映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のあらすじ&キャスト一覧!“フェーズ4”はどうなる?など注目点もまとめて紹介

movies for life

フウナ

「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」シリーズ 22作目となる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のあらすじ&キャスト、見どころを紹介。

マーベル・コミックスの人気ヒーローたちが一堂に集まる豪華さとヒーローたちが敗北するという衝撃の結末でファンを驚かせ、世界興行収入でシリーズ最高を記録する大ヒットとなった前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)。本作は前作の続編にして、「アベンジャーズ」シリーズの完結編となる。製作は「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」を成功に導いたケヴィン・ファイギ。監督は前作に引き続きアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソが担当した。

本記事は『アベンジャーズ/エンドゲーム』のあらすじ&キャスト、見どころをご紹介します。

アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)あらすじ

アベンジャーズエンドゲーム

宇宙の均衡を保つため、無限の力を持つインフィニティ・ガントレットを使い全宇宙の生命の半数を消失させたサノス(ジョシュ・ブローリン)。大切な家族や友人を失い、ヒーローたちは絶望に打ちひしがれる。半数が塵と消えてから5年、生き残ったヒーローたちは悲しみを抱えながらもそれぞれの活動に勤しんでいた。ある時、スティーブ(クリス・エヴァンス)、ナターシャ(スカーレット・ヨハンソン)の前に5年前に量子世界に閉じ込められたはずのスコット・ラング=アントマン(ポール・ラッド)が現れる。スコットとの再会により、わずかな希望が見えてきたスティーブは残されたメンバーを再結集し、インフィニティ・ストーンを集めるため過去へ飛ぶのだった。

 

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

キャスト&スタッフ紹介

アイアンマン/トニー・スターク:ロバート・ダウニー・Jr

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース:クリス・エヴァンス

ソー・オーディンソン:クリス・ヘムズワース

ハルク/ブルース・バナー:マーク・ラファロ

ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ:スカーレット・ヨハンソン

ホークアイ/クリント・バートン:ジェレミー・レナー

ウォーマシン/ジェームズ・“ローディ”・ローズ:ドン・チードル

アントマン/スコット・ラング:ポール・ラッド

キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース:ブリー・ラーソン

ネビュラ:カレン・ギラン

ロケット:ブラッドリー・クーパー

オコエ:ダナイ・グリラ

ウォン:ベネディクト・ウォン

ハッピー・ホーガン:ジョン・ファヴロー

ペッパー・ポッツ:グウィネス・パルトロウ

サノス:ジョシュ・ブローリン

監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ

脚本:クリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリー

製作:ケヴィン・ファイギ(p.g.a.)

製作総指揮:ルイス・デスポジート、ビクトリア・アロンソ、マイケル・グリロ、トリン・トラン、ジョン・ファヴロージェームズ・ガンスタン・リー

撮影監督:トレント・オパロック

音楽:アラン・シルヴェストリ

アベンジャーズ/エンドゲーム』の見どころ&注目すべき点

初期メンバーの再結集

アベンジャーズエンドゲーム

全宇宙の半分を消されてしまうという敗北を喫したアベンジャーズ。失った者たちを取り戻すため残ったメンバーたちで再結集する。そのメンバーがアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホークアイというアベンジャーズの初期メンバーに、ウォーマシン、ロケット、ネビュラ、前作には登場しなかったアントマンと新ヒーローのキャプテン・マーベルが加わる。本作で特に注目してほしいのが、初期メンバーの活躍だ。『アベンジャーズ』(2012)でバラバラの状態からチームになった彼ら。地球を守るためチームとして絆を深め、今では“家族”とも言える存在だ。本作はそんな彼らの最後の戦いと言っても過言ではない。ヒーローとして戦う彼らの活躍を目に焼き付けてほしい。

映画史に残る最高傑作

アベンジャーズエンドゲーム

アイアンマン』(2008)を皮切りに、10年以上に渡って22作のヒーロー映画を生み出してきた「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」。今や世界で最も成功した映画シリーズと言われるほど、多くの人に愛される作品となった。そんな「MCU」の名を轟かせることになったのが、主役級のヒーローたちが集結する「アベンジャーズ」シリーズだ。映画史を塗り替える大ヒットとなった1作目『アベンジャーズ』(2012)、「MCU」10周年目の集大成となった3作目『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)は世界歴代興行収入トップ10入り。シリーズ完結編となる本作は「アバター」が打ち立てたランキング1位を塗り替える偉業を達成し、空前のヒット作を締めくくった。

「MCU」の新たな展開

アベンジャーズエンドゲーム

数多くのヒーローの誕生と変化を描いてきた「MCU」は、『アイアンマン』(2008)から『アベンジャーズ』(2012)を「フェーズ1」、『アイアンマン3』(2013)から『アントマン』(2015)を「フェーズ2」、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)から『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)までを「フェーズ3」とし、フェーズ1〜3までを「インフィニティ・サーガ」と呼ぶ。本作までの22作がインフィニティ・ストーンによって繋がっていたため、本作で「インフィニティ・サーガ」を締めくくる作品になると思われていたが、23作目となる『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)が「フェーズ3」また「インフィニティ・サーガ」を締めくくる重要な作品になる。

アベンジャーズエンドゲーム

「MCU」が新たな展開を迎える「フェーズ4」では、アベンジャーズの初期メンバーとして活躍してきたブラック・ウィドウの単独映画『ブラック・ウィドウ』(2021)や「MCU」史上最も古い時代の物語になる『エターナルズ(原題)』(2021)など多くの作品が発表されている。新しいヒーローの登場など、今後も「MCU」の作品から目が離せない。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』が観られるVODサービスは?

・Amazonプライムビデオ ◎レンタル

・U-NEXT ◎レンタル

・Rakuten TV ◎レンタル

・ビデオマーケット ◎レンタル

「アベンジャーズ」シリーズを全作品公開順に観るなら?

(1)『アイアンマン』(2008)
(2)『インクレディブル・ハルク』(2008)
(3)『アイアンマン2』(2010)
(4)『マイティ・ソー』(2011)
(5)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)
(6)『アベンジャーズ』(2012)
(7)『アイアンマン3』(2013)
(8)『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)
(9)『キャプテンアメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)
(10)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
(11)『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)
(12)『アントマン』(2015)
(13)『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)
(14)『ドクター・ストレンジ』(2016)
(15)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)
(16)『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)
(17)『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(2017)
(18)『ブラックパンサー』(2018)
(19)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)
(20)『アントマン&ワスプ』(2018)
(21)『キャプテン・マーベル』(2019)
(22)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)
(23)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)

※本記事で紹介した作品に「」をつけます。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)2019 MARVEL

※2020年11月27日時点の情報です。