劇場で見れるチャンスを逃すな!再上映決定の傑作映画『ドライヴ』の魅力に迫る

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

映画好きの人たちの中では圧倒的な支持を受けるものの一般的な地名度は高くない、そういった作品は多々あります。

しかし、レンタルビデオ店TSUTAYAの始めた発掘良品コーナーで話題となった『バグダッド・カフェ』であったりとここ数年で様々な企業が地名度の低い良作を世間に広めるべく尽力しています。

そんな中、未公開映画を映画館で上映する「未体験ゾーンの映画たち」など、映画館での鑑賞にこだわった企画を多く提供するテアトルシネマ系列、ヒューマントラストシネマ渋谷で『ドライヴ』の再上映が今週末4月23日より始まります。

ドライヴ

今回は、この機会に1人でも多くの方に今作の劇場での鑑賞をオススメするべく映画『ドライヴ』の魅力をお伝えしていこうと思います。

ストーリー

昼は自動車整備工場で働き、しばしばカースタントマンとして映画の撮影にも参加する男(ライアン・ゴズリング)。彼には深夜に強盗の逃がし屋をする裏の顔があった。

ある日、彼は同じアパートに住む若き人妻アイリーン(キャリー・マリガン)と恋に落ちるが彼女には服役中の夫スタンダード(オスカー・アイザック)がいた。

スタンダードが釈放され、複雑な思いを抱える男だったが、やがてスタンダードがマフィアとのいざこざに巻き込まれていると知りアイリーンを守るため彼はマフィアとの戦いに身を投じていく……。

静かな音楽と過激な暴力

『ドライヴ』という映画の最大の魅力はいくつかの要素の絶妙な融合具合です。

様々な映画音楽を手掛け、レッド・ホット・チリ・ペッパーズにも楽曲提供をしているクリフ・マルティネスが音楽を担当した今作は終始、静かで穏やかな音楽が流れ続けます。

画面では日本上映でR15が指定される程の暴力シーンが繰り返され、とにかく過激で目を覆いたくなることは間違いないのですが背後で流れる静かな音楽の効果で暴力シーンが苦手でも、つい画面から目を背ける事を忘れてしまいます。

緑や赤など原色を基調とした映像も特徴的で、過激な暴力シーンをさらに引き立てています。

ある映画監督との相似にも注目

「静かな音楽」「過激な暴力シーン」「原色を基調とした映像」。

そう、実はこの映画、日本の一部のファンからは「米製北野武映画」と呼ばれています。

ソナチネ

実際に北野武監督自身もこの映画について「映像がオレと似ている」と語り『ドライヴ』の監督であるニコラス・ウィンディング・レフン監督も影響を受けたことを認めています。

両者が共に認める「米製北野武映画」。邦画のファンにも是非見て頂きたい映画です。

魅力的な登場人物と俳優たち

ライアン・ゴズリング

出典:https://www.flickr.com/photos/78501770@N05/7271224916/

ハーフ・ネルソン(原題)』の演技が認められ僅か20代中盤にしてアカデミー賞にノミネートした俳優、ライアン・ゴズリング

彼が演じる主人公の男は、なんと映画の最初から最後まで名前が明らかになることがありません。彼の目線で物語が進むにも関わらず素性も分からない謎の人間のまま。

かといって感情が無く感情移入が出来ないという訳でなく、少ないセリフの中で彼の感情の動きがはっきりと分かり、主人公としての魅力は充分です。

キャリー・マリガン

出典:https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8784968226/

そして、この映画で筆者がなんとしても語りたかったのはヒロイン、アイリーンを演じるキャリー・マリガン

愛くるしく、守ってあげたいという気持ちが湧く彼女の演技と天性の容姿はまさしく今作のプロットに間違いなく欠かせない存在で、キャリー・マリガンと言う俳優が居なければこの映画は成り立たなかったのでは、とすら思えます。

『偉大なるギャッツビー』でも、その魅力を遺憾なく発揮する彼女ですが『ドライヴ』を鑑賞後はみなさんも間違いなく彼女のファンになってしまうでしょう。

鑑賞料金はなんと1000円!

ヒューマントラストシネマ渋谷で今後も展開される、劇場利用者からリクエストを募る上映枠「マスターリクエスト」は、なんと鑑賞料金が1000円ピッタリ! 

100分という短い時間の中で描かれる狂気と純愛。『ドライヴ』の上映は4月23日から29日までの1週間。興味を持って頂けた方は上映が終わる前に是非是非劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして、今後もヒューマントラストシネマ渋谷では「マスターリクエスト」枠で『ダラス・バイヤーズクラブ』など映画好きたちに人気の高い作品が続々と上映されます。劇場で見ることが出来なかった……という方にもワクワク出来る企画で今後が楽しみですね。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • しゅくり
    3.7
    ブルーバレンタインぽいなーって思ったら制作が一緒なのね。 固定されてないちょっとぶれたカメラワークが味あっていい。観る度に一つ一つの言葉の捉え方が変わりそう。
  • ミルコ
    3.7
    歴史的人権侵害事件を挟みながら、アメリカのリアルな日常を見せてくれる。 今ならA24にあってもおかしくない作品。
  • Ren
    3.8
    教師なのに学校でもドラッグキメてて面白い。人間って弱いな
  • J
    4.4
    めちゃくちゃポエティック。 言葉が全部刺さった。 そして挿で入ってくる映像とか、ピントの独特なボケ方とか、とりあえずビジュアルいい。 ハーフネルソンの真意はしらんけど、なんとなく感じる真意。 最高
  • 3.7
    ドラッグディーラーの兄がいる生徒の少女と、彼女を救おうとする薬物中毒の教師の友情を描く あの『ブルーバレンタイン』の製作陣が手がける作品ともなれば期待せざるをえないですが、非常に素晴らしかった 極端にそぎ落とされたセリフ、ざらざらした映像に終始漂うディストピアのような不穏な空気感 だからといって重すぎない温かみのある人間模様 地味で淡々とした静かな作品なので好みはかなり分かれそうですが、個人的には大好きなタイプ 人種や性別や年齢を超えた、少女と薬中教師の静かだけど確かに通じ合っている不思議な関係性が沁みるなぁ… 薬に溺れてるけど生徒には慕われている感じもリアルだし、安易に恋愛関係に発展させるような展開にしなかったのもとても好き クライマックスの胸が張り裂けそうになる演出も巧妙すぎる ラストの解釈の仕方は様々だとおもいますが、個人的には微かな希望に見えたので少しは救われた なんと言っても本作は、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた目に光がないライアン・ゴズリングの静かな演技が冴え渡る作品でした 本当に何にでもなれる素晴らしい俳優さんですなぁ😢👏🏻 〈 Rotten Tomatoes 🍅90% 🍿82% 〉 〈 IMDb 7.2 / Metascore 85 / Letterboxd 3.5 〉 2021 自宅鑑賞 No.091 U-NEXT / Total.100
ハーフネルソン
のレビュー(2749件)