映画『ラストナイト・イン・ソーホー』あらすじ&キャスト・見どころをまとめて紹介【エドガー・ライト監督×アニャ・テイラー=ジョイ出演】

『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督最新作『ラストナイト・イン・ソーホー』が、2021年12月10日ついに公開。60年代のロンドンとホラー映画への愛をこめて贈る本作は、夢の中で起きたある出来事をきっかけに、夢と現実が交差していくタイムリープ・サイコ・ホラーとなっています。本稿では、本作のあらすじ&キャスト、見どころをまとめて紹介いたしします。

ラストナイト・イン・ソーホー』あらすじ(2021)

ファッションデザイナーを夢見るエロイーズは、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学する。

しかし同級生たちとの寮生活に馴染めず、街の片隅で一人暮らしを始めることに。新居のアパートで眠りにつくと、夢の中で60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見る魅惑的なサンディに出会うと、身体も感覚も彼女とシンクロしていく。

夢の中の体験が現実にも影響を与え、充実した毎日を送れるようになったエロイーズは、タイムリープを繰り返すようになる。だがある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が現れ、徐々に精神を蝕まれるエロイーズ。果たして、殺人鬼は一体誰なのか、そして亡霊の目的とは-!?

ラストナイト・イン・ソーホー』キャスト紹介

エロイーズ/トーマシン・マッケンジー

ファッションデザイナーを夢見てロンドンのデザイン専門学校に入学したものの、寮生活に馴染めず一人暮らしをしている。

サンディ/アニャ・テイラー=ジョイ

エロイーズの夢に登場する女性。60年代のロンドンで歌手を目指していた。

ジャック/マット・スミス

エロイーズの夢の中に登場する男性。サンディに目をかけ、マネージャーとして共に行動をする。

ミス・コリンズ/ダイアナ・リグ

エロイーズが一人暮らしを始めたアパートのオーナー。

ジョカスタ/シノーヴ・カールセン

エロイーズと寮で同室だった女生徒。オシャレで意地悪、パーティーが好き。

ジョン/マイケル・アジャオ

エロイーズと同じ学校に通う青年。馴染めないエロイーズを何かと助けてくれる。

【その他の登場人物】

銀髪の男/テレンス・スタンプ
ペギー/リタ・トゥシンハム
ララ/ジェシー・メイ・リー
カミ/カシウス・ネルソン

ラストナイト・イン・ソーホー』見どころは?

本作で主人公のエロイーズがタイムリープする60年代のロンドン・ソーホー地区は、通称「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれる一時代を築いたカルチャーの発祥地。50年代のベビーブームで生まれた世代が成長し人口も増えたことから、ストリートには若い力がみなぎっていました。

そんな時代のパワーを見事に再現したのは、カルチャーオタクであるエドガー・ライトの手腕。舞台設計はもちろんのこと、全編に60年代の音楽をフルに使った盛り上げ方に、名作映画のオマージュの数々。紐解いていけば、そのキャスティングにまでも意味があったりなど……。映画・音楽好きにはたまらないシーンが盛りだくさん。スウィンギング・ロンドン時代の華々しさの裏に隠れた闇と散っていった数々の夢。あなたも是非、ネオンに酔いしれてみてはいかがでしょうか?この冬、是非劇場でご覧ください!

ラストナイト・イン・ソーホー』information

公開日:12月10日(金)ロードショー
配給:パルコ/ユニバーサル映画
公式サイト:https://lnis.jp/
(C)2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • 暗黒の開拓者
    3.8
    久々のサイコスリラーだけど画面の色合いやネオンカラーが最高に好みだった✨ 主人公の憧れる60年代の暖かで幻想的な世界が悪夢に侵食されていく様は観てるこちら側すらパニックに陥れていく…主人公にすら不信感を抱く珍しい作品だった!
  • ささきたかひろ旧アカ酒田
    3.9
    正直、脚本や設定にツッコミたい部分はあるけれども、私は人間は直線的な時間の中に存在している限り現実の視覚として「映画的」体験をする事は不可能だと思っているので(夢、幻想、空想なら可能だけどそれは脳が直接アウトプットしている視覚なので除外します。)そのことを理解しつつ挑んでいる映像作家の作品は無条件で支持してしまう。まして本作のプロットの柱となる「幻視・幻影」なぞ他者と共有することなんて不可能なので、本作を見終えた後にエロイーズの誠に厄介な「幻視・幻影」世界を体感できた気分になるという事はエドガー・ライトの映像的勝利と言って良いだろう。 映像のトリックに酔いつつ「ここはどう撮ってるんだろう?クロマキー合成なのかな?ボディダブルを使ってるのかな?」なんて楽しみつつもストーリーに置いていかれることのないこの塩梅は絶妙で、それらの映像的体験は十二分に冒頭に記述した脚本や設定の粗を補うものだった。 本編を見るより先にダンスフロアのシーンのトリックを知ってしまうという勇足だったが杞憂に終わりました。 中盤、エロイーズが夢の入れ子にハマり覚醒を繰り返す場面は、今敏の「パーフェクト・ブルー」を連想させました。 本作で直線的な時間の中では体感出来ない「映画的映像体験」を体験させてくれたエドガー・ライト。次作はどんな映像魔法を駆使するのか、楽しみです。
  • 4.3
    4日ほどこの世界観から抜け出せずにいた
  • 9x9x9
    3.6
    好きな世界観だけど、何かが惜しい気がする。 シャイニングが思考にチラつく
  • Wak
    2.5
    トーマシーマッケンジーにもっと憂いを帯びた悲しい顔をさせたい。
ラストナイト・イン・ソーホー
のレビュー(51276件)