映画ファン必見!12.26マサラ上映『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

12月26日(土)19:00~、キネカ大森にて『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』のマサラ上映が開催されます。

これまで映画好き、インド映画好きに関わらず、とにかくたくさんのお客様の心をひたすら魅了してきた「マサラ上映」における代表的な1作!

今回は、そんなイベントの概要をサクッと簡単にご紹介させてもらいたいと思います。

記事をご一読の上、少しでもご興味をもっていただけましたら是非とも劇場まで足を運んでみてくださいませ☀

 『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』とは?

恋する輪廻

全国の映画ファンに愛されている1作

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(以下、『OSO』)とは、インドで2007年に、日本で2013年に公開された大ヒット映画です。

日本公開当時はそのあまりの面白さと親しみやすさから、シネマライズ渋谷で「マサラ上映」が、渋谷クラブクアトロで「爆音マサラ」が、池袋パルコ屋上で「屋上マサラ」が実施され、瞬く間に全国各地へと広がっていったのでありました。

「マサラ上映」とは?

「上映中は賑やかに!」

「マサラ上映」とは、劇中の「歌」や「踊り」、ひいては映画の勢いすべてに身を委ねながら、観客自身も<歌って><踊って>心ゆくまではっちゃけていくというインド映画の鑑賞スタイルです

今作『OSO』にはキャッチーな音楽と多種多様なダンスシーン、そして思わず真似したくなるような振付がたくさん用いられているため、そんなところが「マサラ上映」と相まって、作品を作品以上に盛り上げていっているように感じられます。

『恋する輪廻』予告編

『OSO』の見どころとは?

絢爛豪華な出演者陣&めくるめく愛の物語

今作の見どころは、何と言ってもインド映画界のスーパースター、シャー・ルク・カーン他豪華出演者陣による魅惑の演技と、ロマンス×サスペンス×アクション×コメディ…etc.、映画の面白さがふんだんに詰まっためくるめくストーリーにあると思われます。

美しすぎるインド人俳優たち!

絹のようになびく滑らか髪。汚れをしらない澄み切った瞳。思わず見惚れてしまう朗らかな微笑。そして、心がぐっと鷲掴みにされてしまう熱い歌唱とダイナミックな踊り。

とりわけ、今作は舞台が「映画スタジオ」=「劇中劇」というスタイルをとっているため、スター俳優を演じる主演のシャー・ルク・カーンの踊りには「これぞスターだ!」と言わんばかりの迫力があらわれていて、本当にびっくりするくらい魅せられてしまうのです。

主人公、オーム役/シャー・ルク・カーン

喜怒哀楽に愛と憎しみ。人間の心に迫った物語!

そしてまた、ストーリーは…、ひとりの男が女に恋をして、命をかけて守ろうとして、しかし女は殺されてしまって、男もあえなく死んでしまって…。それでも愛する女のために、男は生まれ変わって再び女の名誉を取り戻さんと復讐を誓う!

そして、女への深い愛を胸に…、「何度生まれ変わっても、また君に恋をする」!

そんな愛憎入り混じったむきだしの人間っぽさが今作の良いところであり、絶妙な塩梅でファンタジーとロマンス、アクションとサスペンスが組み合わさっているところにいつまでもドキドキ、最後までハラハラしていってしまうのです。

「マサラ上映」のお楽しみポイントとは?

そんなこんなで、こちら、「マサラ上映」の定番アイテムとその活用法をいくつかご紹介させてもらいますので、今後上映にご参加される場合には是非これらをご持参のうえ大いに盛り上がっていただけたらと思います。

1.クラッカー

クラッカー

好きな俳優が登場した際に、思わず心奪われてしまった瞬間に、<パン>と打ちならすことで感情の爆発を表現できるお手軽なアイテムです。

どのシーンで鳴らそうか、はたまた周りのみんながどのシーンで鳴らすのか、ツボにハマると面白い、中々センスが問われるクラッカー合戦(?)を楽しんでいただけたらと思います。

2.紙吹雪

紙吹雪

クラッカー同様に、気分が高ぶったその瞬間にパパッと盛大にまき散らして楽しさを目いっぱい表現することができるアイテムです。

会場一体が紙吹雪に包まれる瞬間は中々盛観であり、また「紙吹雪職人」がどんなお手製の紙吹雪を披露してくれるのか、色々楽しみなひとときでもあります。

3.ホイッスル

ホイッスル2

インド映画では指笛が鳴らされるシーンが多々でてきますので、それらに合わせてピーピー笛を鳴らして一緒に盛り上がることができます。

とにかくスカッと爽快になれるところが「マサラ上映」の良さでもあったりするので、ここぞとばかりに鳴らしてみていただけたらと思います。

4.民族衣装

「気分を盛り上げるにはまず見た目から!」ということも確かにあるとは思いますが、それ以上にインドの民族衣装は色彩豊かで斬新で、とても見目麗しいものばかりですので、単なるコスプレとしてではなく、いかに会場でその美的センスを披露できるか試されてみるのも面白いかと思われます。

※劇場によってクラッカーは「中身あり」、「中身なし」の規定があったり、紙吹雪が禁止されていたりもしますので、事前に必ず劇場の上映情報をご確認していただけますようお願いいたします(今回のキネカ大森の会場はクラッカー中身ありOK、紙吹雪OKです)。

まとめ

その他、より詳細な情報等につきましては『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』公式HP内に過去の「マサラ上映」の情報、様子等々が掲載されておりますので、そちらをご確認していただけたらと思います。

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』公式HP→http://www.uplink.co.jp/oso/

そして最後に、1月8日(金)19:00から開催される「マサラ上映」最新情報!

今年の10月、大好評の内に幕を閉じた【インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン2015】で話題を集めた『バン・バン!』が、キネカ大森にて「マサラ上映」決定!

その他、一般上映でも12/26~1/8まで【インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン2015】の数作品が再上映されますので、是非劇場まで足をお運びいただけたらと思います(連日19:00~1作品を上映)。

キネカ大森公式HP:http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

ここ数年勢いのあるインド映画を、この年末年始に是非是非ご堪能してみてくださいませ!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 殊子
    3.8
    記録
  • けんに
    3.8
    記録
  • 山浦国見
    3.7
    輪廻転生をテーマに、ロマンス、おバカギャグ、サスペンス、ホラー、ミュージカル、母子物などの要素を全てぶち込んだ映画です。 Ωオームと聞くと、即座に思い浮かべるのが、乙女座のシャカ。もちろんなんの関係も無いけど。 耳について離れないシャンティ・オームの歌、インド映画特有の王道展開。 オームってイイ奴だな。
  • かえで
    3.9
    ダンス、音楽、ラブロマンス、コメディ、復讐劇すべてがこの映画で見れる豪華だ!! 
  • ロミオ
    5
    昨夜Blu-rayにて再見したけどやはり最高のボリウッドエンターテイメントでありミュージカルラブロマンス。 個人的にはインド映画に求める要素が全て詰まっていると思える。 2017年には宝塚歌劇団星組により舞台化もされた。 内容は輪廻転生をテーマとしたラブロマンスおよび復讐譚で、幕引き周辺での演出はインド映画とは思えない気の利きよう(安直な方に行くかと思った)で見事です。 いや〜また近々観たい。
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
のレビュー(2049件)