新旧ギャツビーに見る、美しきファッションたち【小出教授の白熱講座vol.2】

Don’t think, Feel!

小出一富

映画とファッションとは切っても切れない関係。

映画の中の美女や美男のようにはなれないとわかっていても、映画好きのみなさんなら、そのファッションを真似したくなったことは一度や二度ではないはず。

そこで、今回は『華麗なるギャツビー』をファッションという視点から、勝手に新旧対決してみようと思います。

まずはロバート・レッドフォード主演の『華麗なるギャツビー』(1974年)(※以下、旧ギャツビーと勝手に呼称します)から。

『華麗なるギャツビー』(1974年)

駆ける少年

この映画のデザインを担当したのはノスタルジックテイストのデザインを得意芸としていたラルフ・ローレンです。

1970年の春夏コレクションで、白い麻のパンツに白いフランネルのブレザーという、時代に逆行したともいえるデザインをラルフ・ローレンは世の中に投げかけます。

ファッション界はこれを「フィッツジェラルドの30年代への回帰」と評しました。そこに目をつけたのがハリウッドの衣装デザイナーのセオーニ・オルドリッジ

1973年にオルドリッジが『華麗なるギャツビー』の衣装デザインを担当することなり、ラルフ・ローレンに衣装の製作を依頼します。

デザインの最終決定権はオルドリッジにありましたが、メンズ衣装のほとんどをデザインしたのはラルフ・ローレンです。

特にこの中で特徴的なのが、レッドフォードの着ていたピンクの麻のスーツ。レッドフォードのギャツビーといえば「これ!」というぐらいの代名詞的な姿でもあります。

洗練されたクラッシックさを醸しつつ、斬新だけれどうるさくないピンク色の麻のスーツは、作中でも印象的なシーンで用いられており、そのファッションとギャツビーとの台詞とも相まって私たちの脳裏に焼きつきます。

この『華麗なるギャツビー』では第47回アカデミー・衣装デザイン賞をオルドリッジが受賞

名前こそアカデミー賞には出ていませんが、もちろん、この影の大立役者はラルフ・ローレンです。

ラルフ・ローレンは、F・スコット・フィッツジェラルド原作の小説『グレイト・ギャツビー』が生まれた1925年頃のメンズファッションの忠実なレプリカではなく、ギャツビー・ルックという現代人が着てもカッコイイと思えるファッションを生み出しました。

そして当時の衣装といえばハリウッドお抱えの衣装デザイナーの領域だったのですが、衣装デザイナーではなくファッションブランドと映画とのコラボレーションが本格化していくきっかけになったのは、このラルフ・ローレンのデザインによる旧ギャツビーからだといわれています。

続いて、レオナルド・ディカプリオ主演の『華麗なるギャツビー』(2013)(※こちらも勝手に新ギャツビーと呼称します)は、これでもか!と繰り出される豪華絢爛なファッションは見どころの1つです。

『華麗なるギャツビー』(2013年)

駆ける少年

特に女性の服がカワイイのです!!

ちょうど1920年代という時代には足首まで隠れるマキシ丈というスカートから、膝丈のスカートへと移行する女性ファッションの変革の時代。

そんな時代の流行の最先端がこの新ギャッツビーには細かく描かれています。

これら女性の服は「プラダ」「ミュウミュウ」とのコラボレーションによるものです。

特に作中のパーティーでのドレスは必見です!

ギャツビー02

そして女性の美しさを引き立たせるジュエリーや食器などは「ティファニー」とのコラボレーションによるもの。

見事に1920年代当時のアール・デコ様式を再現し、映画を観ている観客を今という現実ではないどこかへ連れ去ってしまいます。

ここで「なぜティファニー?」と思う方もいるかもしれませんが、ティファニーを選ぶあたりがこの映画のホンキさを表わしています。

というのも、原作者のフィッツジェラルドはティファニーの顧客でしたし、初代ティファニーはちょうどこのギャツビーの時代である「ジャズ・エイジ」ともよばれる1920年代の人物です(実際、作中にも登場するニューヨーク郊外のロングアイランドの社交界に出入りしていた人です)。

ついつい女性のファッションに目がいきがちなのですが、

男性のジャズ・エイジ独特のあでやかなファッションも見事です

メンズウェアはブルックスブラザーズとのコラボレーション。

実はこのブルックスブラザーズは原作者フィッツジェラルド愛用のブランドでした。

ギャツビー01

「ブルックスブラザーズこそはアメリカの名士が纏(まと)う究極の紳士服である」というような賛辞が彼の小説の中でも登場します。

そんなフィッツジェラルドが描いた世界ですから、彼の頭の中ではギャツビーがブルックスブラザーズを着ていたことは間違いないのです。

まさにF・スコット・フィッツジェラルドが頭に描いた世界を現代に蘇らせた一作ともいえるでしょう。

さて、新旧ギャツビーのファッション勝負の結果ですが…

それはご覧になったみなさまにおまかせします!!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mappii
    -
    1人の富豪の、壮大で一途すぎる愛の物語。 とにかくレオ様がかっこいいということしか知らなかったし、タイトルからしてゴリゴリのギャング映画で鉄砲バンバンみたいなのかと思ってたら全然そんなことなくて、すごい映画を観たというのが率直な感想。 これはサスペンス?ミステリー?ラブロマンス?ジャンル分けできない「華麗なるギャツビー」というジャンルで、本当に面白かった。 勝手な先入観のせいで状況飲み込むのはちょっと時間かかったけど。 (だから映画は2回目が面白いんだろうなぁ。) 「あの時言っておいてよかった。それが唯一の賛辞になった」 そのニックの言葉にはグッときた。 パーティだけが目的で、その主催者であるギャツビーのことを知ろうともせず、噂ばかり信じる人ばかりだったから。 ニックとギャツビーの友情がキラキラと目に見えた瞬間だった。 そして何より、真の成金で、ピュアすぎるレオ様が可愛すぎました。 あそこまで自分の夢と愛のために人生捧げるなんてどこまでロマンチックなの!! 同じ大富豪になったレオ様の話でも「ウルフオブウォールストリート」とは大違い。 下品のげの字もないくらい紳士なレオ様にはメロメロでした。秩序なさげなパーティ開いてても一切乱れなく、終始落ち着いてるレオ様、素敵すぎた! ポスターから思ってたけど、デイジーが仲里依紗にしか見えないのは私だけ?(笑)
  • daim
    4.5
    ディカプリオの絶対に高貴でイケメンで紳士やないといかん、限界までハードル上げた状態で堂々と登場して期待超えてくる所恐ろしい 服装もばりばりこだわりがわかるし 話もよくて流し見したい!
  • YouMei
    4
    30分も経って期待を煽っておいてからの主人公の登場シーンむちゃくちゃカッコいい! もはやお家芸の派手派手なパーティー良いカオスぶりだった。ギャツビーの豪邸も、ニックの掘立て小屋に飾られた花も過剰さが丁度いい。 ストーリーについては、トムはもうそういうやつだって分かったけど、デイジーはそれでええんか。ずるい女には間違いないけど、そこまでしたたかには見えなかったから、あの後心病みそうだなと思った。
  • taominicoco
    4
    元作品は未視聴です。 ディカプリオによる、ディカプリオのための作品と言っていいほど、ギャツビー演じたディカプリオの存在感が凄まじい。 前半は、ハリウッドの財力を惜しみなく使った豪華絢爛のパーティーシーンを堪能。 音楽もセンスある! いいわぁ、現実逃避できる! 衣装も美術も最高です✨ アカデミーを獲るわけですね。 しかし、本作の真骨頂は、後半の「ギャツビーは何者なのか」を暴いていくところ。 追い詰められ憤慨するディカプリオの名演。画面越しでもおののいてしまいました。ギャツビーが乗り移っている。 ドビー・マグワイアも『スパイダーマン』の印象を一掃。好演でした。 ギャツビーの唯一の友として、温かく時に厳しく、彼を見守る感じが良かったです。 そして『TENET』で一躍時の人となった、エリザベス・デビッキも出演✨ お顔も美しいけど、美しすぎる背中を惜しみなく披露されてます。 あの背中、欲しい🤤 いつの世も、クソみたいな金持ちは世を憚り、痛みすら感じないんだなぁ……。 前半の煌めく世界とのコントラストで、結末に虚しさが募りました。
  • -
    記録
華麗なるギャツビー
のレビュー(63055件)