マックスより強さMAX!? トム・ハーディ主演ゲキ熱格闘ドラマ『ウォーリアー』

映画が好きなただのBar主人

店主

2015年、映画ファンを熱狂させた話題作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が10/21(水)にBlu-ray・DVDが発売となり、その熱狂はまだまだ続きそうです。むしろ盛り上がっている!?

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観て、寡黙な主人公・マックスを演じたトム・ハーディのファンになった方も多いのではないでしょうか。英国出身の38歳で、『ダークナイト・ライジング』『インセプション』等のヒット作にも出演、近年は『オン・ザ・ハイウェイ』等の話題作でも主演を張り、今後が大注目の俳優です。

そんなトム・ハーディに魅了された紳士淑女の皆様! 是非!何とか!彼が主演した超ゲキ熱むせび泣く男の格闘ドラマ『ウォーリアー』を観て欲しいのです!!

男たちはそれぞれの想いを胸に戦いのリングに上がる… 目頭が熱くなりっ放し!

『ウォーリアー』のアメリカ公開は2011年。それまで日本では劇場公開はまだしもDVDリリースもないままでした。が、2015年、遂に日本でもBlu-ray・DVDリリースが決定。このタイミングでのリリース、間違いなく『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の影響に他ならないでしょう!

 

 

教師ながら病を抱える娘のために戦う兄(ジョエル・エドガートン)。元軍人ながら戦場で死んだ親友の家族のためにリングに上がる弟(トム・ハーディ)。そしてアル中が原因で家族を不幸に陥れてしまった父親… 離れ離れになったそれぞれが、総合格闘技という世界で今、運命と共に交錯する!

渋い。ストーリー、そしてトーンを抑えた映像、俳優たちの演技ととにかく渋い! ジャンルとしては総合格闘技をテーマにしたスポーツ映画かもしれませんが、根底にあるのはそれぞれの家族の絆と戦う男たちの姿を熱く描いた人間ドラマです。

男なら拳を握りっぱなし、目頭熱くなりっぱなし! 女性は登場人物たちの鍛え抜かれたボデーに酔いしれっぱなしなこと間違いナシ!

今までの格闘技映画を凌駕する!? 壮絶かつ大迫力な格闘シーンが凄い!

男たちの熱い物語がこの映画の魅力であるのは勿論ですが、総合格闘技による大迫力のリング上のバトルがあってこその本作。その格闘シーンの迫力が凄いのなんのって!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=RbiGC7Ga_Ag

この格闘シーンの撮り方が非常に臨場感があり物凄い迫力を演出しております。カット割りも見せ方がとてもうまく、物凄いリアルさ! 生々しい音も手伝って総合格闘技ファンでも納得のファイトシーンではないでしょうか。実在の格闘家も相手役で多数出演しており説得力が違います。

打撃だけではなく関節技や壁を使った攻防、投げ技等の総合格闘技らしい戦い方の応酬は見応え満点。今までの総合格闘技を描いた映画とは一線を画すファイトシーンの凄さです。何より本当に痛そうだし関節技とか本当に極まってそう。

そして主演のジョエル・エドガートン、トム・ハーディの鍛え抜かれた肉体に説得力は倍増! 女性はウットリ、男性なら鑑賞後即筋トレをおっ始めるに違いありません(筆者もそのクチ)。

マックスよりも超寡黙!? トム・ハーディの魅力がこれでもかと炸裂!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ではほとんど喋らない寡黙なマックスを好演したトム・ハーディ。本作では元海兵隊で主人公の弟トミー・コンロンを演じておりますがマックス以上に超寡黙! そしてマックス以上に強そう!

兄や父親に執念にも近い怒りを抱え目が野獣のように終始ギラつき、無音・無言で総合格闘技のリングに上がっては相手を瞬殺し颯爽と立ち去るアウトローっぷりを見せつけるトミーをトム・ハーディが熱演。というかハマり役です!

トム・ハーディの鍛えまくった肉体と高過ぎない身長(175センチ)が妙にリアリティがあって地で本当に喧嘩強そう。兄役のジョエル・エドガートンもイイ身体してますが、すみませんトム・ハーディの方がどうみても強そうです。

そして『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でも見せたドスの効いた低音ボイスもその迫力に拍車をかけてます。マックスのキャラクターにもとても近いので違和感なく観れるはず。むしろそのままマッドマックスの世界で大暴れ出来そう!? 今一番強そうな俳優はトム・ハーディで間違いない!

ニック・ノルティの悲哀に満ちた素晴らしい演技が絶妙なスパイスとして物語を演出する!

アル中の父親役を演じたニック・ノルティがのアカデミー助演男優賞にノミネートされたことも本作は話題となりました。『48時間』等でアクション、コメディを中心に80年代、90年代をメインに活躍した彼が還暦を過ぎた今になって本作で素晴らしい演技を披露しております。

アル中が原因で家族を離散させた過去を持ち、息子たちに忌み嫌われながらも彼らを想い続ける切ない(息子たちからの扱いもかなり可哀そう)な父親をニック・ノルティが大熱演! 彼の演技と役回りが物語により一層深みと熱さを持たせています。

過去に主演を張っていた俳優が年を重ねてこういった渋い演技で魅せれるようになる姿はとても嬉しいし素晴らしい。経験が演技に幅を持たせるとは正にこのこと。色々あったんでしょうねえ… 一番リアリティとインパクトがあったのは実はニック・ノルティの演技に他なりません!

このニック・ノルティとダブるのが『レスラー』のミッキー・ローク。経歴、アメリカン過ぎる顔(笑)、役どころも似ている気がします。

過去のスターがまたこういった形でスクリーンに戻ってくる姿は映画ファンにとってはとても嬉しい。若いときとは違う魅力でまた私たちを魅了させて欲しい!

こんな傑作が今まで日本で公開されなかったなんて何たるバチアタリ!映画ファンなら今年マストな一本!!

色々本作の魅力を紹介してきたつもりですが、結論は「とにかく本当に素晴らしい作品」ということです(語彙力が足りず申し訳ない)。製作は4年前ながら日本の映画ファンにとって2015年の忘れられない一本となるでしょう。

評判が評判を呼び、新宿シネマカリテ でも2015年10月に劇場公開されました。筆者も観に行きましたが映画館で観れば迫力は段違い! もっと劇場で上映され色々な人に観られるべき作品。

今後上映のタイミングがあれば是非とも劇場で!特に格闘シーンの音の迫力は凄いの一言(地面に叩きつける音とか)。後悔は絶対しないことをお約束致します。

因みにシネマカリテでは11月7日(土)~13日(金)にかけてトム・ハーディ主演の『ブロンソン』が期間限定で公開されます! ここでもトム・ハーディが凄いガタイを惜しみなく披露(スキンヘッドも)。鑑賞料金が500円と超お得なのでお見逃し無く!

そして同じ総合格闘技モノで言えば2013年製作の香港映画『激戦 ハート・オブ・ファイト』も素晴らしいのでそちらも大推薦させてください。近年のスポーツドラマは総合格闘技モノが熱い!?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • まめだいふく
    3
     男臭く、熱く、しびれる映画。何という心揺さぶられる物語だ。
  • フィリップ
    4
    泣きすぎて疲れた。 なんで早く観なかったのだろう。 大傑作。
  • ヤマタノオロチ
    4
    大会までの準備シーンが一番面白いかもしれない 試合のシーンに注目しがちですが、視聴覚効果を利用した面白いシーンがあります。 映画の中盤で当然ドラマの「24」の様に画面が分割され、主人公二人のトレーニングシーンや草試合、ニュース番組が映し出されます。分割された映像の位置が入れ替わるのですが、それと同期して音声も同じ様に入れ替わります。まるで複数のボーカルがそれぞれ別の歌詞を歌いながらポジションチェンジをする様な感覚になります。この様な演出は映画では中々見れません。たった数分間のシーンでですが、BGMともマッチして物語の加速感が味わえます。 ボクシング映画が多い中、MMAというニッチなジャンルを舞台とした試みも評価できる。映画としてもよく出来てるし、MMAが題材として使える事をこの作品が証明した。 ただ、結末が気に入らない。 肩折られたぐらいからスポーツではなく、ただの決闘になっている。大会名が「スパルタ」だからって、主人公達をグラディエーターにする必要は無い。レフリーストップやドクターストップで試合を終わらせて、音のない言葉で締めくくっても良かったはず。 MMAを知らない人が「我慢すれば負けない」みたいな根性物として誤解をしてない事を願います。それぐらいレフリーの判断が急に遅くなる
  • たなしょ
    3.5
    総合格闘技というジャンルのスポーツをしている兄弟の物語。 この映画は胸熱でしたね~! スポーツものということで戦っているシーンがなによりカッコよかったです! 兄弟それぞれに総合格闘技に対しての思いかあり、感動致しました!
  • Hudson
    4.3
    これは男なら絶対好きなやつ。 胸が熱くなる。 レフェリーがストップするのが遅すぎる気がするけど、目を瞑りましょう。マリオ・ヤマサキよりも遅いよ。
ウォーリアー
のレビュー(5709件)