シリーズ初見の人にこそオススメしたい!物語シリーズ前日譚『傷物語I 鉄血篇』

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

1月8日より、作家西尾維新による大人気小説シリーズである<物語>シリーズのアニメ化最新作『傷物語I 鉄血篇』が劇場公開されました。

傷物語

シリーズファンは間違いなくもう劇場に足を運んでいるであろう今作ですが、ファン以外の方から興味はあるけれど見る気が起きないという声もチラホラ聞こえてきます。

そこで今回は「そもそも<物語>シリーズって何?」「沢山シリーズがあるし今から入るのはちょっと……」などシリーズファン以外の方から聞こえる疑問や不安の声を払拭し、シリーズ初見の方にこそオススメしたい理由を紹介していきたいと思います!

あらすじ

高校3年生を迎える春休み、阿良々木暦は両手両足を切断され瀕死の状態の吸血鬼、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと出会う。

助けを懇願するキスショットを見捨てることが出来ず、己を捧げた阿良々木は吸血鬼として復活する。それがここから始まる<物語>の序章とも知らずに……。

そもそも<物語>シリーズって何?

<物語>シリーズとは、西尾維新による『化物語』から始まる小説シリーズ及びそのアニメ化作品の事を指します。

この<物語>シリーズはアニメ化されたものだけでも『化物語』『偽物語』『猫物語』『傾物語』と以降もまだまだ続きアニメ放送話数で言えば50話を遥かに越える人気シリーズです。

西尾維新らしい巧みな言葉遊びからなる台詞回しや物語展開、アニメシリーズでは細部まで作りこんだ独特な演出が話題を呼び、圧倒的な人気を誇る大人気のシリーズとなりました。

通常では考えられない現象、通称「怪異」に遭遇し、巻き込まれてしまう主人公・阿良々木と少女たちが自身の「弱さ」を克服し「怪異」と対峙する、今まで何を捨てて生きてきてそしてこれから何を選んでいくのか。アニメと侮っているとびっくりするほど深い作品でもあります。

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

『傷物語』は初見の方にも入りやすい前日譚

時系列が目まぐるしく変化する<物語>シリーズですが、今回劇場版として3部作でアニメ化された『傷物語』はシリーズの時系列としては最初に位置づけられる全ての始まりの作品

「今から入るのはちょっと……」という方にもご安心!むしろ一番最初の作品である『化物語』で当然のように登場する何人かの登場人物や設定を詳しく語る今作は、シリーズに入るのにぴったり。

普通の高校生である阿良々木暦の吸血鬼との出会いと、自身に訪れる最大の変化を前に阿良々木の身体と心はどう変化していくのか、シリーズ未見の方だからこそ先の読めないこの<物語>を100%楽しめるとも言えます!

『傷物語』今後の展開

前述のとおり『傷物語』は3部作構成。現在公開中の『傷物語I 鉄血篇』の後に今夏公開の『傷物語II 熱血篇』、そして公開日未定の最終作『傷物語III 冷血篇』へと進み『傷物語』が完結します。

劇場版ならではの圧倒的映像美と1作60分というあっという間に過ぎる時間を「怪異」と出会い、「人」と出会い変わっていく阿良々木暦と共に味わってみてはいかがでしょうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • はな
    3
    キスショットかわいい。
  • balala
    4
    過去鑑賞記録
  • さうすぽー
    2.4
    自己満足点 47点 (短文感想) 化物語の前日談、即ち全ての"物語シリーズ"の始まりの物語。 ジャン=リュック・ゴダールの影響が強い新房昭之監督によるテロップや幻想的な独特の演出は今作でも健在であり、それによってシリアスで伝奇スリラー色の強い本作に映像の強みを与えている気がします。 ただ、この序章である「鉄血編」はキスショットと暦の関係性の始まりと暦が吸血鬼になる経緯を重点に置いたせいか、60分という上映時間にも関わらず展開が遅すぎます。 正直本作の内容であれば30~40分程度で済まされるはずなのに、それを無理やり1時間に引き伸ばしている印象です。 あとこれは"物語シリーズ"における個人的に苦手な部分ですが、暦とヒロインのやり取りが好きじゃないです。 今作でも暦の羽川さんとの関係が薄い上に、何故羽川さんが暦の事が好きなのか理解に苦しみます。 とは言え、暦を演じた神谷浩史とキスショットを演じた坂本真綾の演技は圧巻です!
  • R
    3.3
    記録
  • おてもやん
    4.1
    傷物語 本当に最高である。星5点満点だったら間違いなく星100点をつけるだろう。まずエピソード1であるキスショットアセロラオリオンアンダーブレードと阿良々木暦とで繰り広げられる死への駆け引きの描写そして、圧倒的な作画、感情の起伏の大きさに完全に心を打たれた。エピソード2では、エピソード1の要素に加え、圧倒的な作画による戦闘シーンや画期的な面白さに心が震えた。当然これらは羽川翼を無くしては語れぬ話である。今日から私は、羽川翼推しである。本当に最高の物語であった。まどマギや物語シリーズの監督が手を組んでいる時点で、その時点で最高の映画だと思える。とにかく最高の遥か上を行った映画であった。金が貯まったら絶対買う。
傷物語I 鉄血篇
のレビュー(5516件)