はやくも今年のベスト登場か!?『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』が凄い!!

ARC監督/脚本/映画祭ディレクター

篠原隼士

世界中で2100万部以上の売り上げを記録したノア・ゴードンのベストセラー「千年医師物語」の第1部「ペルシアの彼方へ」が原作の映画『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』がついに1月16日土曜日、有楽町スバル座をはじめ、全国の劇場で公開となりました。

今回の記事では、この素晴らしい作品の魅力をご紹介します。

千年医師物語キー

(C)Beta Cinema The Physician © Stephan Rabold UFA Cinema

若き少年が”夢”を抱くことから幕を開ける

11世紀のイングランド。まともに食事を摂ることが出来ない時代、少年ロブは二人の妹弟と母親と暮らしていました。しかしある晩、母親が腹痛を訴え、この世を去ります。家族は離ればなれになり、ロブは一人の理髪師とともに生きることになります。

当時の医学は非常に曖昧で、理髪師が抜歯や吸玉療法を施し、意味があるのかも分らない薬を売っていました。成長したロブは、目を悪くした理髪師の代わりにその曖昧な治療を施すのですが、ある日、理髪師の目を治せるというユダヤ人医師と出会います。ロブは本物の手術を目の当たりにし、医学の素晴らしさに魅了されます。そして、ユダヤ人医師に誰に学べばいいのかと問います。

その日、ロブが知ったのは壮大な夢と希望、そして残酷な現実でした。

「私に医学を教えた彼の名は、イブン・シーナ」
「しかし、彼が住むところに君は行けない。なぜなら君はクリスチャンだ」

渦巻く“宗教” “哲学” そして “恋”

宗教

この映画の見所の一つは、徹底的に描かれた時代背景です。我々が生きたことのない世界が素晴らしい映像表現により目の前に広がると同時に、目を背けられない問題を描き続けます。

そして、彼らはそんな現実の中“夢”と“希望”を追い求めたことも事実です。

ロブはずっと思っていました。人の体を解剖したら不可能だと言われる病を治す鍵が見つかるかもしれないと。しかし、この時代、死体の解剖は神への冒涜。決して許されるものではありませんでした。

哲学

イブン・シーナは「哲学」「天文学」「数学」「錬金術」に精通した“医学の父”と言われています。
彼の授業シーンは、心を惹きつけられ、学ぶということを心から楽しいと思わせてくれます。

また、イブン・シーナが授業をする教室のつくり、そして膨大な書籍の数にも圧巻です。人生は一生勉強だと強く感じさせられました。

ロブが旅の途中出逢う、レベッカという美しい女性。彼女もまた残酷な現実の中生きるたくましい登場人物ですが、レベッカの魅力にとりつかれるロブの感情もまた美しいのです。

大きく三つの角度から書きましたが“魅力”や“惹き付ける”というワードが多いですね。
そのままの意味で、この映画、魅了されっ放しな作品です。

徹底的に人を描くということは自然と人を虜にするのかもしれません。

映画を彩った“撮影”と“音楽”

11世紀の世界、医学を学ぶ学び舎、彼らがかじるパン、まるで魔法の世界のような感覚。不思議と体中が映画の中に惹きこまれる音楽、時として全身に緊張を走らせる。

半端ではない演出力に圧巻です。そしてその胸の高鳴りは映画館の外でも続くことになります。

是非、医学の誕生を目撃してください。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Taul
    3
    『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』鑑賞。主人公が爽やかでS・スカルスガルドとB・キングズレーで映画がしまる。冒険心を煽る史実&フィクションの絶妙なミックス感。医師を志す理由が辛い。暴君の登場で医学の進歩と人間の浅はかさが浮き彫りに。150分が短く感じるジェットコースタームービー。
  • にゃろ
    -
    記録
  • おぐり
    -
    観たおぼえあるけんど、いつ どこで は、思い出せない
  • torakoa
    3
    ステラン出演作ゆえ。 そういや床屋にあるぐるぐるサインは理髪師が医療も兼ねてた名残なんだっけか、と思い出した。 孤児となり旅回りの理髪師に拾われ成長した青年が、インチキ医療ではない医療を学びたいと熱望し、遥か彼方の異国に赴く話。 絵的にも雰囲気的にもRPGぽくて、そういうファンタジー的な話だと思って観てしまってたので、イブン・シーナという人が実在した人物と知って結構驚いた。医学は長い年月を経て今に至るんだなーという大河ロマン感もある。よくあるハリウッドテンプレみたいなものに嵌め込んだ感じがしてしまうのが残念ではあるけど、興味深い時代、興味深いテーマが描かれてる作品。 何かロマンスみたいな要らんものがあったような記憶があるんだが、そのせいか私の中で『プリンス・オブ・ペルシャ』だったかと微妙にごっちゃになってしまってて残念だなーと。 ステランは主人公を拾った(のだろうか)旅回りの理髪師で、インチキ臭さがハマってたと思う。複雑な心境を表現する場面もあったので、出番の割には結構おいしい役どころかも。 確か吹替あり。
  • アラバン
    3.7
    辺境のクソ田舎だった12世紀のイングランドで、母親を病で亡くした少年が、旅回りの理髪屋に身を寄せて成長し、本物の医学を学ぶために当時の先端文明地域のペルシャへと旅立ちます。 ユダヤ人のフリをして潜り込んだペルシャで高名な医学者イブンシーナに見込まれ、驚くべき先進国の知性と教養を学んでいきます。医学を志す青年の異文化の地での爽やかなビルディングストーリー。 ところが外敵セルジュークトルコが、ベスト菌保有者を城内に紛れ込ませるバイオテロを起こして一転。実習生がいきなり過酷な死の病の前線に立たされます。 患者への対応と多くの死を看取る中で、彼はついに禁断の戒律破りに手を染めます。そこからストーリーが一気に加速し、波瀾万丈でありながら、エピソードの断片がきれいにあるべきところに収まり、味のあるエンディングへとなだれ込んでいきます。 このラストは堪りません。   当時ヨーロッパが後進国に成り下がったのは、キリスト教の教義解釈のせいで、先進的な技術やアートは、神の領域に踏み込んで神を冒涜するという理由で排斥され続けていたから。 神の言葉も、間抜けな人間が自分に都合の良いように解釈してしまえば大惨事です。
千年医師物語 ペルシアの彼方へ
のレビュー(358件)