スルーしていませんか?不思議な魅力のあるジャンル「刑事物映画」より傑作7作品

2016.03.14
映画

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

刑事物」、それは時に熱く、時に渋く、時に目を覆いたくなるような映画でありながら映画の創世記から今に至るまで延々と作られ続けるジャンル。

今回はそんな「刑事物」という大枠のくくりの中で、傑作でありながら割と見ている人の少ない映画7作をご紹介していきます。

王道中の王道、足で情報を稼ぐ刑事ドラマの鉄板作

砂の器

まず最初にご紹介するのは1974年に公開された『砂の器』。

松本清張の同名小説を実写化した『砂の器』は、地道な捜索と足で情報を稼ぐ捜査の2つを丹念に描いた刑事物の王道であり鉄板作品。

真夏の扇風機しかない部屋で行われる暑苦しい捜査会議や、炎天下の下での捜査活動など今とは時代が違うものの日本の警察という職業の捜査を描く映像の骨子となったシーンはいつ観ても色褪せません。

海外でも高い評価を受け、映画の中枢とも言える音楽とクライマックスの演出、日本の刑事映画を語る上で見逃してはならない傑作です。

猟奇殺人を追う2人の刑事、猟奇犯罪の謎を描いたサイコミステリー

クリムゾン・リバー

猟奇殺人を描いた刑事映画と言えば一般的に『羊たちの沈黙』や『セブン』が多くあがります。確かにこの2つも傑作であり名作であるのですが、筆者がオススメしたいのは2001年に公開されたフランス映画『クリムゾン・リバー』。

両手を切断され、目をえぐられ、胎児の様な格好で遺棄された男の事件を調べる優秀な刑事と、墓荒しの捜査をすすめる所轄の刑事。それぞれの捜査がやがて街そのものの異常に繋がる。

異常犯罪を題材にしながらもその異常な謎にしっかりと意味合いをつける内容と、『レオン』のジャン・レノ演じる寡黙な刑事と『ブラック・スワン』などで活躍をフランス内外で広げるヴァンサン・カッセル演じるお調子者の刑事のバディムービーとしても大好きな作品です。

老練、凶暴、正義漢、色の違う3人の刑事がたどり着く警察組織の闇

コンフィデンシャル

刑事物で群像劇と言えばこの映画『L.A.コンフィデンシャル』。

ドラマのアドバイザーを務めるほどの老練刑事、血の気が多く何かとすぐに暴力を振るう荒くれ刑事、実直で仲間の不正であろうとも告発する生真面目な刑事。喫茶店で刑事を含めた客全員が殺害された事件を主軸に、刑事たちの思惑が入り乱れる。

アカデミー賞助演女優賞と脚色賞に輝き、ケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウ、ガイ・ピアースなど今や超有名な俳優が並ぶこの映画はフィルム・ノワールの要素も取り入れた刑事物群像劇。

誰が何を考え、どのように動くのか、その行動の行く末は・・・・・・一度鑑賞しただけでは魅力を吸い取りきれない奥深さも評価される理由です。

監督、北野武誕生。和製バイオレンス映画

凶暴につき

和製刑事物として忘れてはいけないのがビートたけしこと北野武初監督作『その男、凶暴につき』。

この映画の特徴は何と言っても暴力に継ぐ暴力。ハードボイルドという暴力の多い映画のジャンルの中でも突出して過激な暴力シーンが多く「何が起きるのか分からない」というホラー映画のような恐怖心やドキドキ感により鑑賞中は冷や汗が止まりません。

一方で暴力に反するかの様な淡い色合いと、静かな劇中のBGMなど後の北野映画の原点となる要素の数々が監督としての北野武の才能を感じさせる作品です。

遥か未来を舞台に描かれるSFアクションサスペンス

マイノリティ・リポート

「刑事物ってちょっと地味な印象があって……」という人にオススメなのはトム・クルーズ主演の『マイノリティ・リポート』。

予知能力者を使った「完璧」な殺人予知システムが稼働した世界、人が殺人を犯す前に逮捕する犯罪予防局の刑事ジョンは自身が見ず知らずの男性を殺害する予知を受けてしまう。あり得ない予知を突きつけられたジョンは罠であると確信し、システムから逃れ真実を探す。

SF+逃亡物+刑事物+アクションでしかも監督はスティーブン・スピルバーグ。これだけ詰まっていたらおもしろく無い訳がない!迫力のアクションシーンと10年以上前の作品でありながら遜色のないCGの出来で必見の作品!

しかもしかも、コリン・ファレル演じるウィットワーの捜査の流れは『逃亡者』のようでもあり前述した『L.A.コンフィデンシャル』のようでもあり、意外な真実と物語の終着点は刑事物としても楽しめます。

麒麟像の前で発見された刺殺体、彼は最期に何を願ったのか

麒麟の翼

ドラマ『新参者』の劇場版である『麒麟の翼』は映画単体としても高水準の作品。

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズの実写ドラマ版である『新参者』は1冊の小説を1クールまで引き伸ばしたにも関わらずその完成度の高さに人気が出てSPドラマや劇場版にまで発展することになりました。

しかし、劇場版となると「ドラマを観てないしなー」と言う理由から敬遠してしまう人も少なくありません。その点この作品は細かな人物の繋がりはあっても、事件そのものに繋がりはなく新規の人でもすんなり作品に入れます。

刑事でありながら、推理小説で言うところの探偵役の要素を兼ね揃えた加賀恭一郎の捜査の先にある被害者の最期の願い。皆さんも是非鑑賞してみてください。

差別、貧困、未だ変わらぬ南アで巻き起こる猟奇殺人

ケープタウン

最後に紹介するのは2014年に公開された『ケープタウン』。

南アフリカのケープタウンで惨殺された女性の死体が発見される。すぐさま捜査に乗り出した警部のアリと部下のブライアンはこの事件が巷で流行る薬物へと繋がることを知る。

ネルソン・マンデラにより改善こそされたものの未だに差別や貧困などの問題が残る南アフリカのケープタウンを舞台に繰り広げられる重厚で猟奇的で辛い物語

静かな信念を燃やすズールー族の刑事アリと、自堕落で酒と女に溺れるが有能な刑事ブライアンの信頼関係の描き方もフォレスト・ウィテカーとオーランド・ブルームの演技により魅力を増し地名度が高くないのがもったいないほどの出来。

燃やすべき信念とは、果たすべき行為とは、アリの最後の行動にも注目してください。

まとめ

刑事物には不思議な魅力があります。謎を解明していくおもしろさ、正義とは何なのかを問いかけるメッセージ性、一言では語り切れないほどの魅力が詰まったジャンルだからこそ今に至っても手を変え品を変え様々な映画が製作されているのです。

今回紹介させて頂いたのはその中でもごく一握り、興味を持って頂けた、もしくは全て見たことのある映画だったという人もこれを気にまだ見ぬ刑事物映画に触れてみてはいかがでしょうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ちはな
    3.5
    昭和だね あぁ あの人もこの人も出てるんだぁって感じ ハンセン病って伝染るから隔離なんだと単純に思ってたんだけど 「業病」や「天刑病」などと呼ばれ 前世の罪の報い もしくは悪しき血筋による病との迷信があったそうで それを発病することは罪悪を犯すことと同義とされたそう これを踏まえて『差別』を理解してこそ深みを増す作品かなぁと 途中 誰の子でどこん家の養子?がよく分からなくなっちゃったんだけど 最後に事件の経緯を丁寧になぞってくれるので納得できた しかし ピアノ弾きながら指揮者もやるってありなん?
  • yukar
    3.2
    先輩から邦画で1番の映画とオススメされて視聴 最後にセリフなしのシーンが20分くらいあり、それについては邦画ならではの情緒を感じる人もいるんだろうけど、洋画に慣れ親しんだ20代30代には向かないかな 当時の時代背景を知る資料映画としては価値があるかもしれないけど、今見ても色褪せない名作とは思えない 結局最後まで殺人の動機はイマイチ理解できなかったが、とあるブログで 「当時ライ病は「業病」と考えられていて、そのカルマから逃れられなかったので犯人は殺人に及んだ」 という説明があり、それを読んだらこの映画の奥深さが分かり評価がグッと上がった あと、音楽は耳に残り良かったのと、実直に仕事に向き合う刑事の姿がカッコよくプラスポイント
  • miiiiiiiio16
    -
    冒頭より。 「つくっては壊れを繰り返す砂の器のように人の幸せは儚いもの」 原作もいいけどあの放浪シーン。これがある分、映画の方が圧倒的にいい。 目を閉じても、あの父親との放浪のシーンがまざまざと目に浮かぶ。 自分を育ててくれた大事な人を殺した、和賀英良の気持ちは到底わからない。 それでも、幼くして父親と離れ離れになったあの幼い英良の気持ちを想像しては、 砂の器のように脆いものではない、違うかたちの幸せを手にして欲しかった と、願わずにはいられはない。
  • 映画みます
    5.0
    【備忘録】 「知りませんっ そんな人は知りませんっ」 刑事から1枚のの写真を見せられ「長年お探しの貴方の息子さんではないですか?」と問われた瞬間、 それまで死人のように生気のなかった本浦千代吉(加藤嘉)が力の限り全身で否定をし慟哭するシーン。 涙腺決壊からの破壊、息もできないくらい号泣に次ぐ号泣で過呼吸のあまり全身が痺れ もはや劇場では見れない作品なのだ😭 父と子の壮絶な「宿命」の日々が 現代の日本において殆どの人々が衣食住に苦労せず、物が溢れ豊かな生活を送れてることへの警鐘を鳴らす。 そして平凡であることの幸せを改めて思い知らされるのだ。 「砂の器」を超える邦画に出会ったことはない👏 「ハンセン氏病は、医学の進歩により特効薬もあり、現在では完全に回復し、社会復帰が続いている。それを拒むものは、まだ根強く残っている非科学的な偏見と差別のみであり、本浦千代吉のような患者はもうどこにもいない」 松本清張の新聞小説を映画化するにあたって計画段階で全国ハンセン氏病患者協議会(のち「全国ハンセン病療養所入所者協議会」)から偏見を助長すると反対、抗議され製作サイドが上記文言をエンドロールに盛り込むことで製作が続行されたというエピソード。 しかしながら1974年の公開後も 社会の無知、誤解、無関心または根拠の無い恐れから国家の政策は遅れを取り1996年の「らい予防法」の廃止までハンセン病患者への偏見が続いてたという事実を忘れてはいけない!! 4月のシネマコンサートでも号泣してきました😭 すごく良かったです👏👏👏 また行きたい!!
  • ちぬじ
    -
    記録
「砂の器」
のレビュー(2389件)