才色兼備×百花繚乱!『アクトレス~女たちの舞台~』女優陣の輝かしい軌跡

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

アクトレス

ジュリエット・ビノシュ

クリステン・スチュワート

クロエ・グレース・モレッツ

仏米豪華女優陣による夢の共演が話題となったフランス映画『アクトレス~女たちの舞台~』が、10月24日(土)より新宿シネマカリテ他全国の劇場にて公開となりました。

2015年6月に開催された【フランス映画祭2015】でも大きな注目を集めた1作だけに、今後の評判に益々期待が高まる今日この頃でございます。

今回はそんな注目女優お三方のオススメ作品を各2作品ずつご紹介させてもらいたいと思います。

映画『アクトレス~女たちの舞台~』と併せて、彼女たちの魅力を存分に味わっていただけたらうれしいです。

物語を彩る飾らない輝き~クリステン・スチュワート~

イエロー・ハンカチーフ(2008/アメリカ)

イエローハンカチーフ

人と出会い、話し、共に過ごすことで心を通わせあっていく様を、不器用にも健気に好演

山田洋次監督の名作『幸福の黄色いハンカチ』をハリウッドがリメイクした1作です。基本設定はそのままに、舞台を現代のアメリカへと移植。高倉健が演じた主人公を、ハリウッドの名優ウィリアム・ハートが演じます。

イエロークリステン

出典:http://www.allmovie.com/movie/v389188

見どころ

今作でのクリステン・スチュワートは、失恋の傷心が癒えない勝気な15歳の少女という役どころです。ひょんなことから刑期を終えた男と同じ車に乗ることになってしまったクリステン。

思春期を思わせるつっけんどんな喋り方に、ギラリと睨みつける瞳。しかしひとりの女性を長きに渡って愛し続けるこの無骨な男と出会ったことで、人を愛するということの真の尊さを、深い愛を知るようになります。

自分のことばかり考えてしまう10代の少女が、だんだんと相手のことを慈しめるようになっていく様を瑞々しく演じているところに是非とも注目してもらいたいです。

アリスのままで(2015/アメリカ)

アリスのままで

喧嘩もするし、仲たがいもするけれど、心のままに、家族への深い愛情をまっすぐに表現

次第に記憶が失われていく恐怖と闘う若年性アルツハイマー症を患った女性の物語です。今作にて主演のジュリアン・ムーアアカデミー賞主演女優賞を受賞し、その迫真の演技に世界各国から注目が集まりました。

アリスのままで

見どころ

今作のクリステンは、若年性アルツハイマー症を患った女性の末娘という役どころです。家を離れて夢を追い、母親と喧嘩ばかりしていたクリステン。

しかしそれは、自分というものをきちんと認めてもらいたいという気持ちのあらわれでもあり、それだけに、変わりゆく母親のことだっていつまでも尊敬する母親として認め続けることができるのです。

家族を敬う、純粋な愛のかたちを提示してくれる彼女の演技に見惚れてしまうことかと思われます。

主な受賞歴

  • ・第63回英国アカデミー賞ライジング・スター賞(『ニュームーン/トワイライト・サーガ』)
  • ・第40回セザール賞助演女優賞(『アクトレス~女たちの舞台~』)

幼い顔に広がる濃厚な色香~クロエ・グレース・モレッツ~

早熟のアイオワ(2008/アメリカ)

早熟の

純情無垢でありながら、幼き体から漏れ漂う芳醇な女の色気に注目

ジェニファー・ローレンス×クロエ・グレース・モレッツ出演による、売春婦の母親と暮らす少女たちの危うくも眩い日常を綴った物語です。

避けることのできない人生の岐路における葛藤を、若きジェニファー・ローレンスが熱演。今作でロサンゼルス映画祭優秀演技賞を受賞しております。

HICK ルリ13歳の旅(2011/アメリカ)

Hick

歩き出したその先に、何があるかは分からないけれども、それでも歩き続ける少女のしたたかな力を見事に表現

ネブラスカ州の片田舎町で13歳の誕生日を迎えた主人公の少女が、退屈な町を出てラスベガスに向かうという物語です。一見朗らかなロードムービーにも見える今作ですが、監禁やレイプシーンがあったりと、何が起きるかわからない筋書きとなっております。

クロエヒック

出典:http://www.star-ch.jp/channel/detail.php?movie_id=23736

見どころ

今作のクロエは、片田舎からヒッチハイクで都会を目指す少女という役どころです。肩やお腹が肌けた服に、太ももがあらわになったショートパンツ。自分自身の「女」としての魅力を知った上での挑発的な仕草が目につく少女を熱演しています。

そこら辺にいる男をたらしこみ、嘘をつき、そして自分自身も騙されたりしながら気分に任せて進んで行く。その若さあふれる奔放さを存分に楽しんでいただけたらと思います。

柔和さの中にある力強さ~ジュリエット・ビノシュ~

存在の耐えられない軽さ(1988/アメリカ)

存在の

従順そうな、おとなしやかな顔の内に秘められた激情的な愛に注目

ジュリエット・ビノシュ×ダニエル・デイ=ルイス出演による、1968年のチェコ動乱、いわゆる“プラハの春”と呼ばれる怒涛の時代を生き抜いた、激情的な男と女の物語です。

愛情と嫉妬、無垢と欲情、平安と動乱、相反するすべてのものがひとつの画面に収まった必見の1作です。

存在ビノシュ

出典:http://www.imdb.com/title/tt0096332/

見どころ

今作のジュリエットは、女に節操のない男を好きなった女性という役どころです。えんじ色で無地のセーターを野暮ったく着たジュリエット。しかしながら、男に抱かれる時には激しく飛びあがってしがみつく…。

「他の女を抱くときは連れてって」「私が女の服をぬがすから」

爆発的な愛を内に秘めたその伏し目がちな瞳の奥底に、ただの美女では終わらないジュリエットの唯一無二の魅力が感じられる1作です。

トリコロール/青の愛(1993/フランス、ポーランド、スイス)

トリコ

失い、迷い、突然放り出された「自由」の中で、物憂げにたたずむ女性の繊細な心を熱演

フランス国旗を構成する三つの色(青・白・赤)をモチーフに、ポーランドの巨匠キェシロフスキが監督した「トリコロール」三部作のうちの1作です。テーマはずばり、「青=自由」とのこと。

青ビノシュ

出典:http://www.allmovie.com/movie/v131104

見どころ

今作のジュリエットは、最愛の夫と娘を事故で亡くしたばかりの妻という役どころです。これまで築き上げてきた生活が一瞬のうちにして瓦解してしまい、しばし呆然とするジュリエット。

コーヒーを飲む。街をふらふらと彷徨い歩く。そうした何気ない仕草のひとつひとつがとても所在無げで、物憂げで、これからどう生きようかと戸惑っている女性の心理を詩的に繊細に表現しているように感じられました。

身体の動きこそ少ないものの、心の動きの変化についていけなくなってしまうかのような、底なしの深海を覗くような気持ちにさせられる演技の数々に注目していただけたらと思います。

主な受賞歴

  • ・第5回ヨーロッパ映画賞 女優賞(『ポンヌフの恋人』)
  • ・第50回ヴェネチィア国際映画祭 女優賞 (『トリコロール/青の愛』)
  • ・第19回セザール賞 主演女優賞 (『トリコロール/青の愛』)
  • ・第69回アカデミー賞 助演女優賞(『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第47回ベルリン国際映画祭 女優賞(『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第10回ヨーロッパ映画賞 女優賞(『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第50回英国アカデミー賞 助演女優賞 (『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第63回カンヌ国際映画祭 女優賞 (『トスカーナの贋作』)

 

以上、ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツらが出演しているオススメ映画の紹介でした。映画『アクトレス~女たちの舞台~』と併せて楽しんでいただけましたらうれしいです。

アクトレスビノシュ

出典:http://unifrance.jp/festival/2015/films/film07

映画『アクトレス~女たちの舞台~』上映館情報

10月24日から、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

『アクトレス〜女たちの舞台〜』公式サイト劇場情報

※ストーリー等の詳細につきましては、くつみがきによる過去記事【【保存版】公開中から近日公開まで!フランス映画祭で話題を集めたオススメ映画まとめ】をご確認くださいませ。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • R
    4.6
    2回連続で見ました。僕の理解力が低いからだと思いますが、1回目は前半の内容が頭に入って来にくく、最近思うのが、やっぱ映画見る前って、イントロダクション読むかトレーラー見るかした方がすっと映画の流れに入りやすいな、ということ。1回目は後半の中盤くらいではじめてあー、そういう話ねってのがつかめて、そこからは急速に面白く感じたけど、それまでは結構むずかしい内容だなーと思ったし、映画全体が長く感じた。気を取り直して2回目を見始めると、最初からめちゃくちゃ面白いし、長さも全く気にならない。というわけで、本作を見る人は結構内容わかった上で見た方がよいと思われます。主人公はマリアエンダースというフランスの中年女優。マリアを若き日の出世作『マローヤのヘビ』に抜擢し、彼女をスターダムにのせた劇作家ヴィルヘルムの死の知らせを受けたマリアは、同時に、若き演出家クラウスから、本作の再演のために彼女に出演してほしいとリクエストを受ける。若きマリアはマローヤのヘビではシグリットという役を演じたが、この度はヘレナ役を演じてほしいとのこと。劇中のシグリットは、若い新入社員で、中年の上司であるヘレナを誘惑し、破滅に追いやるという内容で、破滅させる側からされる側に役が移るということだ。シグリット役への思い入れの強さから、ヘレナの役は演じれない、と断り続けるが、秘書バレンティンからの説得もあり、出演を決めることに。そのことによって彼女は、今まで避けてきた問題、女優として老いるという現実と折り合いをつけなければならなくなる、というお話。マリア役を演じるのはフランスを代表する大女優ジュリエットビノシュ。個人的には昔はあまり好きじゃなかったけど、おばさんになることによって魅力が格段にアップした人だと思う。ひょっとすると僕が今まで見た数少ない彼女の出演作の中で、本作の彼女がいちばんカッコいいのではないかと思った。前半、長い髪で大女優の威厳を放ちながらフォトシュートでボーズを取るビノシュのクールさと言ったらこの上ない。はあー、さすが大女優だわーと思った。しかし、マリアにはつねに翳があり、不安定なソウルであることを思わせる曇りがちな表情、ジュリエットビノシュって結構どの映画でもそんな感じの役なので、本人自体が鬱っぽい人なんかな?と思って、YouTubeでインタビュー見たらぜんっぜん雰囲気違ってて驚いた! 普通に気さくで陽気なおばさん。すごい演技や。演技の方がリアルなこの人なのではないか、と疑ってしまうほど陰鬱な役が似合っている!!! そして、オープニングから重要な役割を担っているのが、マリアのマネージャー、バレンティン。こちらは、僕の大好きなクリステンスチュワート。眼鏡をかけたつぶらな瞳で若さに囚われた過去の女優を冷静に客観的に見つめつつも、彼女を愛するマネージャーとして、マリアと現在の映画界の橋渡し役を演じている。中盤では、スイスのマローヤ岬で、二人で脚本の読み合いをしているのだが、ふたりの演技が素晴らしいため、まるで彼女たちが自分の気持ちを互いにぶちまけているように錯覚するし、あきらかに二人のリアルな感情が交錯している部分があるのも伺われる。このあたりの絶妙な描写が非常にスリリングで面白い。そして、本作を一層エキサイティングにしているのが、破滅への若き誘惑者シグリットを、新たに演じるセンセーショナルな若手女優ジョアン。自由奔放で自堕落で挑発的なジョアンを演じるのが、クロエ グレース モレッツ。自分のことにしか頭にない、いかにも今風な、軽薄なエゴイストを、コミカルなほど性悪剥き出しで演じるモレッツ氏の演技が素晴らしい。メインの女優三者のそれぞれに見事な競演が、本作最大の見どころ。個人的にもうひとりメンションせずにいられないのが、死した劇作家の奥さんを演じるアンゲラヴィンクラー。ブリキの太鼓やべニーズビデオで忘れがたい印象を焼きつける彼女は、本作では素朴で慎ましい、人間性の光る女性を演じていてとても良かった。そして、もうひとつ忘れてはならないのが、スイスのマローヤ岬を臨む絶景。マローヤのヘビとは、湿った空気が雲となり、岬を蛇のように流れる気候現象のことで、その神秘的現象を見るために、山道を進みながら脚本の読み合わせを行うふたり…………全3章仕立てで展開する本作の、第3節のラスト数分、ハッと息を呑み、覚悟を決めずにはいられない、現実との対峙、決断の時! 感動で鳥肌総立ちになってしまいました!!! 1回目から楽しめれば最高ですが、1回目でビミョーだなと思った方も、是非直後に二度目をご覧になっていただきたい。ものすごく巧妙にデザインされたガラス細工のような美しさをたたえながら、人間臭さの極地がアーティスティックに表現された、お見事な作品だと思います! あまり話題に上がらない作品なだけに、強めにプッシュしたいと思います。オススメ!
  • mphxxxmph
    3.5
    タイトルとビジュアルで華々しい良作ハリウッド映画をイメージしてたらかなり文芸的なフランス映画だった。聡明で人当たりのいい年配女優が役作りの中で若い秘書とじわじわそりが合わなくなっていく会話劇の妙がすごく面白い。 最初クリステン・スチュワートだと気が付かずに見ていたけど、自然で作り込んでないのに魅力的なキャラクターで本当に演技が上手な女優さんなんだなと思った。 何か起こりそうで何も起こらずカタルシスもない映画なんだけど出演女優の3者3様の魅力が凝縮した映画でした。
  • nekop
    2.8
    字幕 クロエほとんど出てこんやん。中の人、キャストの順番入れ替えてください。 スイスの風景めっちゃ綺麗かった。それ以外おもんない。
  • すぽんじ
    3.4
    【ジュリエット・ビノシュ、  意図せず野球拳でもマウント取ってしまう】 1 冒頭からクリステンが爆イケ。ちょっとした仕草とかリアクションの表情がマジで素敵。人気あるのは美しさだけでは無い事を改めてビシビシ体感。 アルプスの電車の頭置きめっちゃ良いな〜 シルス・マリアって地名なんか! ﹙『ハケンの品格』に出てきたチョコレート店のシルスマリオのモデルになったシルスマリアを思い出した笑﹚ 暖炉のデザイン可愛い。 ジュリエットのデコルテ綺麗すぎて絶句。 2 クロエきたーーー❤︎なんか細い!かわえかわえ… そんで『EMMA エマ』のジョニー・フリン登場!また美女を…ゴニョゴニョ EP あっ、そこで終わるんだ…そっか…そっかぁ… 何かもっと爆発的な事が起きると勝手に期待してたから尻すぼみ感… というか終わってみればクリステン×ジュリエットの会話劇が1番の見どころだったんだな。 でも映画制作の裏側、俳優まわりのお仕事ムービーとして観ると退屈はしなかった。 とにかくスイスのロケーション、全編ブルーがかった画面が心地良かった。 2022/08/20Amazon Prime Video*字幕
  • M
    3.7
    大女優が思い出の再演舞台にキャスティングされるも自分は主役ではなく脇役で、主役を演じる奔放な若手女優に嫉妬したりヤキモキしたりする作品でした。 クロエ・グレース・モレッツとクリステン・スチュワートがいるからてっきりハリウッド映画かと思っていたら、まさかのフランス映画。 ジュリエット・ビノシュがいるので当然と言えば当然なのですが、 少し意外でした。 穏やかな台詞の中に、 しっかりと描かれる人間の心の機微。 賑やかさではなく、静けさの中で人間模様を魅せてくれる作品だと思います。 劇中劇のあのセットがとにかくオシャレで素敵でした。 どうにもならない年齢の壁にひたすら苦悩する大女優。 徹底的にどうにもならないのかと思いきや、 最終的にちょっとだけ浮上したような気のするあの瞬間が良かったです。
アクトレス 女たちの舞台
のレビュー(3159件)