映画『パラサイト 半地下の家族』をネタバレ考察!ラストはどうなる?“格差社会”がテーマ?【ネタバレ解説】

映画『パラサイト 半地下の家族』衝撃のラストや散りばめられた伏線、含まれた意味とは?ネタバレありで徹底考察!

第92回アカデミー賞でアジア勢初の作品賞受賞という快挙を成し遂げた『パラサイト 半地下の家族』。何回観ても面白い名作ですが、観れば観るほどその構成の見事さや伏線の鮮やかさが分かります。

今回は、そんな本作を掘り下げてネタバレありで考察してみたいと思います。ちなみに本作の監督であるポン・ジュノ氏は公開当初ネタバレしないようお願いしていたので、初見の方はネタバレなしの記事をご覧ください。

※本作を未見の方は、観てから読むことをオススメします。

パラサイト 半地下の家族』あらすじ

“半地下住宅”に暮らす貧しい4人家族のキム一家。ある時長男ギウの友人ミニョクが自分が留学中に家庭教師を代わってほしいとバイトの話を持ってくる。向かった先は高台にある豪邸のパク一家。 初日に母娘の信頼を勝ち取り、見事家庭教師の職を得たギウは、パク家の息子ダソンに紹介したい家庭教師がいると巧みに持ちかける。そして連れてきたのはジェシカと名乗る妹のギジョンだった。 ダソンの美術教師になり母の信頼を得たギジョンは次にある仕掛けをする。徐々にパク家に取り入っていくキム一家。この二つの家族に待ち受けている衝撃の展開とは……。

※以下、ネタバレを含みます。本作を未見の方は、観てから読むことをオススメします。

前半はコメディ、後半はサスペンスな変化球ジャンル

冒頭のWi-Fiを求めて家中をうろつく兄弟の姿からして、もう面白い。あの一連の流れで、貧しい一家なんだということがよく分かる。それに、友人のミニョクが訪ねてきた際、酔っ払いに対してビシッと言ってのけるミニョクに比べ、どうにもパッとしないキム一家の対応。 これだけでこの一家の憎めない感じが何となくつかめてしまうし、頑張ってもらいたい気分になってくる。この辺りの演出がとても上手いんです。

それがあって、キム家の面々が見事な手際で信頼を得てするするとパク家に潜り込んでいく様は、もう痛快で爽快! 特にやんちゃなパク家の末っ子のダソンをギジョンがあっという間に手なずけてしまうシーンはもう爆笑モノ。ちょいちょい使われる変な英語もシーンごとに笑いを誘います。

ところが軽快なテンポで進む前半のコミカルな展開も、あるシーンから変わります。

全員が無事に(?)パク家に使用人として入り込んだキム一家は、ある日パク一家がキャンプに出かけたのをいいことに、豪華なリビングでどんちゃん騒ぎを始めます。バレたらまずい状況に、ピンポーンという呼び鈴。雨の夜にその訪問者が来たことで、一気に後半が動き出します。

コミカルだった前半と違い、歯車が狂い出し、先が見えないサスペンス的な怖さで、後半がスピーディーに動き出します。

後半を説明する前に、『パラサイト 半地下の家族』を取り巻く情報も見ておきたいと思います。

半地下って何? ソウルの住宅事情

東京より家賃が高いとも言われるソウルでは、一般的な住宅とは別に半地下(パンジハ)と呼ばれる格安物件があります。

集合住宅の半地下部分にある住居で、日当たりが悪く夏は蒸し暑くすぐりにカビだらけになってしまい、天井も低くまっすぐ立てない場所もあるような劣悪な環境で、トイレも逆流しないように高い位置に設置れています。

そもそも何でこんな物件があるのかというと、韓国独自の事情があるようです。

南北朝鮮の対立が激化し、テロ事件が相次ぐようになったソウルでは、1970年代に防空壕として半地下が設置されるようになりました。その後1980年代の住宅危機に住宅としての使用が認められ、近年の家賃高騰化によって多くの人が月5万円程度の半地下に住んでいるそうです。

キム一家が住む半地下は、まさにこの物件。低所得層の象徴のように描かれています。パク家の人たちが度々“臭い”のことを口に出します。パク家の主人は運転手であるキム家の父の臭いがいつも気になり、息子ダソンはジェシカ先生も同じ臭いだと言います。ギジョンが言うように、それこそが染み込んでしまった半地下の臭いであり、貧乏人の臭いなのです。

本作のテーマは「格差社会」

半地下に住むキム一家に対して、高台の豪邸に住むパク一家。同じ4人家族ですが、その暮らしぶりは天と地ほども違います。

ポン・ジュノ監督は、いつもその時代の社会情勢を映画に盛り込んできます。本作で監督のメッセージとして感じるのは、格差社会に対する問題意識です。

その背景を少し説明すると、韓国はものすごい競争社会で、その原因は強すぎる財閥構造とも言われています。財閥の大企業か公務員という狭き門に就職するために受験戦争も激しく、そこから漏れてしまうとなかなか這い上がれません。若者の5人に1人が実質失業者とも言われる失業率の高さも社会問題になっています。

そう、キム一家はあんなにスキルが高いのに全員失業中なんです。(宅配ピザのダンボール作る内職はしていますが)家庭教師を難なくこなし、証明書を軽く偽造してみせ、安定感あるドライビングテクニックを有し、豪邸の家事を一手に引き受け切り盛りしてみせる人たちです。

そのスキルを持って金持ちのパク家に寄生(パラサイト)していきます。

格差を際立たせる“タテの構図”

今回この映画でとても象徴的に使われていたのが“タテの構図”です。高台と半地下、リビングのソファーの上と下、ベッドの上と下、そして地下へと続く階段……。パク家は上で、キム家が下にいる構図が繰り返し出てきます。

ポン・ジュノ監督が以前にアメリカで製作した映画『スノーピアサー』も、貧富の差をテーマにしていた作品でしたが、こちらは完全に横スクロールの構図でした。列車の中をひたすら横に進んでいきます。

本作とは同じようなテーマを扱っていながらジャンルも構図も違うので、そういう視点を持って観てみると面白いかもしれません。

そして、この“タテの構図”をことさら強調させるのが、あの雨です。

高台から低地へと流れる雨、その雨は豪雨となり、滝のような勢いで半地下へ流れ込んでいき、低所得層の居住地を破壊していきます。

地下室の衝撃!

本作で最大のネタバレは、やはり雨の夜にパク家に訪れた元家政婦によって知らされることになった地下室の存在です。 しかもそこに元家政婦の夫が住んでいるなんて!

この豪邸の前の持ち主の時から家政婦だったこと、人の倍は食べると言われていたことなどの伏線が効いていて、家の中のことは誰よりも詳しく、定期的に食料を地下に運んでいたことが分かります。

それに地下に住んでいる理由が、借金取りに終われ行き着いた場所ということで、キム一家からすると自分たちよりも下の立場の人間が急に現れることになります。

パク家とキム家、金持ちと貧乏人、高台と半地下という二重構造でやってきたのに、ここでまさかの地下室というさらに下の層が登場することで、この物語の深みがグッと増し、前述の“タテの構図”がさらに強調されます。

地下室へ続く階段がとても長い! さらにあの階段を何往復もして上下の移動を際立たせます。

そして、そこから大雨の中を高台から低地へ滝のように下へ下へ流れる雨水とともに水没した半地下の家に帰ることで、この格差がことさらに強調されています。

そして壮絶なラストを迎える

パク一家が急に帰宅することになり、元家政婦を階段の下へと蹴り落とし、その夫を縛り上げ、間一髪ソファの下に身を隠すキム一家。

見つかるんじゃないかとハラハラとしながらも、ソファの上で悠々といちゃつくパク夫婦とソファの下で戦々恐々と息をひそめるキム一家の差にブラックな笑いが込み上げます。

この一連のシーンでもう一つ気になるのは、ジャージャー・ラーメン! パク一家が帰宅する際に留守番役の家政婦の母チュンスクに作るよう指示して料理ですが、これがとても美味しそう! 韓国ではチャパグリと呼ばれる誰もが知るインスタント麺のアレンジメニューなんだそうです。

大雨の中、間一髪逃れることができたキム一家は翌日パク一家の末っ子ダソンの誕生日パーティの準備に駆り出されます。そしてこの誕生日パーティがラストの大舞台となります。

パーティの途中、意を決したキム家の長男ギウは地下室に下りますが、持っていた水石を落としてしまったことから、地下住人の夫グンセの逆襲をくらい、水石で頭を強打され気絶します。

さらに包丁を持ったグンセはパーティに乱入し、誕生日ケーキを運んでいたギジョンを刺してしまう。それをとっさにかばおうとした母チュンスクは、BBQの串でグンセを刺し返し会場は大パニックに。

その場から気絶したダソンを運び出そうとパク社長がキム家の父ギテクに投げさせた車のキーが倒れたグンセの下に落ち、それを取ろうとグンセに近づいたパク社長はその臭いに顔をしかめる。その一瞬の表情を見たギテクは、あろうことかパク社長を刺してしまうのでした……。

ラストの大舞台では、わずかな間に次々と人が死んでいく壮絶な展開を迎えます。

後日、有罪判決を受けたキム一家ですが、長女ギジョンは死亡し、父ギテクはいまだに逃亡中なのだということが分かります。

そしてあの豪邸を遠目から観察していたギウはある日、モールス信号によって父ギテクがあの地下室にいることを知ります。そこからギテクは、いつかこの豪邸を買い取り父を解放する計画を立てるのでした。

ここまでネタバレありでストーリーを見てきましたが、ここからはこの映画のポイントや、そこここに散りばめられたキーワードについて見ていきましょう。

実は90%がセット!

この映画の舞台はほとんどキム一家が暮らす半地下と高台の豪邸なのですが、その両方ともが精巧に作られたセットなんです。

半地下の家は、その周辺の路地裏も含めてなんと全てセットなんだとか。家の中の小道具から壁のシミまで、生活感ある美術も含めてディティールがすごい。

パク家の豪邸もセットじゃないのは家の前の通りくらいなんだそうです(笑)ディティールの美術もそうですが、全く違和感なく見せられるCGなどの技術力の高さがすごい。そしてこんなにもセットに予算をかけられる韓国映画の体制がすごい。

Netflixの大人気韓国ドラマのあのキャストも出演!

パラサイト 半地下の家族』が公開された後にNetflixで配信され話題となった韓国ドラマが、『愛の不時着』と『梨泰院クラス』です。

観た方は気づいたかもしれませんが、なんとこの2作品ともにパラサイトキャストが出演しています。

◎パク・ソジュン

梨泰院クラス』でイガグリ頭の主役パク・セロイを演じていたのが、パク・ソジュンです。本作では、冒頭でギウに水石を渡し、家庭教師のアルバイトを持ちかけたミニョクを演じています。わずかな出演ですが存在感があって、この物語のキッカケを作るとても重要な役所で出演しています。

◎チャン・ヘジン&パク・ミョンフン

チャン・ヘジンは、本作でキム家の母チュンスクを演じていて、パク・ミョンフンは、地下の住人で元家政婦の夫役というキーマンを演じていました。

この二人が揃って出演しているのが『愛の不時着』。北朝鮮の婚約者ソ・ダンの派手な母親とその間抜けな弟がなんとこのコンビ! 愛の不時着では欠かすことのできないコメディリリーフなので観た方は記憶に残っているはず。

ポスターに散りばめられたキーワード

何だか印象的な本作のポスターには色々なキーワードが散りばめられています。二家族の集合写真ですがなぜかみんな目線に黒いバーが入っていて、どこか容疑者のような不穏な雰囲気になります。

そしてまず目につくのが、向かって左側に見切れている脚です。メインの登場人物であるこの二家族以外の人物がいることを結構露骨に示唆しています。

二家族の足もよく見てみると、パク家は身なりもキレイで家の中なのに全員靴を履いていて、対照的にキム家は部屋着で全員裸足です。ここからも相対的な関係性と格差を感じ取れます。

見切れた第三者の脚の向こうには、床に置かれた「水石」があります。この石も映画のキーワードとして後々まで随所で登場します。

さらにその奥、階段にかけられた絵。パク家の末っ子ダソンが描いたこの絵にも意味があり、ダソンはキーパーソンであることも示されています。

水石の謎

水石は、ギウの友人ミニョクがキム家に持ってきました。この石が来た時からギウは家庭教師の仕事を得て、キム家も全員が仕事を得るようになります。半地下の家が水没した際もギウが家から持ち出したのはこの水石でした。

ここまでは良かったのですが、ダソンの誕生パーティの日にこの水石を持って地下に下りたところから流れが変わります。石はギウの手から滑り落ち、逆にピンチを招き相手の武器となってギウの頭を強烈に投打します。

幸運をもたらしたのか、不幸のキッカケを作ったのか、水石を「象徴的だ……」と冒頭でつぶやいたギウ、最後には水石を川に帰すのでした。

インディアン

ギウが最初にパク家に訪問した際に末っ子ダソンがインディアンの格好をしてあちこちにおもちゃの弓を飛ばして家政婦を困らせているシーンが出てきます。

インディアンといえばアメリカ先住民族で後からやってきた白人にその土地を追い出されてしまいましたが、ここでは豪邸の前の持ち主の時からこの家にいた家政婦が、後から来たキム一家に追い出されてしまいます。

さらにダソンの誕生パーティでサプライズでインディアンの格好をしたパク社長とキム家の父ギテクもそれぞれ殺されたり、逃亡したり表舞台から去る運命になりました。

インディアンはそんな象徴として使われています。

モールス信号

センサーが調子悪いと思われていた階段の照明の点滅は、実は地下住人によるモールス信号だった。ボーイスカウトに行っていたダソンであれば解読できるはずと送られ続けていたものでした。「リスペークト!」

このモールス信号はその後地下室に逃れたキム家の父ギテクに引き継がれ、ギウが父の存在を確認するところに繋がっていいきます。

ダソンの描いた絵

パク家に飾られている末っ子ダソンの絵。母親からは芸術的な才能があるのではないかと思われているこの絵ですが、描かれているのはダソンが夜中に冷蔵庫を漁っている時に目撃してしまったという”おばけ”です。このおばけは、その後トラウマとなってダソンの絵に登場しているのですが、このおばけは一体何なのか。それは夜中に食料を求めて地下室から出てきた元家政婦の夫なのです! 暗闇からぬっと現れた男を目撃したダソンはおばけを見たと思い白目をむいて気絶します。

誕生パーティの日、庭に乱入した元家政婦の夫を見たダソンは、再び白目をむいて気絶してしまいます。あのおばけを見た時と同じように。

あの絵もそうやって見ると元家政婦の夫の特徴をよく捉えています。

ギウの計画

キム家の長男ギウは計画好きでキム家では参謀的な立ち位置です。

家庭教師に採用された日に早速妹のギジョンも送り込む計画を立て、家政婦を追い出すための”桃作戦”などの計画を立てて家族をサポートします。

対照的に父ギテクは、「災害など誰も予測できない、計画を立てるから上手くいかない、無計画であれば失敗することはない」と良いのかよく分からない持論の持ち主です。

そんなギウですが、誕生パーティの日に水石を持って地下室に下りる計画は裏目に出て、逆に大惨事に発展し、最悪の結果を招いて自らも頭に後遺症を残してしまいます。

後遺症を残しながらも豪邸の地下室にいる父を救出するために、最後にギウが立てた計画は、「金を儲け、この豪邸を購入し、父を解放する」というものでした。

ポン・ジュノ監督がインタビューで語ったところでは、「ギウの平均年収ではあの家を買うのに547年かかってしまう」とのこと……。

そんな儚すぎる計画を語るジウのナレーションでこの映画は幕を閉じるのでした。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ぜひ、何回でも観返して他の要素も見つけて楽しんで見てくださいね。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

※2020年7月2日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS