はやくも今年のベスト登場か!?『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』が凄い!!

ARC監督/脚本/映画祭ディレクター

篠原隼士

世界中で2100万部以上の売り上げを記録したノア・ゴードンのベストセラー「千年医師物語」の第1部「ペルシアの彼方へ」が原作の映画『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』がついに1月16日土曜日、有楽町スバル座をはじめ、全国の劇場で公開となりました。

今回の記事では、この素晴らしい作品の魅力をご紹介します。

千年医師物語キー

(C)Beta Cinema The Physician © Stephan Rabold UFA Cinema

若き少年が”夢”を抱くことから幕を開ける

11世紀のイングランド。まともに食事を摂ることが出来ない時代、少年ロブは二人の妹弟と母親と暮らしていました。しかしある晩、母親が腹痛を訴え、この世を去ります。家族は離ればなれになり、ロブは一人の理髪師とともに生きることになります。

当時の医学は非常に曖昧で、理髪師が抜歯や吸玉療法を施し、意味があるのかも分らない薬を売っていました。成長したロブは、目を悪くした理髪師の代わりにその曖昧な治療を施すのですが、ある日、理髪師の目を治せるというユダヤ人医師と出会います。ロブは本物の手術を目の当たりにし、医学の素晴らしさに魅了されます。そして、ユダヤ人医師に誰に学べばいいのかと問います。

その日、ロブが知ったのは壮大な夢と希望、そして残酷な現実でした。

「私に医学を教えた彼の名は、イブン・シーナ」
「しかし、彼が住むところに君は行けない。なぜなら君はクリスチャンだ」

渦巻く“宗教” “哲学” そして “恋”

宗教

この映画の見所の一つは、徹底的に描かれた時代背景です。我々が生きたことのない世界が素晴らしい映像表現により目の前に広がると同時に、目を背けられない問題を描き続けます。

そして、彼らはそんな現実の中“夢”と“希望”を追い求めたことも事実です。

ロブはずっと思っていました。人の体を解剖したら不可能だと言われる病を治す鍵が見つかるかもしれないと。しかし、この時代、死体の解剖は神への冒涜。決して許されるものではありませんでした。

哲学

イブン・シーナは「哲学」「天文学」「数学」「錬金術」に精通した“医学の父”と言われています。
彼の授業シーンは、心を惹きつけられ、学ぶということを心から楽しいと思わせてくれます。

また、イブン・シーナが授業をする教室のつくり、そして膨大な書籍の数にも圧巻です。人生は一生勉強だと強く感じさせられました。

ロブが旅の途中出逢う、レベッカという美しい女性。彼女もまた残酷な現実の中生きるたくましい登場人物ですが、レベッカの魅力にとりつかれるロブの感情もまた美しいのです。

大きく三つの角度から書きましたが“魅力”や“惹き付ける”というワードが多いですね。
そのままの意味で、この映画、魅了されっ放しな作品です。

徹底的に人を描くということは自然と人を虜にするのかもしれません。

映画を彩った“撮影”と“音楽”

11世紀の世界、医学を学ぶ学び舎、彼らがかじるパン、まるで魔法の世界のような感覚。不思議と体中が映画の中に惹きこまれる音楽、時として全身に緊張を走らせる。

半端ではない演出力に圧巻です。そしてその胸の高鳴りは映画館の外でも続くことになります。

是非、医学の誕生を目撃してください。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • りーん
    3.7
    「死は誰もがまたぐ敷居だ」 医学をめぐる壮大な冒険物語。 宗教や当時の文化とかいろいろあるのも含めてすごく勉強になった! かつて医療はまじないやら神頼みだったのに、こうして恐れず様々をを押し切って進んだことで今の知識があるんだなあとしみじみ。 王様が最後なんだか意外だった。 マンガみたいでシンプルでわかりやすいのだけど、世界観と所々で響く言葉に夢中になる。 脇腹の病気のシーンの演出が好き。 そしてラストが素敵! ファーリ・ヤルディムさんだ〜と思ったらあれれな役で少しションボリしたのは内緒。 ステラン・スカルスガルドさんはああいう何気いいおじさんな役が好き。あと目の演技。
  • のりまき
    -
    邦題酷すぎ事案。損害賠償ものでは? 母親を病でなくした幼い兄弟。薹が立っていると誰にも引き取られなかった主人公は理髪師の元詐欺まがいの治療行為に手を染める。しかし彼方の地に名医がいると聞いて無謀な旅へと乗り出す。波乱万丈の大河ドラマで冒険あり、恋愛あり、ヒューマニズムあり、異国情緒ありの一大エンターテインメント!なのにこの邦題!損してる!トム・ペイン君はイケメンだし、アカデミックな要素もあるし、向学心がスポコンのように描かれているし、イスファンという都市も魅力的。黒死病に奔走する医師たちの働きは現在のコロナに対処する医療関係者にダブりグッとくる。何しろ無謀な弟子のためにとんでもない状況に陥りながらのベン・キングスレーの貪欲な眼差し。その引き際。mylove、何処なりとも行きましょうぞ!ステランの掻っ攫いぶりも憎い。
  • Masato
    4.4
    かつて古代ローマでは医学が繁栄していたが、中世ヨーロッパではその繁栄は忘れ去られていた。中世イングランド、治療を施す理髪師の青年ロブは、医師の存在を知る。多くの人を助けたいという願い、そして、母の死を胸に、世界最高の医師イブンシーナのもとへと旅に出る… 隠れ名作!! ペルシア医学を背景に壮大な旅と歴史が語られるスペクタクル巨編。史実をもとにした創作歴史映画。 ドイツ製映画でありながら、豪華キャストとスケールの大きい世界観でハリウッド映画並みのクオリティ。155分のランタイムが物語る見応え。あまり話題になってないのがおかしいくらい最高に面白かった。ブレイブハートなどの歴史系が好きな人はこの壮大さにハマること間違いなし。 高校で世界史の授業を受けたときに、先生から言われた言葉がある。「中世ヨーロッパを学ぶ際には宗教という色眼鏡をつけること。」つまり、宗教という概念を念頭に置くことが大切だと言われた。本作も同じで、医学という科学的に思慮しなければならない学問は、常に宗教的学問と矛盾を起こしてしまう。そのため、あらゆる医学のための行動は黒魔術と揶揄されてしまう。 中世ヨーロッパは見事にキリスト教が圧倒的に強く信仰されていた時代なので、医学は禁忌となる。当時の治療法は、四肢のどこかが悪ければ即切断などと世界史では習った。それほど、あまりにも稚拙な治療に退化してしまっていた。本作でも、主人公らは理髪師であり、口のうまい人間が医師の真似事をしているだけだった。 その中で、主人公はユダヤ人の医師と出会い、医学の知識を得るために旅に出る。宗教は人を結束させる。しかし、同時に世界や常識を狭めてしまう。信じるということは強くもあり弱くもある。それは様々なことに言える。常識から外れたものは恐怖とみなされるのは今でも同じだ。だからこそ、理解を示すことが必要である。そして、いつの時代も、未来を切り開いていくのは常識を打破していく人間なのだと思わされる。 こうして様々な人間の知識が今になって受け継がれていくと思うと、感慨深い気持ちになる。宗教的概念を取っ払い、医学として革命していくその場に立ち会える。医学は人間には切っても離せない学問が故、より強く感じる。 なんといっても、この映画の魅力は西洋から東洋へと世界が変わること。このことがスケールの広さを体感させてくれる。どちらも丁寧に見応えあるリアルな映像で表現してくれているので、もう最高。人を助けたいという真っ直ぐな意志を持つ主人公なので、感情移入はかなりしやすく、とにかく面白い。主人公の俳優が1Dのハリースタイルズみたいな顔立ちでめちゃくちゃイケメン。ヒロインも可愛いときた。Swae Leeに見えなくもないけど。 ああ良かった。スペクタクル巨編はやっぱり最高だ。歴史のど真ん中にいるような体験ができる。中世の泥臭さもあるからなおさら。
  • sima
    5
    完全版(189分)鑑賞希望
  • JohnNY
    4
    AA4.0 ドクターはペルシャにおいて生まれ、医学は宗教から科学になって行く物語
千年医師物語 ペルシアの彼方へ
のレビュー(342件)