ジャッキー最新作『ドラゴンブレイド』は歴史スペクタクルとして間違いない一級品だ!

映画が好きなただのBar主人

店主

還暦を過ぎても精力的に活動する香港が生んだ稀代の大スター、ジャッキー・チェン。彼の最新作『ドラゴンブレイド』が2016年2月12日(金)いよいよ日本公開となりました。

dragon

(C) 2015 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION SHANGHAI FILM GROUP CO., LTD. SHENZHEN TENCENT VIDEO

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

画像を見てもお分かりになると思いますが、本作はジャッキー・チェン主演作としてはあまり多くない史劇モノ(『ラスト・ソルジャー』や武侠モノの『THE MYTH/神話』くらいでしょうか)。

皆が知っているいつものジャッキー作品とは違った、純粋に史劇スペクタクルとしてそしてエンターテイメント作品として素晴らしかった本作をジャッキー大好き筆者が客観性と主観性半々でご紹介致します。

「ジャッキー・チェン映画」という色眼鏡

上記にも申し上げましたが筆者は相当なジャッキー好きで、幼少の頃からジャッキー映画を観て育ちまして。それこそ劇場には行ける限り(親にねだって)足を運び、VHSがレンタルされればレンタル開始日に借りたモノです。

そんな彼の作品群は彼にしか出せない魅力がありますが、永遠の若々しいヒーローキャラだった彼も近年は歳のせいもありますが映画での立ち回りや見せ方も変わりつつあります(ヒーローであり続けて欲しい願望も個人的にはありますが)。

「ジャッキー映画」はラーメンで言うとラーメン二郎のような、香港映画やアクション映画の中でも別ジャンルとして確立しているように思えます。「ジャッキーが主演する」というだけで色眼鏡がかかってしまうのは仕方のないことなのでしょう(それだけ魅力があるとも言えますが)。

legend

(C)2013 Jackie & JJ Productions Limited, Wanda Media Company Limited and Starlit HK International Media Company Limited All rights reserved

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

近年は「ジャッキー映画」としては勿論、”純粋な映画”として勝負出来る作品も。2013年公開の前作『ポリスストーリー・レジェンド』は今までにない役柄(娘を想う父親役)、重厚なドラマで魅せる傑作に仕上げており正に新境地といえる記念すべき作品になりました。

そして最新作である『ドラゴンブレイド』は、ジャッキー作品の名残りは残しつつも「史劇スペクタクル」として純粋に見応えがある作品に仕上がっております。その面白さは『レッド・クリフ』『グラディエイター』『ブレイブハート』級かと(ここは色眼鏡あるかもですがそこまで言います)。

まさかジャッキー映画で古代ローマ軍の戦い方が観れるとは!

本作の舞台は紀元前の頃の中国。シルクロードの平和を守る司令官(ジャッキー)は、陰謀により亡命したローマ帝国の軍と共闘し、攻め入るローマ帝国最強の大軍勢と壮大な戦いを繰り広げる…というストーリー。

ジャッキーが出るのでジャッキーは勿論、他キャストもキレのあるアクションを見せてくれます(アクション監督もジャッキーが担当)。中盤の模擬試合でのローマ軍と漢軍の手練れたちの対決は特に素晴らしい!

今までのジャッキー作品だと中央突破で戦って苦戦しながらもジャッキーが解決!みたいなノリですが、本作はあくまで戦(いくさ)としての戦い方が描かれておりこれがジャッキー映画なのかと驚かされます。

集団で陣形を組み、盾を使ってじわじわと攻めてくる古代ローマの戦い方等のリアルな描写に脱帽!シルクロードを舞台に展開される壮大な戦闘シーンもド迫力なので是非ともスクリーンでご鑑賞頂きたいです。

ジャッキー演じる警備隊長は正に聖人かつヒーロー的な立ち位置でそこはジャッキーならではですが、近年はあまり見られない、80年代の主演作に多かったちょっぴりスケベでお調子モノなキャラクターもまたやって欲しいものです。

現代の世界における中国の存在感と思想を再認識させられる作品

今となっては経済において世界にその存在感を見せつける中華人民共和国。映画でもそのマーケットは巨大となり『トランスフォーマー』『アイアンマン』『パシフィックリム』でも中国が舞台になるケースも増えております。

そんな中、本作は世界において存在感が増した中国が世界の中で望む立ち位置を描いている作品なのかもしれません。様々な部族と亡命したローマ軍をジャッキーがまとめるという展開も正にその表れではないでしょうか(凄く熱い展開で燃えます)。

俳優もローマ軍の将軍をジョン・キューザック、悪役にエイドリアン・ブロディとハリウッドの実力派を揃えており、そのキャスティングにも力の入れようが分かります。

特にエイドリアン・ブロディは憎っくき悪役を好演しており、『グラディエイター』のホアキン・フェニックス演じるコモドゥスを更に強そうにした感じで非常に存在感がありました(キューザックも悪くなかったですよ)。

思想うんぬんは多くは語りませんが、本作は映画として、そして立派な史劇エンターテイメントとして優れた作品だと筆者は胸を張ってお勧めします。本作を鑑賞して今後のジャッキーの活躍が益々楽しみで仕方ありません。

ジャッキー・チェンは、いつまでも永遠のヒーローなのです。

 

※2021年6月14日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • XXXXX
    4.3
    ジャッキー・チェン、ジョン・キューザック、エイドリアン・ブロディ主演の歴史スペクタクル超大作!リブートレビューでごめんなさい🙏 監督は『三国志』のダニエル・リー。 前漢の中国、シルクロードでは36の部族が絶えず領土や利権を巡り、紛争を繰り広げていた。警備隊のフォ・アンは平和維持の為に日々職務に勤めていた。一方ローマ帝国では、内紛から将軍ルシウスと末息子が東方へ逃亡していた。やがて、2人が出会い固い友情で結ばれていくが...。 製作費80億円という超大作!今のジャッキーでないと製作できない作品。物語も重厚なストーリーだし、ジャッキーらしいギャグも織り込まれていて、非常に好感が持てます。ただ、後半からのかなりシビアな展開なんかは、ジャッキー映画としてはかなり異色です。 世界平和を祈るジャッキーの熱い想いが炸裂した作品で、非常に熱いドラマになっています。さすがにアクションシーンこそ、少なめではありますが、拳シリーズを思わせるシーンなど、オールドファンにも楽しめる作品です。 ローマ帝国の国歌の合唱シーンは、思わず涙が...。ジョン・キューザックの熱演や、エイドリアン・ブロディの悪役っぷりも良かった。 実は中国公開版のオリジナル版が127分に対し、日本公開版は20分もカットされてしまい、話が飛び過ぎて付いていけない部分があります。笑 中国公開版はBlu-rayにしか収録されていないので、この作品をしっかり楽しみたいなら、絶対にBlu-ray買おう!(いつものステマ😊 全盛期の作品に比べれば、熱量という部分では落ちるし、今の混沌とした世界情勢を思うと、色々複雑な面はあるけど、エンタメ時代劇超大作としては、充分及第点だと思います。ちなみに、韓国の人気アイドルチェ・シウォンが出演してるので、韓流ファンにもオススメできる作品です! とりあえずAmazonプライム見放題にあるので、要チェキ⭐️
  • -
    2020年3月12日
  • こばやし
    -
    過去視聴
  • ガブXスカイウォーカー
    3.7
    製作7年、製作費80億円、製作総指揮・製作・アクション指導・主題歌・主演:ジャッキー・チェン。もうこれだけでいかにジャッキーが今作に力を入れていたかがわかるだろう。 しかも時代設定は2000年前の前漢時代の中国なのでいつものカンフーはなく、物語はかなりシリアスだ。もちろコミカルなシーンもあるが、『プロジェクトA』や『ラッシュアワー』のようなノーテンキなギャグアクション物とは違うジャッキー映画を味わえる。 さらに、400頭の馬と数百人のエキストラを投入した戦闘シーン、実際に建造された巨大な砦などのセットの重量感と迫力も楽しめることだろう。 だが疑問もある。今作は「シルクロードで古代ローマ帝国と中国西域連合が戦っていた」と言う設定の下、敵対していた異民族が人種や宗教を越えて友情を深め合うことの素晴らしさを訴えている。テーマはまさに平和。しかし、平和のために手を組んで共通の憎々しい敵を倒すことはどうなのだろう? 映画を盛り上げるためとはいえ、結局、誰かと戦うのか? ・・・・いや、これはフィクションに野暮なツッコミであった。 今作は戦争の起こっている現在と重ねて鑑賞し、何かを感じ取ってほしい超大作と言えよう。
  • KOU
    3.5
    22-027
ドラゴン・ブレイド
のレビュー(1466件)