【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

独身は禁止であり、独身のままだと動物に変えられる世界を描いたシュールなコメディ映画がロブスターコリン・ファレル主演で、第89回アカデミー賞脚本賞候補にもなった隠れた名作ですよ。

独身者は施設に入れられて、そこで45日以内に新たなパートナー探しをしなければなりません。失敗したときに変身させられる動物は自分で選ぶことができます。大抵の人は犬を選ぶので世界に犬が増えている、とのことです。

セクシースターのコリン・ファレルがお腹ポッコリの非モテ中年に扮して、妻と別れてこの施設に入れられ新たなパートナーを探すべく奮闘する姿が悲しくも可笑しい

意中の相手に近づくためいろんな技を駆使しますが、どれも裏目に出そうなものばかり…。 やりがちな失敗例の数々が羅列されていますので、恋愛下手男子のフリ見て我がフリ直していきましょう!

1.無理して相手に合わせちゃう

r1

最初はいいけど、あとで無理が生じて破綻をきたしますからね。

 

2.タイプじゃない人は雑に扱っちゃう

r2

たぶんモテ男って誰に対しても優しくできるんでしょ。石田純一さんみたいに。

 

3.いつも男友達といる

r3

漫画「東京タラレバ娘」にもありましたね。〝もし結婚したいなら〟女子会をちょっと減らしたほうがいいんじゃない? と。

 

4.相手が興味のない話をずっとする

r4

これは気をつけたい…。好きな映画聞かれて「『ラースと、その彼女です。え、知らないんですか?主人公がダッチワイフに恋する話で…」とか延々と喋っちゃいけなかったんだ…。

【あわせて読みたい】

ライアン・ゴズリングが人形と恋する? ハートフルコメディ映画『ラースと、その彼女』を紹介!

【まとめと注意】

人気英国俳優のベン・ウィショーが〝足の悪い男〟という役名で出ていますよ。モテモテ俳優だけにすぐにパートナー見つけますが、鼻血がウソだとバレたらヤバイ(コリン・ファレルはそのウソを知っている…)。

そこにキングコング: 髑髏島の巨神で影の主役だったジョン・C・ライリー(役名:滑舌の悪い男)が加わり、コリン・ファレルと3人で結託しつつもそれぞれの思惑がぶつかり合ってサスペンスな展開に…。

こんなことやっておきながらなんとラストには深い深い愛の物語になるという、本当に異色のシュールコメディです!

突飛な設定のようですが、現実でも独身者は肩身狭いですしね。ある意味脅迫のように結婚を勧められるわけですから現実もこの映画とさして変わらないのでは?

ちなみに「なんか恋愛映画らしいょ♪」ってカップルでこの映画を観たらすごく変な空気になると思うので是非そうしてください。ただ、R-15ですので決して家族団欒のときに観たりしないように!

あわせて読みたい

43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!
『ドント・ブリーズ』プロデューサーが放つ戦慄ホラーをオンライン映画館で
今週公開/新作レンタルおすすめ映画10選 《人気漫画の実写化公開他》
作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?
【DVDプレゼント】『ラ・ラ・ランド』他各国で評価の高い映画をご紹介!Filmarks×映画美食宣言

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ほおづき
    4
    婚期ギリギリに婚活サイトに登録。マッチングアプリで一生懸命お互いの共通点を見つけて、恋人を作るために無理やり相手にあわせる。恋人ができても相手に合わせて死ぬほどの努力をしなきゃいけない世界のおはなし。 ってそれどこの現実世界?ってなる映画・・・w ではないけど、そんなふうに感じたw 本当は、恋人がいなくなると施設にいれられてしまって、45日間恋人ができないと動物に変えられてしまうという近未来のおはなし。もうその設定からしておもしろいんだけど、もうすでにお兄ちゃんが犬にされてたってところがさらに面白い。 恋人を作るためにお互いの共通点を必死に探したり作ったりするところなんか、今の恋愛事情を皮肉っぽく描いてるのかなぁって思って観たんだけど、たしかに本当に気が合う人ってそういうの必要なくって、心の底から相性がいいなぁって思う人って趣味とか好みが合わなくても一緒にいて楽しかったりする。 結婚適齢期とかいう謎のプロパガンダに踊らされて、結婚っていう謎のシキタリに振り回されて必死になってパートナーを探してる現代人に、なんかそんなものに縛られて恋愛してるのって滑稽だよねって言ってるように思えた映画だったw
  • ナギサ
    3.7
    不気味な雰囲気が好き ラストが印象的
  • だて
    4.6
    おもしれ〜!
  • machio
    3.5
    「籠の中の乙女」も「聖なる鹿殺し」も好きだったので鑑賞。 なんでこんな設定を思いつくのか。そしてこれを物語として成立させるのがすごいことだなあと思う。 設定が珍妙だと主題が逆に浮き出るということがある。設定は笑っちゃうくらい現実離れしているのに、なにを伝えたいかは結構わかりやすかった。そういう意味では必要な珍妙さなんだろう、 しかし、ゲームっぽいルールがやや多く、不思議感を「演出」していると感じてしまう(魔法が解けてしまう)ところがあり、少し残念。でも、よかったです!
  • レビュ彦
    4.2
    ヨルゴス・ランティモス、好きピすぎる。 女王陛下のお気に入り観て聖なる鹿殺し観て遡る感じでこれ観たけど、なんか変態性はそのままにしっかり進化してる感じがあってめちゃくちゃ偉大だわ。俺もこの監督みたいに着実に腕を上げたい、え? 「おや?」って思う度にこの音楽なってほし〜
ロブスター
のレビュー(14247件)