【ジョニー・デップ女装伝説】隠れた名作『夜になるまえに』で魅せた艶かしい姿

腐女子目線で映画をフィーチャーしてみる。

阿刀ゼルダ

男臭さむんむんジャック・スパロウ演じるジョニー・デップが女装!?

7月1日公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』に向けて話題が盛り上がっている今日この頃。

パイレーツオブカリビアン最後の戦い

「パイレーツ・オブ・カリビアン」と言えば、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの個性抜きには語れません。
これまでの海賊船船長のイメージをくつがえしたジャック・スパロウ……独特の無国籍ファッション、奔放さ、陸に上がるとなぜかおぼつかない足取りになるクセまで、こだわりがいっぱい。

当初はディズニー上層部に不安を抱かれていたというジョニー・デップの役作りですが、結果は見事なまでの大ヒット!
シリーズ5作の平均予算が約250億円(Box Office Mojoによる)という超大作で自己流を押し通す度胸も凄いし、その上でしっかり観客の心を掴んだのも、さすがと言うほかはありません。

独特の役作りで、手がハサミの人造人間・頭にカラスをのっけた悪霊ハンターから、最近ではドナルド・トランプ現アメリカ大統領まで、個性あふれる役柄をこなしてきたジョニー・デップ
今日は、そんなジョニー・デップが妖艶な女装姿を披露した貴重な映画『夜になるまえに』(00)をご紹介しましょう。

悲劇の詩人レイナルド・アレナスが獄中で出会う、ふたりのジョニー

夜になるまえに

夜になるまえに』は、ゲイの詩人レイナルド・アレナス(1943〜1990)が書いた同名の自伝小説に基づいた作品
レイナルドはキューバ人、主に1959年のキューバ革命とその後のカストロ政権の時代を描いています。

革命成功の熱狂もつかのま、その後到来した共産主義社会ではゲイは違法な存在に。
ゲイというだけでなく、影響力ある文筆家でもある主人公レイナルド(ハビエル・バルデムは、体制批判に敏感なカストロ政権に「反革命分子」とみなされて犯罪者に、刑務所生活を送ることになります。
そこでジョニー・デップ演じる2人の人物に出会うことに――そうなんです、なんと彼、本作では一人二役を演じているんですよ。

男子刑務所でモンローウォークを見せつける「運び屋」のゲイ・ボンボン

ジョニー・デップ演じる人物の1人目は、レイナルドと同じく囚人で、ボンボンという名のゲイ。
月に一度、屋上での日光浴の日に、ボンボンは完璧な女装姿で屋上に現れ、確信に満ちたモンローウォークと流し目で囚人たちを挑発します。

ジョニー・デップ
(Youtubeより)

「女装」と言っても獄中のあり合わせのものをかき集めてのおめかし。ホルターネックの「ドレス」も、よく見るとあり合わせ感満載です。
しかしガラクタをまといながらも「絶世の美女オーラ」を全身からビシビシと発しているボンボンには、まぎれもない本物の貫禄が!
剃り残しの口ヒゲは、むしろ愛すべきチャームポイントでしかありません。

さらに、「運び屋」というプロフィールがまた意味深。厳しく管理された刑務所で運び屋と言ったら隠し場所はどこか? もうお分かりですよね。

ティム・バートン監督作『エド・ウッド』(94)でもジョニー・デップの女装姿は見られますが、妖艶さでは断然こちら。
このボンボン、どうやらレイナルドに気がある風なのも見どころです。

主人公を魅了する「美男の中尉」

ジョニー・デップが演じるもう一人の人物は、レイナルドが内心「美男の中尉」と呼んでいる政府の役人・ピクトル中尉。
ピクトル中尉はレイナルドに、今後政府に協力することを誓う反省文を書かせます。
もっとも、反省文を書く間も、レイナルドは目の前に座っている「美男の中尉」の下半身のことで頭が一杯!

変態? それも否定しませんが(笑)、レイナルドは表面では政府に屈したものの、その実は反省文を書いている間も変わらずゲイ=反体制の存在であり続けたという意味でもここは面白いところです。
書き続けることと同性に恋すること、それこそがレイナルドの反体制レジスタンスですから。

レイナルドを説得しようとするピクトル中尉が、レイナルドの口に銃を突っ込んで脅す場面も。
口に銃を突っ込むシーンは、基本的に性的な暗示を含んでいると考えてほぼ間違いありません。
本作の場合はレイナルドの願望のアナロジー。
このシーンのダブルミーニングがいい感じに匂ってくるのは、やはり中尉がジョニー・デップだからこそでしょう。

モーロ城
レイナルド・アレナスが収容されていたモーロ刑務所はもともとスペイン統治時代に築かれた要塞で、現在は世界遺産になっています。(C)Michael Toft Schmidt

よく考えるとジョニーらしい出演作

カストロ政権を批判した反体制文学の映画化ということで、カストロ存命中だった製作当時はかなり政治色の強い映画だったはずの本作。出演者を選ぶ内容です。

ジョニー・デップショーン・ペン(キューバの農夫役)というリベラルな顔ぶれには、この映画のカラーがよく表われている気がします。
この当時のジョニー・デップにしてはチョイ役で登場しているのは、当時長女リリー=ローズ・デップが誕生したばかりで、育児のため仕事を減らしたかったという個人的な事情があったようですね。

ゲイであることを「証明」すればキューバ出国を許可された!

さて、その後のレイナルド、1980年についに念願のキューバ脱出が叶います。
反政府運動に手を焼いたカストロ政権は、アメリカが難民受け入れを許可するや、異端分子をアメリカに送り着けて一掃するという策に出ます。そんなわけで、ゲイであることを「証明」すれば出国できるという絶好の出国の機会が生まれたのです。
警察署で審査官にゲイかどうかを審査されることになったレイナルド。気になるその審査方法とは……

「ウォーク! ウォーク!」

つまり、歩き方でわかる、というわけです。

冗談みたいな話ですが、原作にもあるので恐らく実話でしょう。
レイナルドはこのウォーキング・テストに無事合格し、晴れてアメリカへと出国します。渡米後、相変わらず偏見や貧困に苦しめられながらも書き上げたのがこの映画の原作です。

カストロ政権への強い怒りが溢れた原作……実はかなりシリアスな内容です。
監督のジュリアン・シュナーベルは、原作の政治色を抑え、一方で原作に漂うキューバ人的楽観主義を映像に引き出して、シリアスな物語にほどよい抜け感を作っています。その抜け感という要素を、ジョニー・デップが1人2役でサービス精神たっぷりに盛り上げているというわけです。

それにしても、歩き方でセクシュアリティが分かるという話、この映画を観るまでは都市伝説だと思っていました。
本当にそれだけで見分けられるのかどうか?

ジャック・スパロウのあの風変わりなウォーキングを見せたら、当時のキューバの審査官はどう判定するのか……ちょっと気になりますね。

【参考】
※ Youtube

【あわせて読みたい】

 【早すぎる引退】ダニエル・デイ=ルイスがゲイ映画で見せた稀代のラブ・シーン
 アラン・ドロン引退宣言!いまこそあの“ゲイ映画説”を徹底検証
 腐女子、ゲイ映画の魅力を考える
 99日公開!ノーラン監督セレクトの11作品から、新作『ダンケルク』の全貌を徹底予想!
 園子温監督が魂のすべてを注ぎ込んだ衝撃のドラマ「東京ヴァンパイアホテル」

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • KazukiSeta
    3.7
    キューバ革命の中で、社会が見つけた希望に世間が行進している中、それを逆走するかのように、自分の道を進む小説家。 なぜ!なぜ!何か俺の考え方は間違っているか!なぜだ!と心の中で叫びながら、走っていく姿がカッコいい!! 文学的な語りが美しく、心が奪われそうになる。
  • レビュ彦
    4.6
    「アル・パチーノは本作を鑑賞後、わざわざ留守電にメッセージを残して称賛した程だった。」 ハビエル・バルデムのWikiにこんなことが書かれていたので観たすぎてDVD買った。 今まで観た性差別(ホモセクシュアル)と社会を扱った作品で一番成程となった。勿論脚色はたっぷりあるだろうが、自伝は優にフィクションを超えるよね本当。 キューバのこと知らなくては、、高校で世界史勉強してる時にたくさん映画観とけばめちゃくちゃ楽しかったんだろうなチクショウ。 演技はもう主演男優賞受賞もんだったけどこの年はグラディエーターのラッセル・クロウだったのか〜あんま観る気なかったけどそっちも観なくてはなぁ〜〜 ※サブスクで配信されてない作品は大体ちそちそが映っているネ。
  • 3.9
    キューバの作家,レイナルド・アレナス(1943-90)の自叙伝「夜になるまえに」の映画化。 迫害から逃れた野外で書かれた為, 明るい日中にしか書き留められなかった事がタイトルの由来とか。 独裁者打倒を目指すゲリラ軍に参加したレイナルド(バルデム). だがその誕生に加担したはずのカストロ・革命政権は彼ら同性愛者を反政府的と見なし, 次第に弾圧を強めていく…. 空の青さとキビ畑の緑, 熱帯のまとわりつくような空気感と, ねちっこく絡み合う視線, 妖しく官能的なハバナの夜が印象的. 凱旋するゲリラ軍の車列に熱狂した人々が群がる様子や, 若き日のカストロを撮らえた記録映像がキューバ革命の熱気を伝えてました。 ゴッホやバスキアの映画を撮り, 自身も絵を描く芸術家肌なシュナーベルですが, 今回は自叙伝を遺した作家の生涯。 それも性的な表現が迫害の対象となったホモセクシュアルな作家ですが,その「表現」は最小限?と言うかソフトな撮り方がされてました。 というかレイナルドを演じたのが個人的にはコーエン兄弟『ノーカントリー』の怪人シガーのイメージが強烈なバルデムなので, それっぽい歩き方とかニマッて笑顔をされてもコワくてコワくて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル それだけに終盤の姿,表情とのコントラストは別人のようでもあり…バルデム, 好演でした。 パケ裏とかにも掲載されてたと思うので書いてしまうと, 亡命してNYで作家活動を始めるも病魔に犯されて…という生涯=悲劇的なストーリーなんですが, 海を渡ろうとして1度は失敗した,本来ならもっと劇的に撮りたかったんじゃ?と思う国外脱出が拍子抜けするくらい滑稽(^O^;)に叶ってしまったり, 獄中シーンだけに2役で登場するジョニー・デップがブッ飛んだ活躍を見せたりと, 予想外にユルかったりユーモラスだったりするシーンがあって。 ここら辺についてはネタバレを読まずに観るのをオススメします😊 👠 観ていて, レイナルドの半生は『蜘蛛女のキス』のレビューで書いたマヌエル・プイグと似ているなと。(デップの片方の役“ボンボン”は,この映画のウィリアム・ハートを思い出させます) 同じ南米出身(アルゼンチン)の作家で,ファン・ペロン(マドンナが演じた『エビータ』は彼の夫人でした)政権の元で政治亡命を余儀なくされ,母国を離れてAIDSを発症した不運…。 “環境が人をつくる”なんて言うけど, ハバナに比べて性も何もかも自由なハズのNYへやって来て, でも何故かそれを謳歌出来ずに孤独に苛まれるレイナルド。 自由ではあってもそれはビジネスライクな「契約」に過ぎず, レイナルドが求める血の通った「契り」ではなかったのかもしれません。 芸術家の創造性を刺激する環境って 抑圧をバネに真価を発揮するタイプもいたりするわけで,それこそ十人十色。 逆にというか, ヘミングウェイみたいに親米政権だったバチスタが革命に倒れた後もキューバに舞い戻ってガンガン作品を書いて“腐敗した民主主義を捨ててやって来た英雄”なんてキューバ国民に持て囃された作家もいて。 最期にパートナーが居たのは唯一の救いだけど, 命懸けで亡命して来たその晩年に, もう帰国が許されない祖国, とりわけ愛する母への郷愁を募らす姿は病魔のせいもあるけれど何とも痛々しいものでした。
  • campanule
    3.5
    思い出し過去鑑賞
  • hanapensoda
    4
    good
夜になるまえに
のレビュー(1152件)