才色兼備×百花繚乱!『アクトレス~女たちの舞台~』女優陣の輝かしい軌跡

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

アクトレス

ジュリエット・ビノシュ

クリステン・スチュワート

クロエ・グレース・モレッツ

仏米豪華女優陣による夢の共演が話題となったフランス映画『アクトレス~女たちの舞台~』が、10月24日(土)より新宿シネマカリテ他全国の劇場にて公開となりました。

2015年6月に開催された【フランス映画祭2015】でも大きな注目を集めた1作だけに、今後の評判に益々期待が高まる今日この頃でございます。

今回はそんな注目女優お三方のオススメ作品を各2作品ずつご紹介させてもらいたいと思います。

映画『アクトレス~女たちの舞台~』と併せて、彼女たちの魅力を存分に味わっていただけたらうれしいです。

物語を彩る飾らない輝き~クリステン・スチュワート~

イエロー・ハンカチーフ(2008/アメリカ)

イエローハンカチーフ

人と出会い、話し、共に過ごすことで心を通わせあっていく様を、不器用にも健気に好演

山田洋次監督の名作『幸福の黄色いハンカチ』をハリウッドがリメイクした1作です。基本設定はそのままに、舞台を現代のアメリカへと移植。高倉健が演じた主人公を、ハリウッドの名優ウィリアム・ハートが演じます。

イエロークリステン

出典:http://www.allmovie.com/movie/v389188

見どころ

今作でのクリステン・スチュワートは、失恋の傷心が癒えない勝気な15歳の少女という役どころです。ひょんなことから刑期を終えた男と同じ車に乗ることになってしまったクリステン。

思春期を思わせるつっけんどんな喋り方に、ギラリと睨みつける瞳。しかしひとりの女性を長きに渡って愛し続けるこの無骨な男と出会ったことで、人を愛するということの真の尊さを、深い愛を知るようになります。

自分のことばかり考えてしまう10代の少女が、だんだんと相手のことを慈しめるようになっていく様を瑞々しく演じているところに是非とも注目してもらいたいです。

アリスのままで(2015/アメリカ)

アリスのままで

喧嘩もするし、仲たがいもするけれど、心のままに、家族への深い愛情をまっすぐに表現

次第に記憶が失われていく恐怖と闘う若年性アルツハイマー症を患った女性の物語です。今作にて主演のジュリアン・ムーアアカデミー賞主演女優賞を受賞し、その迫真の演技に世界各国から注目が集まりました。

アリスのままで

見どころ

今作のクリステンは、若年性アルツハイマー症を患った女性の末娘という役どころです。家を離れて夢を追い、母親と喧嘩ばかりしていたクリステン。

しかしそれは、自分というものをきちんと認めてもらいたいという気持ちのあらわれでもあり、それだけに、変わりゆく母親のことだっていつまでも尊敬する母親として認め続けることができるのです。

家族を敬う、純粋な愛のかたちを提示してくれる彼女の演技に見惚れてしまうことかと思われます。

主な受賞歴

  • ・第63回英国アカデミー賞ライジング・スター賞(『ニュームーン/トワイライト・サーガ』)
  • ・第40回セザール賞助演女優賞(『アクトレス~女たちの舞台~』)

幼い顔に広がる濃厚な色香~クロエ・グレース・モレッツ~

早熟のアイオワ(2008/アメリカ)

早熟の

純情無垢でありながら、幼き体から漏れ漂う芳醇な女の色気に注目

ジェニファー・ローレンス×クロエ・グレース・モレッツ出演による、売春婦の母親と暮らす少女たちの危うくも眩い日常を綴った物語です。

避けることのできない人生の岐路における葛藤を、若きジェニファー・ローレンスが熱演。今作でロサンゼルス映画祭優秀演技賞を受賞しております。

HICK ルリ13歳の旅(2011/アメリカ)

Hick

歩き出したその先に、何があるかは分からないけれども、それでも歩き続ける少女のしたたかな力を見事に表現

ネブラスカ州の片田舎町で13歳の誕生日を迎えた主人公の少女が、退屈な町を出てラスベガスに向かうという物語です。一見朗らかなロードムービーにも見える今作ですが、監禁やレイプシーンがあったりと、何が起きるかわからない筋書きとなっております。

クロエヒック

出典:http://www.star-ch.jp/channel/detail.php?movie_id=23736

見どころ

今作のクロエは、片田舎からヒッチハイクで都会を目指す少女という役どころです。肩やお腹が肌けた服に、太ももがあらわになったショートパンツ。自分自身の「女」としての魅力を知った上での挑発的な仕草が目につく少女を熱演しています。

そこら辺にいる男をたらしこみ、嘘をつき、そして自分自身も騙されたりしながら気分に任せて進んで行く。その若さあふれる奔放さを存分に楽しんでいただけたらと思います。

柔和さの中にある力強さ~ジュリエット・ビノシュ~

存在の耐えられない軽さ(1988/アメリカ)

存在の

従順そうな、おとなしやかな顔の内に秘められた激情的な愛に注目

ジュリエット・ビノシュ×ダニエル・デイ=ルイス出演による、1968年のチェコ動乱、いわゆる“プラハの春”と呼ばれる怒涛の時代を生き抜いた、激情的な男と女の物語です。

愛情と嫉妬、無垢と欲情、平安と動乱、相反するすべてのものがひとつの画面に収まった必見の1作です。

存在ビノシュ

出典:http://www.imdb.com/title/tt0096332/

見どころ

今作のジュリエットは、女に節操のない男を好きなった女性という役どころです。えんじ色で無地のセーターを野暮ったく着たジュリエット。しかしながら、男に抱かれる時には激しく飛びあがってしがみつく…。

「他の女を抱くときは連れてって」「私が女の服をぬがすから」

爆発的な愛を内に秘めたその伏し目がちな瞳の奥底に、ただの美女では終わらないジュリエットの唯一無二の魅力が感じられる1作です。

トリコロール/青の愛(1993/フランス、ポーランド、スイス)

トリコ

失い、迷い、突然放り出された「自由」の中で、物憂げにたたずむ女性の繊細な心を熱演

フランス国旗を構成する三つの色(青・白・赤)をモチーフに、ポーランドの巨匠キェシロフスキが監督した「トリコロール」三部作のうちの1作です。テーマはずばり、「青=自由」とのこと。

青ビノシュ

出典:http://www.allmovie.com/movie/v131104

見どころ

今作のジュリエットは、最愛の夫と娘を事故で亡くしたばかりの妻という役どころです。これまで築き上げてきた生活が一瞬のうちにして瓦解してしまい、しばし呆然とするジュリエット。

コーヒーを飲む。街をふらふらと彷徨い歩く。そうした何気ない仕草のひとつひとつがとても所在無げで、物憂げで、これからどう生きようかと戸惑っている女性の心理を詩的に繊細に表現しているように感じられました。

身体の動きこそ少ないものの、心の動きの変化についていけなくなってしまうかのような、底なしの深海を覗くような気持ちにさせられる演技の数々に注目していただけたらと思います。

主な受賞歴

  • ・第5回ヨーロッパ映画賞 女優賞(『ポンヌフの恋人』)
  • ・第50回ヴェネチィア国際映画祭 女優賞 (『トリコロール/青の愛』)
  • ・第19回セザール賞 主演女優賞 (『トリコロール/青の愛』)
  • ・第69回アカデミー賞 助演女優賞(『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第47回ベルリン国際映画祭 女優賞(『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第10回ヨーロッパ映画賞 女優賞(『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第50回英国アカデミー賞 助演女優賞 (『イングリッシュ・ペイシェント』)
  • ・第63回カンヌ国際映画祭 女優賞 (『トスカーナの贋作』)

 

以上、ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツらが出演しているオススメ映画の紹介でした。映画『アクトレス~女たちの舞台~』と併せて楽しんでいただけましたらうれしいです。

アクトレスビノシュ

出典:http://unifrance.jp/festival/2015/films/film07

映画『アクトレス~女たちの舞台~』上映館情報

10月24日から、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

『アクトレス〜女たちの舞台〜』公式サイト劇場情報

※ストーリー等の詳細につきましては、くつみがきによる過去記事【【保存版】公開中から近日公開まで!フランス映画祭で話題を集めたオススメ映画まとめ】をご確認くださいませ。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • shishiraizou
    -
    とどまるのでなく、移動すること。その途上に、関係の変容があり、移動の先に、人生の新たな年輪が刻まれる。そこにあるのはかつてのバランスの人間関係ではない。そして「振り返ると」、親しい人は消えてしまったという感覚。 絶えず揺れている画面から、映画ははじまる。(振動―移動の途中を指示) マリアの個人秘書、ヴァレンティン(クリステン・スチュワート)も揺れに対し通路壁に腕をつっぱってバランスを保っている。(クリステン、そのあくまで脱力した細身、クールな眼差しから更に力感を滅却する眼鏡のスタイルの、酸素の薄い体温の低さ。) 辺境から辺境への、移動感覚(ポン・ジュノ『スノーピアサー』の列車は移動しているようで本質的には静止していた)。ヨーロッパあるいはアメリカが中心にあるのではなく、ヨーロッパもアメリカも世界の一部であり、非中心的な辺境と辺境のネットワークがある。地球という惑星は丸く、そのある場所に人は居て、またほかの場所に移動する、アサイヤス映画の感覚。その途上に、人生のさまざまな場面が刻まれる。 女優のマリア(ジュリエット・ビノシュ)は表彰される恩師ヴィルヘルムにかわってスピーチをするために列車に揺られていたが、その途上、ヴィルヘルムが亡くなったと知らされる。A地点からB地点への移動の途中で、移動の目的そのものが変わってしまうのだ。 (目的のある移動は、中心があり、静止している) リハーサルがはじまる直前、早朝“蛇”を見に山を登ると、湖に雲がかかり、ゆっくり流れてゆくのが見てとれる。その移動に気をとられている隙に、ヴァレンティンが消える。直前まで声はフレーム外から聞こえていたのに。 圧倒的な風景に、“蛇”の雲が流れて発生してゆく、世界はおおきく、マリアはあまりにも小さく、ヴァルは消えて居ない。ポツンとした圧倒的な不在。 そのしばらく後、いよいよ舞台を控えたマリアはロンドンのホテルに到着するとすぐ、夕食を共にする予定の演出家クラウスが向かえにくる。ホテルからレストランへ向かう車に乗り込むと、クリス(ジョアンの現恋人)の妻のドロテアが自殺未遂をしたと彼から告げられる。これから向かう食事の席の性格が変わってしまった。そこでドロテアをGoogle検索する。ジョアンはホテルに戻れない、夕食に呼んだとクラウス。そこにクリスもついてきてしまう。 冒頭の列車から、塵のすくない空気が澄んでひんやりする気配はあったが、スイス、シルスマリアの山荘に舞台が移ると、雄大な土地の起伏、その柄の大きさとともに、一層空気が乾いて薄くなっている。なだらかな土地を左右にうねうねとカーブを蛇のように描いてのぼってゆく道。成層圏は近くなり、ここは地球の表面なんだという感覚を強くする。 マリアは若き出発点の役を新世代のハリウッド女優ジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に譲り、自分は旧世代の自殺に追い込まれる中年女を演じることになる。若さ/老い、アメリカ文化/ヨーロッパ文化、テクノロジー/自然という対立項が立ち、演じることと生きることが重ねられる。しかしその題材から事前イメージされる映画に『アクトレス』はなってゆかない。対立項のどちらの肩を持つでもなく、異なるイメージ群が『夏時間の庭』のクライマックスのように、混じりあいもせずに併存する(「二個の者がsame space ヲoccupy スル訳には行かぬ」という漱石的テーゼはここにはない)。そこにはドラマらしきものが隆起せず、なにかが弱まり、姿を見せなくなる「こともある」だけだ。そして『クリーン』にはまだあった「今、ここにはいないけど、どこかにはいる」という切ない感覚すら消えていて、消えたものは戻らないという予兆がある。 消える。別れは、突然の知らせとなる。電話での知らせ、伝聞での知らせ。その瞬間に立ち合うことは出来ず、必ず「時差」があり遅れてやってくる。ヴァレンティンが山で消える瞬間を、観客もマリアも把握することが出来ない。 そしてまだ会ったことがない人物との出会いにも「時差」がある。かつての自分の役を演じるジョアンについてGoogle検索、画像をスクロールし動画を視聴する、会合の手前にイメージを摂取する現代的構築。人間関係の一点と把握していただけだったドロテアの自殺未遂を聞いてからのGoogle検索、画像の数々。 出会いにも別れにも「時差」がある、われわれの人生の現在性、それが批判でも肯定でもなく、豊かでもあり貧しくもあるものとしてそこにある、時間芸術としての映画の一側面。 終局。舞台。オフィスのテーブルからテーブルへ“移動”し書類を集めて回るジョアンに、演出家は「もう少しはやく動いて」とダメ出しをし、マリアはジョアンに1拍“間”を置いてくれと頼むがけんもほろろに断られる(移動の制御→拒否)。ラストカット、チェアに腰をおろし動かないマリア(静止)。
  • a
    -
    記録
  • 吉田コウヘイ
    5
    列車の通路で仕事の電話応対に追われる、大きな眼鏡をかけたクリステン・スチュアート。 「はい、ヴァレンティンです…いや、マリアのパーソナル・アシスタントです」 彼女の明晰さ、器用さ、それと同時に抱えている現状への窮屈さが簡潔に描写される。これから彼女が今作『アクトレス 女たちの舞台』を、原題であるシルス・マリアの雲の向こうに消した後も終始支配し動かしていくことが自然と提示される、あまりに見事なオープニングだ。 この演技が評価され2年後に傑作『パーソナル・ショッパー』をオリヴィエに捧げられたクリスティン・スチュアートの現代的で鋭角的なフォルムと、クラシックでエレガントな丸みを帯びたジュリエット・ビノシュのフォルムの対比が美しい。 ビノシュ演じる大女優マリアが、若き日に主役を演じた戯曲のリメイクを再び演じることになる。ただし、今回は対になるもう1人の主役、若さに振り回される中年として。 ヴァレンティンとの脚本読みの過程で、自らの過去、現在、老いと向き合うマリア。役者とそのマネージャー、2人の関係が戯曲上の2人に、そして演じるジュリエット・ビノシュとクリステン・スチュアート自身に重なる。この三重構造のスリル。ジリジリと観客の胸に迫るサスペンスになる。 "Not be old as long as I don't wanna be young" 「自らに若さを望まなければ、老人扱いされない」 過去、現在、未来、フィクションとノン・フィクションが交差し入り乱れて渦を巻く。トーマス・マン、ヘルマン・ヘッセ、ニーチェらを魅了したことで知られるシルス・マリアの雲がそれを飲み込み流していく、静謐な映画的表象。 I really don't know clouds at all. Joni Mitchell "Both Sides Now" 両側から見ても、すべてのことはわからない。だけどきっと、それでいいのだろう。
  • Uzurakoh
    3.3
    こんなに良い映画なのに、この映画、邦題でも原題でも伝わらない。出ている俳優陣の豪華さだけでも伝わらない。女優同士の戦いなんてものでもない。宣伝難しかったろうな…(勝手なお世話) 歳を負うことの孤独や葛藤、嫉妬。変化していくことの切なさや美しさ。渓谷にひととき魅せる、姿なき雲のヘビにそれを喩えることが出来るなんて、死ぬまでに知れて良かった。
  • maripanda
    3.5
    クリステン・スチュワートとジュリエット・ビノシェの二人芝居が、台詞の練習と、二人の会話が交差しながら展開していて、なんだか引き込まれた。
アクトレス 女たちの舞台
のレビュー(2480件)