映画『ラストナイト・イン・ソーホー』あらすじ&キャスト・見どころをまとめて紹介【エドガー・ライト監督×アニャ・テイラー=ジョイ出演】

『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督最新作『ラストナイト・イン・ソーホー』が、2021年12月10日ついに公開。60年代のロンドンとホラー映画への愛をこめて贈る本作は、夢の中で起きたある出来事をきっかけに、夢と現実が交差していくタイムリープ・サイコ・ホラーとなっています。本稿では、本作のあらすじ&キャスト、見どころをまとめて紹介いたしします。

ラストナイト・イン・ソーホー』あらすじ(2021)

ファッションデザイナーを夢見るエロイーズは、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学する。

しかし同級生たちとの寮生活に馴染めず、街の片隅で一人暮らしを始めることに。新居のアパートで眠りにつくと、夢の中で60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見る魅惑的なサンディに出会うと、身体も感覚も彼女とシンクロしていく。

夢の中の体験が現実にも影響を与え、充実した毎日を送れるようになったエロイーズは、タイムリープを繰り返すようになる。だがある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が現れ、徐々に精神を蝕まれるエロイーズ。果たして、殺人鬼は一体誰なのか、そして亡霊の目的とは-!?

ラストナイト・イン・ソーホー』キャスト紹介

エロイーズ/トーマシン・マッケンジー

ファッションデザイナーを夢見てロンドンのデザイン専門学校に入学したものの、寮生活に馴染めず一人暮らしをしている。

サンディ/アニャ・テイラー=ジョイ

エロイーズの夢に登場する女性。60年代のロンドンで歌手を目指していた。

ジャック/マット・スミス

エロイーズの夢の中に登場する男性。サンディに目をかけ、マネージャーとして共に行動をする。

ミス・コリンズ/ダイアナ・リグ

エロイーズが一人暮らしを始めたアパートのオーナー。

ジョカスタ/シノーヴ・カールセン

エロイーズと寮で同室だった女生徒。オシャレで意地悪、パーティーが好き。

ジョン/マイケル・アジャオ

エロイーズと同じ学校に通う青年。馴染めないエロイーズを何かと助けてくれる。

【その他の登場人物】

銀髪の男/テレンス・スタンプ
ペギー/リタ・トゥシンハム
ララ/ジェシー・メイ・リー
カミ/カシウス・ネルソン

ラストナイト・イン・ソーホー』見どころは?

本作で主人公のエロイーズがタイムリープする60年代のロンドン・ソーホー地区は、通称「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれる一時代を築いたカルチャーの発祥地。50年代のベビーブームで生まれた世代が成長し人口も増えたことから、ストリートには若い力がみなぎっていました。

そんな時代のパワーを見事に再現したのは、カルチャーオタクであるエドガー・ライトの手腕。舞台設計はもちろんのこと、全編に60年代の音楽をフルに使った盛り上げ方に、名作映画のオマージュの数々。紐解いていけば、そのキャスティングにまでも意味があったりなど……。映画・音楽好きにはたまらないシーンが盛りだくさん。スウィンギング・ロンドン時代の華々しさの裏に隠れた闇と散っていった数々の夢。あなたも是非、ネオンに酔いしれてみてはいかがでしょうか?この冬、是非劇場でご覧ください!

ラストナイト・イン・ソーホー』information

公開日:12月10日(金)ロードショー
配給:パルコ/ユニバーサル映画
公式サイト:https://lnis.jp/
(C)2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ミッキー
    4.2
    めっちゃ面白かったっ! 思っていたよりずっとエドガーライト作品で、サスペンスかスリラーだと思っていたら完全にホラーだし もー最後ははちゃめちゃだよw ベイビー・ドライバー俳優陣に色々あった後にこれ撮ったのほんと凄い。 人間の描き方が上手いよな〜… ヒロインが追い詰められて周りにドン引かれるような展開って普段はあんまり得意じゃ無いんですが、話運びが上手くてイライラしにくかったな。 そしてアニャ・テイラー・ジョイなんよ… ほんと魅力的な女優だねぇ… ヒロインといい感じになる男の子がキュートで親切🥺💕 女の子はねえ、こういう男子を選ばなきゃっす!!
  • 鮎缶
    5
    マジ最高映画。音楽良しストーリー良し役者良し演出良し。二回観た。たまらん好き。
  • わかめ
    3.8
    面白かったです。でもみんな高評価つけすぎでは? さすがエドガーライトで構成も構図も音楽もファッションもよくできてる!素敵!最高!ってなったよ。 でも人物描写、女性の描き方が男の子が考えた女性って感じなんだよなあ。男じゃなくて男の子。 シスターフッドを描いてるつもりなんだろうけど、それならサンディのラストが死では救われないのでは。そもそものストーリー否定するようで悪いけど、レイプされた女は自死か復讐皆殺ししかないのか?その辺は旧来の映画の描き方と変わってないなと思ってしまった。レイプ復讐をエンタメにしたB級映画なんて死ぬほどありふれてるし。 最後鏡にサンディが笑顔で出てきたのもモヤった。やっぱプロミシングヤングウーマンの「殺して終わりになんてしてやると思うなよ?地獄はこれからだ」っていう監督のブチ切れ魂を感じるラストのが感動したしエンタメとしても面白かったよ。 比べる相手が悪い気もするが。 あとルームメイトの描写な。問題ありな子をそのまま放置すな。監督シスターフッドしたいんか違うんか混乱したわ。雑にキャラ描きすぎ。問題ありなら理由があるから。そこまで描いてくれよ。なんで主人公女友達いねーんだよ。女の敵は女じゃないんだわ。最後わかり合って友情芽生えて家燃えた後は寮に戻ってまたルームメイトになる、とかできた展開なんじゃないの。 あと彼氏。シンプルにいいやつなだけって。キャラ浅すぎんか?いいんかそれで?刺されてかわいそうだったよ。それだけです感想は。 いやすみません。ただホラー映画が描きたかっただけなんですってんなら120点だと思います。勝手に期待したこっちが悪い。 もちろんギリギリまで救おうとした主人公、男の亡霊の助けをを拒否した描写とかは現代的になってるなとは思ったけど。 新しかったのはそんくらい。 他は普通のよくできたホラーって感じ。 よくできてましたよ。いやほんとに。 散々言ったけどパンフレット買うくらいには大好きな作品です。
  • ンゴロゴロ
    3
    音楽もいいし、美術もかわいいし、映像もよくできてるんだけど、私は無理だったかな…… ネタもあちらこちらに伏線やらなんやらあって、やっぱそうだよねっていうのは分かったし。
ラストナイト・イン・ソーホー
のレビュー(21836件)