ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

かもめ食堂

かもめ食堂

2005年製作の映画『かもめ食堂』。

フィンランドの首都ヘルシンキで「かもめ食堂」という日本食の食堂を営むサチエさん。
登場人物が個性的でシンプルなストーリーに彩りを与えています。

「ハラゴシラエして歩くのだ」がキャッチフレーズの今作は、観ているだけでほっこりお腹が空いてきます。そんなときに優しく染み入る彩りあざやかなレシピをご紹介します。

ノルディックライスサラダ

かもめ食堂

【材料】
お米 1/2カップ
大麦 1/2カップ
刺身用サーモン 100g
アボカド 1個
種無しオリーブ 10個
ケッパー 大さじ2
クランベリー ひとつかみ

ードレッシングー
塩 少々
黒胡椒 少々
マスタード 小さじ2
白ワインビネガー 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
ディルみじん切り 1本分

ー飾り付けー
ミント

【作り方】
1 お米と大麦を通常のご飯の時同様に炊飯器で炊きます。
2 ドレッシングの材料を合わせておき、刺身用のサーモンとアボカドは一口大にカットします。
3 1が炊き上がり冷ましたあと、サーモン、アボカド、種無しオリーブ、ケッパー、クランベリーを一つのボールに入れドレッシングを絡めます。塩胡椒(分量外)で味を整えて、お皿に盛りミントを飾り付けたら出来上がりです。

レシピの経緯

サチエさんが日本とフィンランドの共通点を「サーモン」として、フィンランドでならお店を営むことができると話していたシーンから、このレシピが生まれました。

【あわせて読みたい】
ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
ポップコーンの変わりに“アランチーニ”はいかが? 『ニュー・シネマ・パラダイス』【映画を観ながら食べたいレシピ】
誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』
5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • エンドロールも含めて映画
    5
    ときどき観たくなる
  • しかはら
    3
    癒された。シナモンロール買っちゃった。
  • ゆきんこ
    3
    週末北欧倶楽部のchikaさんがきっかけで気になっていた作品。 同じ窯の飯を食うって言葉があるけど、食卓を囲むと連帯感や絆みたいなものが生まれやすいのを感じる。人もニョロニョロも何かを食べなくては生きてゆけない。生きるのに必要な時間を誰かと過ごすっていうのが大切なのかもね。 フィンランドの挨拶「moimoi」がとてもかわいい。 「いいわね、やりたいことやっていらして」 「やりたくないことは、やらないだけなんです」 「でもずっと同じではいられないものですよね」 「人はみんな変わっていくものですから」 「いい感じに変わっていくといいですね」 「大丈夫。多分」
  • ズボン
    -
    再鑑賞。
  • Moe
    1.6
    記録
かもめ食堂
のレビュー(60721件)