名作がたくさん!イラン映画のススメ『駆ける少年』【小出教授の白熱講座vol.1】

Don’t think, Feel!

小出一富

はじめまして、私、小出一富と申します。南青山にある自由大学というところでいくつか講座を担当しているのですが、そのうちの一つにイスラームの講義があります。私の講義の宿題は「イスラーム映画を観てくること」です。

映画は歴史や社会背景に自分との共通性がないと感情移入できないもの。

もしイスラーム世界の映画がつまらないものだと思っていたとしたら、それは異文化との共通の認識がないだけなのかもしれません。

そんなイスラーム映画で私の一番オススメがアミール・ナデリ監督の作品。イラン出身の監督はアッバス・キアロスタミだけじゃないんです。

作品は『駆ける少年』。製作年は1985年。

順番に背景から解説していきましょう。

『駆ける少年』

駆ける少年

この映画は1980-88年のイラン・イラク戦争の戦時下に撮られた映画です。でも戦争映画じゃありません

この映画はアミール・ナデリ監督の自伝映画なのですが、映画の中のイランと今のイランとは全く違う世界です。

イスラームにおける大きな転換期は1979年

共産主義ソ連のアフガン侵攻があり、そしてイランではホメイニによる「イラン革命」が起こります。

イラン革命以前のイランとはいったいどういう国だったのかというと・・・

この映画には、アミル少年が海外の雑誌をお金を貯めて買うシーンが出てきます。港で白人の水兵やスーツの男たちの靴磨きをするアミル少年。また、あちこちで聞こえてくるのはルイ・アームストロングやナット・キング・コールのアメリカンなジャズ音楽。

そんな映像を観ると、ここって本当にイラン?どこかの植民地なのだろうか?と思うかもしれません。

もともとイランという国には、とても複雑な事情があるんです。

第二次世界大戦中に、ソ連とイギリスがイランの豊富な石油資源を狙って侵攻します。

イランはアメリカのルーズベルト大統領に仲介を依頼するのですが大統領はこれを拒絶。イランが制圧されると先帝をナチスシンパとして廃位させ、息子のモハンマド・レザーという人を皇帝に即位させます。

しかし問題はやはり石油利権。

アングロ・イラニアン石油会社が設立されるとイランの石油の85%をイギリスに持っていかれてしまいます。

すなわち、イランの主要産業を、ほとんどイギリスに持っていかれてしまうことを意味しています。なんともおそろしいジャイアニズム

しかしイランでモハンマド・モサッデグという人物が首相に就任すると、モサッデグ首相はアングロ・イラニアン会社の国有化を議会に提出。

議会で満場一致で可決されます。

当然、西側諸国はイランを強く非難。のみならずアメリカとイギリスの共同作戦でCIAを駆使して「アジャックス作戦」というクーデターを遂行します。

このクーデターで民主主義で選ばれたモサッデグは失脚、皇帝モハンマド・レザーを専制君主として返り咲きさせます。(※モサッデグは軟禁中に死去します)

当然、モハンマド・レザー政権と政権に返り咲きさせてくれた英米とは蜜月な関係

そんな中でイラン国内は急激に欧米化が進んでいくことに。

ところが急激な欧米化が招いたものは、イスラーム文化を保持しようとする保守層の反感と、資本主義の弊害といえる貧富の格差の増大でした。

この映画の中でアミル少年ってなんでこんなに貧しいんだろう。やっぱりイスラームは間違っているんだ、と思う方もいるかもしれませんが、彼がこんなに貧しい原因はここにはじまっています。

結果、そうした社会的な不満が増大してピークに達し、皇帝モハンマド・レザーはなんと「ちょっと休暇に行ってきます」と言って自らボーイング727を操縦してエジプトに亡命してしまいます。

イラン革命の成立。1979年の出来事です。

この映画は、その1979年以前を舞台にした映画です。

イラン革命以後、そういったいきさつから西洋文化に対する規制が厳しくなります。

その様子はバフマン・ゴバディ監督の『ペルシャ猫を誰も知らない』(2009)でも感じることができます。

『ペルシャ猫を誰も知らない』

ペルシャ猫を誰も知らない

邪推ではあるのですけれど、この映画『駆ける少年』の飛行場のラストシーン、あの飛行機にモハンマド・レザーが乗っていたんじゃないか?なんて空想してしまうのですがそれもこの映画の楽しみ方のひとつかもしれません。

このように当時のイランの状況を知っていると何倍も楽しめる映画ではないかと思います。「異文化への共通認識」が映画をますます楽しくするというのはこういうことですね。

おまけ!「イスラム」「イスラーム」どっちが正しい?

最後におまけですが、「イスラム」「イスラーム」どっちの表記が正しい?という話が良く出てきます。英語だとイスラムになりますが、アラビア語から音写するとislāmになります。アラビア語的にいってもこっちの方が正しいので、イスラーム研究者たちは大抵「イスラーム」と表記します。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • odyss
    2.5
    【意図が見えにくい映画】 日本では2010年代に公開されたけれど、作られたのはそれより25年以上前なんですね。 ちょっと社会派風の味付けをしてあるけれど、この映画は基本的には少年の姿を追うことと、少年の好きなもの(飛行機や鉄道)を追うことを中心にして作ってあるのだと思う。ただ、そういう作風は諸刃の剣だという気がします。 つまり、純粋にイメージだけで作ってあるわけではないから、或る地域、そして或る時代の少年たちの様相を描いたという面はどうしても残る、というか、存在する。だけど、いわゆる社会派的な視点で作ってある作品ではないので、制作側が何を意図していたのかが分かりにくい。 いや、意図が分からない映画なんていくらでもあるわけですけど、でもいわゆる途上国のストリートチルドレンが描かれている以上、見る側だって身構えてしまうんですよ。でも、そういう身構えがこの映画で肯定されるのかというとそういうわけでもない(らしい)。 その辺、ちょっと中途半端というか、少なくとも私からすると広い意味での意図が見えにくいな、と首をひねってしまう作品になっていました。何となく面白い部分もそれなりにあるんですけどね。
  • Tassu
    -
    めっちゃパワー貰えるから! Trailer https://www.youtube.com/watch?v=gEQ-6MryfYc
  • shibamike
    4.5
    ここではないどこか。 にこの少年はいずれきっと飛び出すのでせう。 貧乏で身寄りもなくお先真っ暗さうなのに、この男の子には悲壮感がなかった。前向きな姿勢とたくましさで一貫していた。 映画を観終わった後、何となく自分は矢沢の永ちゃんが思い浮かび、イラン式の成り上がり…と考えてみたけど、特にしっくりこないので違う気がする。 ガラクタ拾いや飲料水売りや靴磨きの日銭稼ぎもすべて、自分の目標や夢のためのやうに見えた。 船や飛行機に憧れているのか、自分をここから連れ出せと要求しているのか、激しくアピールする少年。 「おおおおおおーーーー!!」とか 「あああああーーーー!!」 って吠えてるだけなのだけど、こんなに力強い「僕はここだぞ!!」もない。  映画の中盤で、飛行機と少年が我々観客に猛烈に向かってきて、飛行機、少年、我々で一直線になるシーンがあるのだけど何だかとてもドキドキさせられた。 家族のないアウトロー少年による野性と無軌道な自由のストーリーではなく、自分の将来・夢をきっとモノにして見せるという希望の話に思えた。  友だちに対しても無銭泥棒に対しても難癖白人に対しても誰に対しても少年は真剣に対峙する。いい加減なナメた態度を取らない。自分は生まれてこの方、自分が恥をかきたくないとか損したくないという意識がとても強く、茶化したり胡麻化したりばかりで生きてきたので、少年が眩しくて見ている内に失明した(ほら!またふざけてる!)。 きっと自分自身に対しても真剣に向き合う少年でせうよね。 辛い日常も悲しい出来事も小さな身体で受け止め、地に足のついた逞しい生活ぶりは見ていてさっぱりするし、負けちゃいられねえ!と尻毛ボーボーでブツブツだらけの自分のやうな汚い中年の尻まで叩いてくれる稀有で素敵な男の子でした。走りたくなるし、叫びたくなるガーエー。  本作、Filmarks界の乙羽信子こと毬栗先生が教えてくださり、鑑賞の機会を得ましたが、ご推薦の通り素敵な作品でした。ありがとうございました。かしこ。 柴三毛 少年の一句 「瓶コーラ が飲みたくなる ガーエーだ」 (季語:瓶→捨てる時、分別が面倒→ペットボトルでいいやとなる→心が貧しくなる→冬)
  • いやんばかんあはん
    3.5
    おそらくイラン最強のエネルギー映画。 少年の圧倒的欲求によるサバイバル生活、ラストの火炎マラソン祭りでの氷叩き。 監督の壮絶なる少年期を描いた生きる元気を貰える作品。
  • Kyohei
    -
    こんなに生命力のみなぎった映画を観たのは初めてかもしれない。 って観てる側に思わせるほど、 子どもたちめっちゃ走ります。
駆ける少年
のレビュー(204件)