【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

独身は禁止であり、独身のままだと動物に変えられる世界を描いたシュールなコメディ映画がロブスターコリン・ファレル主演で、第89回アカデミー賞脚本賞候補にもなった隠れた名作ですよ。

独身者は施設に入れられて、そこで45日以内に新たなパートナー探しをしなければなりません。失敗したときに変身させられる動物は自分で選ぶことができます。大抵の人は犬を選ぶので世界に犬が増えている、とのことです。

セクシースターのコリン・ファレルがお腹ポッコリの非モテ中年に扮して、妻と別れてこの施設に入れられ新たなパートナーを探すべく奮闘する姿が悲しくも可笑しい

意中の相手に近づくためいろんな技を駆使しますが、どれも裏目に出そうなものばかり…。 やりがちな失敗例の数々が羅列されていますので、恋愛下手男子のフリ見て我がフリ直していきましょう!

1.無理して相手に合わせちゃう

r1

最初はいいけど、あとで無理が生じて破綻をきたしますからね。

 

2.タイプじゃない人は雑に扱っちゃう

r2

たぶんモテ男って誰に対しても優しくできるんでしょ。石田純一さんみたいに。

 

3.いつも男友達といる

r3

漫画「東京タラレバ娘」にもありましたね。〝もし結婚したいなら〟女子会をちょっと減らしたほうがいいんじゃない? と。

 

4.相手が興味のない話をずっとする

r4

これは気をつけたい…。好きな映画聞かれて「『ラースと、その彼女です。え、知らないんですか?主人公がダッチワイフに恋する話で…」とか延々と喋っちゃいけなかったんだ…。

【あわせて読みたい】

ライアン・ゴズリングが人形と恋する? ハートフルコメディ映画『ラースと、その彼女』を紹介!

【まとめと注意】

人気英国俳優のベン・ウィショーが〝足の悪い男〟という役名で出ていますよ。モテモテ俳優だけにすぐにパートナー見つけますが、鼻血がウソだとバレたらヤバイ(コリン・ファレルはそのウソを知っている…)。

そこにキングコング: 髑髏島の巨神で影の主役だったジョン・C・ライリー(役名:滑舌の悪い男)が加わり、コリン・ファレルと3人で結託しつつもそれぞれの思惑がぶつかり合ってサスペンスな展開に…。

こんなことやっておきながらなんとラストには深い深い愛の物語になるという、本当に異色のシュールコメディです!

突飛な設定のようですが、現実でも独身者は肩身狭いですしね。ある意味脅迫のように結婚を勧められるわけですから現実もこの映画とさして変わらないのでは?

ちなみに「なんか恋愛映画らしいょ♪」ってカップルでこの映画を観たらすごく変な空気になると思うので是非そうしてください。ただ、R-15ですので決して家族団欒のときに観たりしないように!

あわせて読みたい

43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!
『ドント・ブリーズ』プロデューサーが放つ戦慄ホラーをオンライン映画館で
今週公開/新作レンタルおすすめ映画10選 《人気漫画の実写化公開他》
作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?
【DVDプレゼント】『ラ・ラ・ランド』他各国で評価の高い映画をご紹介!Filmarks×映画美食宣言

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • seren
    -
    65 45日以内に自分と共通点があるパートナーを見つけなければ、自分の希望する動物に変えられてしまうという映画。 発想と世界観が良い。 映画の中では、一生独身を貫くのか。それともパートナーを探すのか。という極端な選択を迫られる世界だが、現代社会や日々の生活に重なる部分もあった。 あの冴えない男がコリン・ファレルだと気づかなかった。凄い演技力。 あとはこの映画の服装がツボでした。 あのクローゼットの中身は理想ですね。
  • 3
    動物に変換されてしまう機構が気になった
  • スリラー
    4
    ロブスター ヨルゴス監督の世界観は病みつきになる‼︎🥰 作中では「独身は罪」という設定。 「感情(意思)より、繁殖的なことを尊ぶ世の中」みたいだな…🙄と個人的には思ってしまった。 独身ホテル内では番号で呼ばれるし、衣服も皆一緒。 【規則】が第一。だからみんな純粋にひたむきに規則を守る。。一種の思考停止状態なんだよね…🤔 そして、自分の感情にも鈍感。…😣 例えば、「共通点の深さ=愛の深さだ」っていう伝統?的な考え方について、それは果たして真実なのか?…なんて1ミリも疑わないんだもん。 本人たちは刷り込まれた思考だとは気が付かないまま。。😖 そう考えてたら…ふと現代社会の常識ってやつはどうなんだろう…と感じた。 その世界しか知らなければ、そこの常識が全てだしね。 あと、「役者さんたち、演技しながら吹き出さなかったのかな🙄」と思えるシーンが多くて😂 特にメイドさんの一人ダンスナイト💃!「籠の中の乙女」同様、お腹を抱えて爆笑してしまったよ…ごめんなさい🙇‍♀️ レストランで向かい合って座った2人。。 彼女の横顔、指、肘を必死に目に焼き付けていたデビット…😖💧 だけど…デビットはきっと、びびって逃げたな🙄🙄…と思ってる。 愛を語るって難しいなぁ。と思う今日この頃🐃🐃🐃🐃
  • ホンダ
    5
    「どうして嘘なんかつくの?嘘の上に恋愛関係は成り立たないのに」 なんて名言…突き刺さる素晴らしい恋愛観を示した傑作映画だ〜〜 けど、その伝え方が最大限にキモすぎる そんなランティモスが大好きです!!🥰 人間の気持ち悪さと卑怯で直視したくない部分を比喩直喩織り交ぜて提示! だからと言って気取った厭世感とまではいかず、人の愛らしさとキモさが絶妙なバランスで混ぜられています イェンセンやトリアーとはまた違った、ランティモス特有のバランスです さらに毎回ランティモスワールドとしか言えない謎の世界観を創造しているのがすごい! 捻った比喩表現の不思議世界の中に、確実に新しいものを見せてくれるので毎度毎度感動します 本気で居心地が悪くてクセになる、ロブスターは愛すべきランティモス監督の暫定ベストです 普通に結婚してるのが面白いけど、この人家でどんな感じなんだろうか…
  • はなかすちゃん
    3.7
    独身がダメなら偽装結婚でもなんでもしてパートナー作ろうという概念がなくて、みんな相手を選り好みしているのが面白い。前提として、愛情なりなんなりを感じない相手と時間を過ごすくらいなら動物になるほうがよいという概念が根付いている設定。 そのくせ選り好みした相手が鼻血出る同士とか近視同士とかっていう共通点ありきなのも極端というか、それでいいんかい感がある。 狩るのが難しいウサギを代わりに狩ってくれるとか、手が届かない背中に軟膏を塗ってくれるとか、できないことを補う関係じゃなくて、一緒に見えなくなるという関係を選ぼうとするあたりも、とことんまで相手と自分を同化したい愛って感じでいびつ。 私はコアラになりたいな。一日20時間寝たい。 20-112
ロブスター
のレビュー(13509件)