ディカプリオ、オスカー受賞後初来日!『レヴェナント』は「映画史に残る芸術作品」

レオ01

本日3月23日、『レヴェナント:蘇えりし者』(4月22日公開)の来日記者会見がリッツ・カールトン東京で開催され、主演のレオナルド・ディカプリオが登壇しました。

レヴェナント:蘇えりし者』は、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』に続き、2年連続のアカデミー賞監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督を務め、苛酷な自然環境と戦いながら生き延びようとするハンターのヒュー・グラスをレオナルド・ディカプリオが演じています。

これまで5回のノミネートを受け、本作にて念願の主演男優賞受賞となったレオナルド・ディカプリオ。オスカー受賞後初めてとなる会見には、テレビ、スチールカメラ、記者などをはじめ総勢約500人の報道関係者が詰めかけました。

レオ02

司会者や報道陣からのオスカー受賞祝福の声には「アリガトウ」と日本語で答え「これまでプライベートも含め何度も日本に来ているけど、戻ってこれてうれしい。桜のシーズンは初めてなので楽しみ」と今回の来日での楽しみを語りました。

オスカーを獲得できた一番の要因について「自分では分析するのは難しいけど、この映画に参加できたこと自体が特別な体験。これだけ多くの人々にとって、その世界観に深く踏み込める作品はそんなにない。映画史に永遠に残る芸術作品になった」と答えました。

レオ04

オスカー獲得後、何か変わったか?について聞かれると「まだ数週間前の出来事だから、自分の生活が変わったのかまだわからないけれど、自分としては変わらないことを望んでいる。賞をもらうのが目的ではなく、自分がもともと持っていた夢を追求して、最高の映画を作ることこそが僕の望み」と真摯な思いを語りました。

レオ03

また、もともと本作のイニャリトゥ監督の大ファンだったと語り「今回はまず脚本を読んで惹かれた。イニャリトゥ監督の撮影方法はとても独創的で、映画を作っているというよりも、“壮大な旅に出た”という感じ。自然光のみで全てを撮影する、という手法をとり、8時間リハーサルをして、そのうち1時間半だけ撮影する。まるで演劇の舞台のようだった」と撮影風景を振り返りました。

グラスを裏切るジョン・フィッツジェラルドを演じたトム・ハーディについて聞かれると「『インセプション』で共演したときからの友人で、あの年代の俳優たちの中では最高だと思っている。トムが演じたフィッツジェラルドと僕が演じたグラスは、一枚のコインの表裏のようなもので、全員が必死に生き延びようと強い意志を持っている点では共通している部分もあるんだ。また彼と一緒に仕事をしたいと思うよ」と語りました。

レオ05

また、「実際にサバイバル生活をしなければいけなくなったとき、3つ選べるとしたら何を持っていく?」という質問に対して、「まずは電話かな(笑)。それから、充電用のソーラーパネル。あとは火を起こすための防水仕様のライター。過酷な撮影現場で、当時の未開のアメリカでサバイバルするということが、本当に大変だったと身に染みてわかった。人類は環境に順応すると言うけど、自分には耐えられないんじゃないかな」と苦笑し、「オスカー像は持って行かないんですか?」と聞かれると、「あれは家に置いておくよ」と答え、会場は笑いの渦に包まれました。

「レヴェナント:蘇えりし者」は4月22日より東京・TOHOシネマズ 日劇ほか全国でロードショー。

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

(取材・文 / 辻千晶 撮影 / 鸙野茜)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • PECO
    -
    “息をしろ、息をし続けろ”
  • ドクペ
    4.3
    何回も深傷を負い、瀕死になりながらもまさに蘇りし者。 半端ではない執念! ディカプリオの圧倒する程の名演。 鳥肌が立つほどだった、、。 凄まじい形相になるシーンが見ものであろう。血走った目がヤバい、、。 ホントずーーっと集中途切れず観れた。 ディカプリオのタイタニックを超える代表作だと、個人的に思う。
  • mynipponia
    3.6
    開拓時代のアメリカ。毛皮ハンターの一団に雇われたガイドのグラスは、グリズリーに襲われ瀕死となる。先住民の襲撃を恐れる隊長は彼の最期を看取る団員を募り、グラスの息子ホークと若いブリッジャー、一癖あるフィッツジェラルドが残る。 金目当てのフィッツジェラルドはお荷物のグラスを安楽死させようとする現場をホークに見られ、父の目の前で息子を殺し、ブリッジャーを騙して瀕死のグラスを置き去りにする。グラスは必死の力を振り絞って立ち上がり、フィッツジェラルドを追い始める。息子の復讐のために。父の長い旅が始まる。 この映画の世界は雪と水と水に囲まれ、厳しく冷たい。自然の厳しさを体現したような先住民たちも、互いに殺しあうなど殺伐としている。 非情だがそれでも美しい世界と、それに呑みこまれそうに(死にそうに)なりながらももがき続ける人間の対比が良い。 ディカプリオが童顔なので、ほぼ成人の息子がいる父親、という設定が視覚的に納得し辛いが、息子への思いにすがるようにボロボロになって雪原を歩く姿が胸をゆさぶる。
  • homaren
    3.8
    水の激流、太陽の輝き、吹き付ける風 大自然の全てから 生命のエネルギーが感じとれる。 信念だけで生き延びる ただ者ではない凄まじい生命力。 見てるこちらまでも引き込まれる 究極のサバイバル! タイタニックの頃のレオ様は もうここにはいない! 意気込みが凄すぎる
  • ままちょ
    4.7
    記録
レヴェナント:蘇えりし者
のレビュー(50055件)