【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

独身は禁止であり、独身のままだと動物に変えられる世界を描いたシュールなコメディ映画がロブスターコリン・ファレル主演で、第89回アカデミー賞脚本賞候補にもなった隠れた名作ですよ。

独身者は施設に入れられて、そこで45日以内に新たなパートナー探しをしなければなりません。失敗したときに変身させられる動物は自分で選ぶことができます。大抵の人は犬を選ぶので世界に犬が増えている、とのことです。

セクシースターのコリン・ファレルがお腹ポッコリの非モテ中年に扮して、妻と別れてこの施設に入れられ新たなパートナーを探すべく奮闘する姿が悲しくも可笑しい

意中の相手に近づくためいろんな技を駆使しますが、どれも裏目に出そうなものばかり…。 やりがちな失敗例の数々が羅列されていますので、恋愛下手男子のフリ見て我がフリ直していきましょう!

1.無理して相手に合わせちゃう

r1

最初はいいけど、あとで無理が生じて破綻をきたしますからね。

 

2.タイプじゃない人は雑に扱っちゃう

r2

たぶんモテ男って誰に対しても優しくできるんでしょ。石田純一さんみたいに。

 

3.いつも男友達といる

r3

漫画「東京タラレバ娘」にもありましたね。〝もし結婚したいなら〟女子会をちょっと減らしたほうがいいんじゃない? と。

 

4.相手が興味のない話をずっとする

r4

これは気をつけたい…。好きな映画聞かれて「『ラースと、その彼女です。え、知らないんですか?主人公がダッチワイフに恋する話で…」とか延々と喋っちゃいけなかったんだ…。

【あわせて読みたい】

ライアン・ゴズリングが人形と恋する? ハートフルコメディ映画『ラースと、その彼女』を紹介!

【まとめと注意】

人気英国俳優のベン・ウィショーが〝足の悪い男〟という役名で出ていますよ。モテモテ俳優だけにすぐにパートナー見つけますが、鼻血がウソだとバレたらヤバイ(コリン・ファレルはそのウソを知っている…)。

そこにキングコング: 髑髏島の巨神で影の主役だったジョン・C・ライリー(役名:滑舌の悪い男)が加わり、コリン・ファレルと3人で結託しつつもそれぞれの思惑がぶつかり合ってサスペンスな展開に…。

こんなことやっておきながらなんとラストには深い深い愛の物語になるという、本当に異色のシュールコメディです!

突飛な設定のようですが、現実でも独身者は肩身狭いですしね。ある意味脅迫のように結婚を勧められるわけですから現実もこの映画とさして変わらないのでは?

ちなみに「なんか恋愛映画らしいょ♪」ってカップルでこの映画を観たらすごく変な空気になると思うので是非そうしてください。ただ、R-15ですので決して家族団欒のときに観たりしないように!

あわせて読みたい

43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!
『ドント・ブリーズ』プロデューサーが放つ戦慄ホラーをオンライン映画館で
今週公開/新作レンタルおすすめ映画10選 《人気漫画の実写化公開他》
作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?
【DVDプレゼント】『ラ・ラ・ランド』他各国で評価の高い映画をご紹介!Filmarks×映画美食宣言

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • こめつ
    3.7
    何らかの理由により、独身になるとホテル送りにされ、45日以内にパートナーを見つけないと動物にされてしまう。 割とバイオレンス、鬼畜描写有り。 前半の結婚推奨パートと、後半の独身推奨パートの対比が素晴らしく、結婚とは?をどっちも狂気が入り乱れた世界観で、結局はどっちも地獄なんだと理解。 冷たい目をしたレア・セドゥのフランス語聞けるの物凄く嬉しい。
  • kiki
    4.3
    45日以内にパートナーを見つけられなければ動物に変えられるという抑圧、何を考えてるのか分からずまるで掴めない登場人物、キッチリしていて人工味溢れた無機質なホテルや人の手が行き届いてないような暗澹とした荒れた森のコントラストなどといった、様々な芸術要素が醸し出す閉塞感にブラックユーモアというスパイスを振りかけた『ロブスター』たまらなく好き。絶妙な間や長回しやスローモーションの使い所が秀逸。 物語からも映像からも見えるように「中間」という曖昧さを一切排除した、男か女、殺すか殺される、0か100の極端な完全主義の世界を描く。かなり現実味を帯びてるのに到底現実では考えられず、まるで異世界を覗いこんでしまってるような不思議な感覚。ジェシカバーデンちゃん超可愛かった。かなり好き嫌い分かれるタイプだと思いますが私は好きです。
  • はいぜん
    3
    今までに無い独特の世界観.最初はふざけた設定だと思ってたが,徐々に真剣味を帯びてくる不思議な作品. 独り身に人権がない世界観には笑ってしまったが,誇張してるだけでそこまで的外れではないのでは?と見進めていくうちに思った. 個人的に森の中でメイドがキレッキレなテクノダンスをする場面は定期的に見返したい.
  • MamoruTakahashi
    4.1
    ぼくは思っていた、 赤の他人が、そのほんの少しの 共通項を分かち合う事が恋愛の美しさだと。 ・・・ でも、自分との共通項を探して、 自分と同じだと感じる事は、 一種独善的でエゴイスティックな感情でも あるのかもしれない。 ・・・ ラストシーンは鑑賞者の考え方で 捉え方も変わってくると思う。
  • ふかみどり式部
    4
    パートナーを持たない者は45日以内に任意の動物に転生させられてしまう世界のはなし。 「バイセクシャルは制度上の問題で廃止された」「貸出の靴にハーフサイズはない」という杓子定規な世界で、とにかく凹凸を埋め合わせるような「つがい」の在り方が肯定される。ここでの関係性にグラデーションはなく、オルタナティブな選択は認められない。望ましい伴侶と出会い、婚姻し、子を持つ。単線的な理想を強いられる。 後半は、こういった恋愛至上主義ならびにモノガミー的な世界観に反抗するパルチザンが登場する。しかしこちらの世界も自由からは程遠い。徹底して性愛を禁忌とする別の規範があるだけだ。 物語のラストは谷崎潤一郎の『春琴抄』を思い起こさせる。地獄を往くなら盲いてふたり手を繋ぎ合おうということか。規範と逸脱の連鎖に追い込まれ、外に逃げ場がないのなら、ふたりの内なる世界に逃げ込む他ない。 物語は徹底してディストピアの様相でシニカルに描かれる。ロマンティック・ラブイデオロギーへの皮肉を見出すのは容易で、寓話的な面が強い。他方で主な舞台となるオールドスタイルなホテルや森の中での映像は美しく、ノスタルジーを誘う。随所に突如挿入される動物たちも象徴的な仕掛けとなっている。不気味の供え物には美がぴったりだ。「ミッドサマー」などを観た方にもおすすめ。あと純粋かつ極度の犬好きは観ない方が良いかもしれない。
ロブスター
のレビュー(12356件)