はやくも今年のベスト登場か!?『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』が凄い!!

ARC監督/脚本/映画祭ディレクター

篠原隼士

世界中で2100万部以上の売り上げを記録したノア・ゴードンのベストセラー「千年医師物語」の第1部「ペルシアの彼方へ」が原作の映画『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』がついに1月16日土曜日、有楽町スバル座をはじめ、全国の劇場で公開となりました。

今回の記事では、この素晴らしい作品の魅力をご紹介します。

千年医師物語キー

(C)Beta Cinema The Physician © Stephan Rabold UFA Cinema

若き少年が”夢”を抱くことから幕を開ける

11世紀のイングランド。まともに食事を摂ることが出来ない時代、少年ロブは二人の妹弟と母親と暮らしていました。しかしある晩、母親が腹痛を訴え、この世を去ります。家族は離ればなれになり、ロブは一人の理髪師とともに生きることになります。

当時の医学は非常に曖昧で、理髪師が抜歯や吸玉療法を施し、意味があるのかも分らない薬を売っていました。成長したロブは、目を悪くした理髪師の代わりにその曖昧な治療を施すのですが、ある日、理髪師の目を治せるというユダヤ人医師と出会います。ロブは本物の手術を目の当たりにし、医学の素晴らしさに魅了されます。そして、ユダヤ人医師に誰に学べばいいのかと問います。

その日、ロブが知ったのは壮大な夢と希望、そして残酷な現実でした。

「私に医学を教えた彼の名は、イブン・シーナ」
「しかし、彼が住むところに君は行けない。なぜなら君はクリスチャンだ」

渦巻く“宗教” “哲学” そして “恋”

宗教

この映画の見所の一つは、徹底的に描かれた時代背景です。我々が生きたことのない世界が素晴らしい映像表現により目の前に広がると同時に、目を背けられない問題を描き続けます。

そして、彼らはそんな現実の中“夢”と“希望”を追い求めたことも事実です。

ロブはずっと思っていました。人の体を解剖したら不可能だと言われる病を治す鍵が見つかるかもしれないと。しかし、この時代、死体の解剖は神への冒涜。決して許されるものではありませんでした。

哲学

イブン・シーナは「哲学」「天文学」「数学」「錬金術」に精通した“医学の父”と言われています。
彼の授業シーンは、心を惹きつけられ、学ぶということを心から楽しいと思わせてくれます。

また、イブン・シーナが授業をする教室のつくり、そして膨大な書籍の数にも圧巻です。人生は一生勉強だと強く感じさせられました。

ロブが旅の途中出逢う、レベッカという美しい女性。彼女もまた残酷な現実の中生きるたくましい登場人物ですが、レベッカの魅力にとりつかれるロブの感情もまた美しいのです。

大きく三つの角度から書きましたが“魅力”や“惹き付ける”というワードが多いですね。
そのままの意味で、この映画、魅了されっ放しな作品です。

徹底的に人を描くということは自然と人を虜にするのかもしれません。

映画を彩った“撮影”と“音楽”

11世紀の世界、医学を学ぶ学び舎、彼らがかじるパン、まるで魔法の世界のような感覚。不思議と体中が映画の中に惹きこまれる音楽、時として全身に緊張を走らせる。

半端ではない演出力に圧巻です。そしてその胸の高鳴りは映画館の外でも続くことになります。

是非、医学の誕生を目撃してください。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • りょうすけ
    4
    邦題:千年医師物語 ペルシアの彼方へ 原題:The Physician 制作年:2013年 監督:フィリップ・シュテルツェル キャスト:トム・ペイン、ステラン・スカルスガルド、ベン・キングズレー 上映時間:155分 鑑賞方法:スターチャンネルEX メモ: 高一の時に今は無き日比谷スバル座でチラシだけは見たことあったけど、レンタルすることも困難で数年観ることが出来なかったが配信でようやくみることができた。医学生として、解剖を経験した者としてこの時代の医療者には頭が上がらないと改めて感じさせる作品だった。周りの学生に是非とも勧めたい。「TWD」のジーザスことトム・ペイン君、髭がないと全くジーザスじゃないんだけど目が綺麗すぎて蝋人形じゃないかと毎回思う。
  • ラストシアター
    3.8
    11世紀イングランド、母親を亡くした少年ロブは、旅回りの理容外科医に引き取られる。成長したロブは医学の道を志し医療先進国ペルシアのイスファハンへ旅立つ 世界最高の医師イブン・シーナに弟子入りし懸命に医学修業に励む 青年の冒険と成長を壮大なスケールで描いた大河ロマン
  • genarowlands
    3.9
    レビュー1000本祭り3本目。 なんとうれしい偶然。憧れの尊敬のイブン・スィーナーについてでした。昔昔、テレビで観たペルシャの天才医師のモノクロ映画があって、初めて知った医学の父の名前。ネットなどなかった時代なので、百科事典や歴史辞典で調べたのです。医師であり、哲学者であり、詩人であり、科学の力を信じていた偉人。 その映画は探しても見つからず、まだ探し中。 主役は母を虫垂炎で亡くし一家離散した家の長男ロブ少年。生き抜くために、理髪師の弟子になってイギリス各地を周ります。11世紀当時は理髪師は呪術的外科医術も行っていました。青年になったロブは確かな医術が東洋にあることを知り、一年かけて命懸けでイギリスからペルシャに向かいます。 イスラム圏では殺されかねないキリスト教徒なので、まだ寛容なユダヤ教徒になりすまし、イブン・スィーナーの元で世界で最も進んだ医学を学びます。 昔昔観たイブン・スィーナーの映画では、医学の進歩のために、死刑になった人の解剖を真夜中に町の外でこっそり行い、身体の構造、内臓の位置を書き留め独学していたシーンが最も印象的で記憶に残っています。 本作ではイギリスから来たロブが師匠のイブン・スィーナーに内緒でゾロアスター教の信徒の亡骸を解剖していて、イスラム教では遺体を傷つける行為は禁止されており、イブン・スィーナーが弟子のロブに身体の中を聞いているシーンがあり、イブン・スィーナーの描いた人体図は間違っているといわれます。 イブン・スィーナーは実在の人物であり、東洋の医学の父ではなく、世界の医学の父なので、フィクションではありますが、西洋人が東洋人(ペルシャ人)に科学的知見(解剖学)を与えたような描き方は?でした。 昔昔の映画だって死刑囚を解剖した話が正しいかわからないけれど、イブン・スィーナーの医学書が西洋に渡って西洋医学の基礎を作っているので、あくまでも西洋医学の基礎はイブン・スィーナーが作ったことにして欲しかったです。あとから間違いが見つかったのだろうけど。修正されていく、それが科学だから。 CGを多用していること以外は、ロブ少年が青年となり、虫垂炎で亡くなった母を治してあげたかった一心で医学を学ぶ姿勢と熱意がまっすぐ伝わってきました。ロブ役のトム・ペインの瞳がすごくきれい。 イブン・スィーナー役はベン・キングズレー、雰囲気ありました。 イギリスの理髪師はステラン・スカルスガルドさすがの演技でした。 この作品はイブン・スィーナーを発掘してくれたのですごくうれしいのですが、昔昔のモノクロ作品はいったいどこに? 岩波で昔観た人がいるそうですが、タイトルわからず。私もイブン・スィーナー(の他の映画)を探しに行ってきます。
  • ハレルヤ
    4
    11世紀のイギリス。当時は不治の病とされていた虫垂炎で母親を亡くした主人公のロブ。医師を目指し医療先進国のペルシアへ向かい、天才医師のイブン・シーナに弟子入りする。数多くの試練が降りかかるも医師として成長していく姿を描いた大河ドラマ。 2時間半に及ぶ長編ながらも、多くの局面がテンポよく展開されるので全く飽きない作品。幼くして母親を亡くしたことで医師を志したロブ。国を越えて文化を越えて困難が立ち塞がっても前を向きます。 「ウォーキング・デッド」シリーズでのジーザス役で有名なトム・ペインが主人公ロブを好演。その彼の師匠イブン・シーナには名優ベン・キングスレー。落ち着いた役柄でも存在感は抜群。 隣国から敵が攻めてくるという事もあり、戦闘シーンのスケールもかなりのもの。ドーバー海峡や砂漠の壮観な風景も大きな見所だし、終盤の国王の手術シーンもなかなかの緊張感。 壮大なドラマとしての完成度はかなり高いもの。良い作品なのに知名度が低いのは残念ですね。
  • くろねこ
    3
    RPGみたいな映画と思ったら原作は小説なのね。邦題がちょっと古くさい感じがするのでもう少し良いのがあれば良いかな。 医学的探求心の赴くまま野を越え山を越え夢を果たした主人公に命の恩人が会いに向かうラストシーンは良かった。ただ、レベッカが絶望的なピンチに陥る度にことごとく命が助かるので毎回マジー?!この状況で助かるのか?!ってなった笑
千年医師物語 ペルシアの彼方へ
のレビュー(386件)