中南米の裏社会!『エスコバル/楽園の掟』麻薬密売組織のボスが注目される理由とは?

俺は木こりだいい男よく眠りよく働く

谷越カニ

近年、パブロ・エスコバルという人物の名をよく見聞きするようになりました。

Netflixに彼を題材にしたドラマが2作品、ドキュメンタリー映画まで配信されている「人気者」です。3月12日にはベニチオ・デル・トロ主演の『エスコバル/楽園の掟』が公開されます。

しかし、彼の正体はコロンビア最大の麻薬密売組織のボス!アメリカにコカインを大量に輸出した男がなぜ注目を集めているのか、ドラマやドキュメンタリー、『エスコバル/楽園の掟』について紹介しつつ説明していきたいと思います。

パブロ・エスコバルとは何者か?

escober

出典:https://www.flickr.com/photos/mnrqz/5585695060/

1949年生まれのエスコバルはコカイン取引で富を築いたコロンビアの麻薬王です。

彼が率いたメデジン・カルテルは世界のコカイン市場の8割を支配するほど力をつけ、慈善事業に力を入れることで市民からの支持も厚かったそうです。

支持を集めようとした理由は政治家になるため。国会議員になった時期もありましたが、相次ぐスキャンダルで国会から追放されてしまいます。

これを機にメデジン・カルテルはテロ組織と化し、暗殺から航空機の爆破まで手広く破壊活動を行っていくことになります。

なぜエスコバルを題材にした作品が作られるのか?

エスコバル人気に影響を与えているのはメキシコ麻薬戦争だと思われます。

麻薬カルテルによる非人道的な殺人事件が多発し世界中で注目を集めたことを受け、同様の題材を実話を元にして作れば人気が出ると踏んだのでしょう。

メキシコの麻薬カルテルが力をつけた背景にエスコバル率いるメデジン・カルテルの滅亡があることも関心を呼ぶ要因になったと考えられます。

エスコバルを題材にした傑作ドラマ『ナルコス』

Netflixのオリジナルドラマ。IMDbのスコアは9という高い評価を受けています(『ハウス・オブ・カーズ』や『ファーゴ』と同スコア)。

ゴーン・ガール』に脇役として出演したボイド・ボルブルックがDEA(麻薬取締局)の捜査官マーフィーを演じ、彼がエスコバルを追い詰めていく物語です。

テレビ放送を前提としたドラマでは実現不可能なほど凄惨な描写とセミドキュメンタリー風の演出が魅力的。

作風が傑作映画『シティ・オブ・ゴッド』に近いという意見もあるようです。

嘘だろ?と思ってしまうような出来事も多々ありますが、そのほとんどが現実に起きたことだと教えてくれるのがドキュメンタリー『パブロ エスコバルが作り上げた時代』です。

淡々と事実が語られていく『パブロ エスコバルが作り上げた時代』

escobar

出典:https://www.flickr.com/photos/home_of_chaos/8780245471/

本作はジャーナリストやコロンビアの大統領、メデジン・カルテルの元メンバーらがエスコバルについて語るインタビューとメディアが報じたニュース映像を交互に映すドキュメンタリーです。

淡々と進行していく中で映る映像や語られるエピソードは『ナルコス』と全く同じ。あれ事実だったの!?と驚いてしまう点も多々あります。

ドラマが取りこぼしたエスコバルの真実を補完している部分もあるので、『ナルコス』のファンは見ても損はありません。

3月12日公開の『エスコバル/楽園の掟』はどんな映画なのか?

escobar

(C)2014 Chapter 2 – Orange Studio – Pathé Production – Norsean Plus S.L – Paradise Lost Film A.I.E – Nexus Factory – Umedia – Jouror Developpement

主演は『スター・ウォーズ/エピソード8』に出演が決定したベニチオ・デル・トロ。監督は本作が初監督作品となる俳優のアンドレア・ディ・ステファノです。

カナダ人の青年がコロンビア人女性と結婚したことでメデジン・カルテルの一員として取り込まれ、逃げられなくなるというストーリー。

『ナルコス』はエスコバルを対立する立場から描いたドラマですが、本作は『グッドフェローズ』のように内部からエスコバルの恐ろしさを描いた映画です。

観客はコロンビアの裏社会を疑似体験することができ、その恐ろしさを痛感することでしょう。

海外での評判は賛否あるもののデル・トロの演技を高く評価する声が多いようです。絶賛する側は熱烈に支持し、批判する側からは、デル・トロの演技は評価するけど1980年代のドラマのようだという意見が見られます。

題材が題材なだけに人を選ぶ映画なようですね。ただし、デル・トロファンは必見です!

今後もエスコバル人気は続く?

『ナルコス』はシーズン2製作が決まっており、当分はエスコバル人気は衰えないでしょう。

しかし、既に多数の作品が製作されていることもあり、いずれ賞味期限は切れます。その時もてはやされるのは、ショーン・ペンのインタビューを受けたメキシコの麻薬王ホアキン・グスマンかもしれません。

中南米の裏社会を舞台にした作品は当分の間流行しそうです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • こころ
    -
    麻薬カルテル物は大好きで特にパブロ・エスコバルを題材にしている作品が好き。 この作品は対立した目線でなく 内部の目線で描かれているのが新鮮だった。内部ならではの恐ろしさ。 胸が苦しくなった。
  • 肩パット3ツ
    4.3
    麻薬カルテルものは何故か惹かれる。 メキシコじゃなくコロンビアにもこんな麻薬王がいたのか。 一度関わったら逃げられない。恐ろしい。 貧しい人達に絶大な指示を得ていたり神を異常に信じていたり、善悪とはなんなのか..。 サスペンス、ドラマとしてもとても楽しめた。
  • 柔道家
    3.8
    無慈悲・・・。 マリアかわいい! しかし、自分が同様の選択を迫られたらと思うと、ゾッとする。 日本人で良かった。
  • たっツん
    3.9
    彼の言う"家族"とは全員ペットの事でした。
  • umisodachi
    3.9
    以前のレビューをこちらにも。 『エスコバル 楽園の掟』鑑賞。雪山、熊、南米犯罪組織の3つをこの世で何よりも怖れているのに、惹かれてしまうのはなぜだろう。想像通りの恐怖映画だった。 内容は、カナダからコロンビアにきた若者ニックが、国会議員であり麻薬王でもあるエスコバルの姪と恋に落ちたことから、その強大なパワーと恐怖に巻き込まれていく姿を描いたクライムアクションムービー。 ジョシュ・ハッチャーソンは『ハンガーゲーム』よろしくイラつくほど見事な巻き込まれっぷりを演じているわけだが、やはりこの映画で観るべきは麻薬王パブロ・エスコバルを演じるベニチオ・デル・トロだろう。こういうキャラクターを『目が笑っていない』風に演じるだけに留まらず、家族といるときだけは『目も笑っている』演技ができるのが本当に凄いと思う。 残虐なシーンは最低限に抑えられているのに、ベニチオ・デル・トロがとにかく怖い。特にテレビでサッカー観てるシーンが恐怖で「ヒィー!ヤメロー!それ以上ジョシュ口を開くなー!」と叫びたくなった……。 冒頭、キリストが磔前夜に捧げたゲッセマネの祈りを思わせるシチュエーションで登場するエスコバルだが、サッカーシーンでニックに見せる反応を経て、最後の最後に神父に言い放つ台詞に度肝を抜かれた。行動や派手な描写ではなく、要所要所で【神】という言葉を用いることで、エスコバルがバケモノだということを表現するやり方がスマートで巧いと思った。 全体としてはニックが巻き込まれるクライムアクションになっていて飽きさせないし。『悪の法則』的なエグさを期待するとガッカリするかもしれないが、私にとっては秀作。
エスコバル 楽園の掟
のレビュー(834件)