知っていくとどんどん惹かれていくのわかる。エリカ、好きでした。 アオ、ロク、エリカがぶどう畑を見て、それぞれ「綺麗」って思うシーンとっても良かった。同じものを見て、同じ気持ちを抱くのって素敵な瞬間。 中心グループより、りりィさんや江波杏子さんが良い空気でした。ねえやんの佇まいも大好き。 演奏シーンの明らかに演奏してない!という感じだけとことんダメだったな。。 エンドロールの結婚式も良かったです。そっちか、でも良かった!となりました。 漣さんの笑顔の写真うるっときてしまいました。 好きなシーンは多々あれど、あまり印象には残らないだろうな、という映画ではありました。優等生過ぎるのかな。。
  • taaaka
    2.8
    なんでこの作品を作ったのか、なんでこれで撮影も編集もGOが出たのかちょっと理解し難い。 脚本だけの時点では北海道の美しい自然が脳内に思い浮かんでその中に人間ドラマがあってなんかいい感じ!といったお花畑が広がってたのだろうか…。 美術とか音楽とか美味しそうな食事とか衣装の感じが、ゆるい雰囲気系のかわいい映画にしたいのかと思いきや、 それぞれのキャラの過去を雑に途中から見せられてキャラの感情が勝手に動いていっててドラマ系にしたいのかなんなのか分からない。 安藤裕子の掴みきれない感じと透明感のビジュアルはよかったのに、脚本がほんとよくわからない。 声の大きい方の思い付きの鶴の一声で色々付け加えられちゃってこんな事になっちゃったのかな。。。
  • まるチロル
    3
    過去録
ぶどうのなみだ
のレビュー(5941件)